③発毛専門クリニックと一般皮膚科の違い

【一般皮膚科での薄毛治療】

一般の皮膚科では、薄毛・発毛治療専門の医師が在籍しているわけではありません。
皮膚科では主に頭皮の状態を診察し、炎症、湿疹、フケや痒みなどには対応してもらうことができます。
また、脱毛症では、重度の脂漏性皮膚炎による頭皮トラブルでの抜け毛や円形脱毛症が治療の対象となります。

専門的な発毛治療は行われていませんが、抜け毛を防ぐことを目的としてAGAの治療としてプロペシアが処方されます。

【プロペシアとは】

プロペシアは、世界的にも知られるAGA治療薬です。
AGAの原因は男性ホルモンの一種であるDHTですが、DHTは男性ホルモンが5αリダクターゼによってDHTに変換されるのです。
プロペシアは5αリダクターゼの働きを阻害する薬なので、DHTの生成を抑制することができるのです。

ただし、プロペシアはすぐに効果を得られるわけではありません。
毎日飲み続けることで効果を少しずつ得られ、個人差がありますが半年くらいで効果が現れます。
抜け毛の進行を防ぐ薬なので、無くなった髪が再生するわけではなく、少しずつ髪の毛が太くなっていくイメージです。

【発毛専門クリニックの薄毛治療】

一般の皮膚科では頭皮トラブルを改善することや、プロペシアによって薄毛の進行を防ぐことができますが、発毛の治療はサポートしていません。
本格的な発毛治療をしたい場合には、AGA治療専門のクリニックで治療を行う必要があります。
一般の皮膚科とは違い、AGA治療専門の場合は薄毛治療のメニューが豊富なため、その時の状態に合ったテーラーメイドな治療を受けることができます。

患者さんご本人の治療希望も取り入れられるため、時間を掛けた丁寧なヒアリングと診察が行われます。

また、視診だけでなく血液検査などの検査も適宜行われ、最適な治療法を検討します。
発毛治療専門のクリニックでの治療では、フィナステリドやミノキシジルといった成分を配合したお薬や塗り薬を用います。

お薬による治療だけでなく、メソセラピー療法という発毛に効果のある成分や成長因子を直接頭皮に注射して、ダイレクトに頭皮や髪の毛に発毛の効果を届ける方法もあります。

何よりもAGAの治療において専門クリニックに行くメリットは、発毛治療専門の医師が在籍しているという点です。
専門の医師だからこそ、これまでの多くの経験や治療実績から、よりその患者さんにとって適切な治療を提案することができます。
治療するのであれば、やはり多くの実績のある発毛治療専門の担当医に豊富な知識で治療に当たってもらう方が、効果的で安心して治療を受けることができるでしょう。

【当院の院長から】

AGAの状態や薄毛の状態は、患者さんひとりひとりで異なります。
発毛治療を行なっていく経過で、発毛の状態や副作用なども患者さんによって多種多様です。
その患者さんそれぞれに合った適切な治療を受けるためには、経験豊富なAGA治療専門のクリニックでの治療をオススメします。

AGAの治療方法は様々ありますが、治療のベースとなるのは内服薬での抜け毛予