• HOME
  • よくあるご質問

Q&A

よくあるご質問

AGAについて

思春期以降のある時期から徐々に抜け毛が増え、頭頂部や生え際の薄毛が進行する状態は、そのほとんどが男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia:AGA)と呼ばれる男性特有の脱毛症の一種です。遺伝的背景の要素が多く、祖父母、両親や兄弟に薄毛の人がいる場合は確度が高いですが、ご家族に薄毛の人がいない場合も発症することがあります。
日本の成人男性3人に1人がAGAで悩んでいると言われています。
AGAは男性ホルモンによる進行性の疾患であり、進行スピードに個人差はありますが、発症後は着実に薄毛が進行していきます。

  • AGAはどうして発症してしまうのですか?

    髪の毛が成長して抜けるまでは一定の周期(ヘアサイクル)があります。髪の毛が活発に成長して太く長くなる成長期、髪の毛の成長が止まって退縮する退行期、毛包の活動が停止している休止期という3段階があります。通常のヘアサイクルでは、これらのサイクルを3〜6年かけて一周していますが、各1個1個の毛包ごとにサイクルが異なっているため、休止期で頭髪が全て抜け落ちてしまうといったことはなく、平均で1日100本前後の抜け毛が認められます(季節により抜け毛が多い時期があるなどの個人差はあります)。
    AGAを発症した状態では、これらヘアサイクルの短縮が起こります。
    男性ホルモンの一種であるジハイドロテストステロン(DHT)が男性ホルモン受容体と結合すると、前頭部や頭頂部の髪の毛の毛母細胞の分裂を抑制してしまい、結果として成長期が数ヶ月へと短縮してしまいます。
    成長期が短縮する事で、長く太い髪の毛へ成長できなくなり、全体的に髪の毛が細く短くなってしまいます(軟毛化)。さらに、ヘアサイクルが短期間で回り続けるため、抜け毛も目立ち始め、最終的に薄毛の状態になっていってしまいます。

  • 何歳くらいの患者さんが多いですか?

    統計上では、思春期後から4,50歳代にかけて徐々に薄毛を自覚する方が増えていきますが、AGAの多く方は30歳前後には明らかな薄毛を自覚する方が多いです。
    5年毎に薄毛の段階が1〜2ステージも進んでしまいますが、若い時に発症したAGAの方ほど進行速度が早い傾向にあります(但し、治療による発毛効果は若いほど良好です)。
    薄毛を自覚された段階で、すでに発症前と比べて60%程度まで髪の毛の量が減ってしまっていますので、専門のクリニックでは早めの治療をお勧めします。

  • AGA以外の可能性もありますか?

    AGA以外にも円形脱毛症、加齢、ストレスや疲労、睡眠不足や不摂生な食生活などで起きる脱毛症や、抗がん剤等による薬剤性脱毛症、甲状腺ホルモンなどの内分泌疾患による脱毛症も存在します。
    但し、これら脱毛症とAGAは脱毛の仕方やパターンが異なり、マイクロスコープによる視診、問診でこれまでの経過や家族歴を伺ったり、採血データを評価するなど、複合的に判断を行えば適切に診断を行う事が可能です。

  • シャンプーでAGAは改善しますか?

    シャンプー剤でAGAが治ったり、薄毛が改善することはありません。あくまでも汚れや余分な皮脂を落として、頭皮環境を清潔に整えるものですので、1日1回の洗髪をお勧めします。
    様々な添加物のためにアレルギー反応で頭皮が赤くなったり荒れたりしますので、自分の頭皮にあったシャンプー剤を使用してください。
    一部、脂漏性皮膚炎によって頭皮環境が悪化し、抜け毛が増加することがあります。当院で扱っているケトコナゾールという抗真菌薬配合のシャンプー剤は、脂漏性皮膚炎、フケや痒みに効果があります。
    また、僅かですが抗DHT作用で抜け毛予防にも効果が期待されます。
    頭皮環境が気になる場合も、お気軽にご相談ください。

治療について

薄毛の進行度や状態、治療経過や効果は患者様それぞれです。
患者様の希望を伺いながら、ひとりひとりに合った最適な治療方法を選択し、治療経過や治療効果を見ながら治療方法を調整していきます。

  • AGAは治りますか?

    AGAは、体の設計図であるDNAに刻まれた遺伝情報を背景としたその人自身の体質が主たる原因です。そのため、現状存在する治療法で完治をさせることはできません。
    当クリニックで行なっている発毛治療は、現在の状態から元々あった髪の毛の量まで可能な限り戻し、抜け毛予防の治療を行うことでその髪の毛の量を維持する(進行を予防する)事を目的として行なっています。
    高血圧や糖尿病と異なり命には関わらないため、治療を中止することは可能ですが、薄毛の状態を改善した状態を維持するために治療を続ける必要があります。
    薬の減薬は可能ですので、当クリニックで出来るだけ負担の少ないようにサポート致します。

  • どれ位で効果がでますか?

    治療を開始した直後から薬は毛母細胞などに作用し始めますが、それによって直ぐに目に見えて髪の毛が増えるといった事はありません。
    臨床研究などの結果では、多くの研究で6ヶ月間の期間を設定し発毛効果を評価しているのが多く、効果が見えてくるまである程度の期間が必要になります。
    患者様の進行度や状態によって個人差はありますが、発毛治療を行なった場合は、ほとんどの患者様が治療開始後約3ヶ月目程度から目に見える効果を実感されています。

  • どの位の頻度での通院が必要ですか?

    治療開始直後は副作用が出現していないか採血などで細かなチェックが必要であったり、発毛効果が見えてくるまである程度の期間がかかるため治療経過の密なフォローが必要です。
    また、発毛状況によって薬の調整も適宜行なっておりますので、基本的には約1ヶ月に1回の来院をお願いしております。
    治療効果が安定し薬の調整も必要無い状態になれば、3ヶ月に1回程度の来院やインターネットを利用した遠隔診療もご利用いただけます。

  • 発毛メソセラピーは痛くないですか?

    当院の発毛メソセラピーは、顔に針を刺す際に用いるような美容用の非常に細い針を用いて、発毛効果のある薬剤を直接頭皮内へ注入する治療法です。
    頭皮の痛覚神経を鈍らせて注射していきますので、全く痛みがないわけではありませんが、ほとんど痛みなく治療を行なっております。施術後に痛み残ったり、新たに痛みが出るようなことはありませんので安心してください。

  • 副作用は大丈夫ですか?

    発毛治療、抜け毛予防の治療で用いる薬は安全性の高い薬を用いますが、どのような薬でも副作用が無い薬は存在しません。
    また、副作用が出るかどうかも体質による個人差があります。
    具体的に起こり得る副作用は、性欲の減退、勃起障害、肝機能障害、浮腫み、低血圧やめまい感などがあります。
    治療開始時に医師より注意すべき副作用について丁寧にご説明させていただきます。
    また、初診時と治療経過中に定期的に採血検査や血圧測定などで副作用のチェックを行います。 治療中に何か異常を感じた場合は、一旦治療を中止して医師にご相談ください。

  • 他の薬やアルコールとの飲み合わせなどは大丈夫ですか?

    発毛治療、抜け毛予防の治療で用いる薬は安全性の高い薬を使用します。
    ただし、他の降圧薬との併用で血圧低下が増強し起立性低血圧やめまい感といった症状が出たり、薬の代謝への影響でそれら症状が増強する組み合わせも一部存在します。
    今現在飲んでいる薬や経過中で新たに薬を飲み始める際は必ず医師にご相談ください。
    また、アルコールは飲んでも大丈夫ですが、体質によっては浮腫みやめまい感が出る可能性がありますので、過度な飲酒はお控えください。

  • 治療中に気をつけることはありますか?

    日常生活で特に気をつけることはありませんので、毎日の薬の内服を習慣化して欠かさず続けてください。
    栄養バランスを考えて暴飲暴食を避け、睡眠も重要ですのであまり睡眠不足にならないように気をつけて、出来だけ規則正しい生活を送ってください。
    薬の保管に関しては、高温多湿を避けて涼しい暗所で保管してください。また、妊娠中や授乳中の女性や小さなお子さんが薬に触れることがないようにご注意ください。

予約や診察時間
について

  • 診察やカウンセリングのみでも大丈夫ですか?

    当院では、医師による診察や専門カウンセラーによるカウンセリングは無料で何度でも行なっていただけます。また、診察・カウンセリング時には、最先端の統合診断システムで頭皮状態のチェックも行なっていますので、自分の髪の毛の状態を把握することも可能です。患者様ひとりひとりに合った最適なAGA治療をご提案しますので、ご相談だけでもお気軽にご連絡ください。

  • どのような予約方法がありますか?

    ホームページ上のお問い合わせフォームからの予約、LINE予約、電話予約などが可能です。
    お気軽にご相談ください。

  • 所要時間はどのくらいかかりますか?

    初診時には診察やカウンセリングを行いますので、約1時間程度のお時間を見込んでおいてください。そのまま検査や治療を開始する場合は、追加で約30分程度とお考えください。
    再診時は治療経過の確認や診察で約20分程度のお時間となります。
    お時間にはある程度余裕を持ってご来院ください。

  • 他に治療法はありますか?

    髪の毛を生やす発毛の治療は、クリニックや病院で行なっている内服薬による治療、外用薬や注射薬による治療が主体です。
    これら医薬品だけが実際に髪の毛を生やす事ができます。市販されている商品では、ミノキシジルを配合したリアップのみが所謂発毛薬になります。
    これら以外の市販の育毛剤やネット販売されているような育毛剤に有意な発毛効果はなく、AGAの治療薬としての効果はありません。
    その他、植毛治療は元気な毛根を違う場所から移植する手術療法となります。

  • ワックスや整髪剤は使っていても大丈夫ですか?

    整髪剤の使用は特に問題ありません。
    診察時には毎回発毛状態の経過を確認しております。そのため、髪型や髪の毛の長さを極端に変更されると、発毛状態の評価が難しくなることがありますのでご注意ください。

料金や支払い
について

お電話でのお問い合わせ・予約

0120-889-820 0120-889-820 受付時間 8:00〜21:00

新宿AGAメディカルケアクリニック

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-4−5
新宿ウエストスクエア9F

電車でお越しの方

新宿駅西口 徒歩5分
都営大江戸線 新宿西口駅(D5出口) 徒歩2分
西武新宿駅 徒歩3分

診療日(土日祝日も診療)

完全予約制 診療時間 10:00~20:00

  • 新宿AGAメディカルケアクリニック院内1
  • 新宿AGAメディカルケアクリニック院内2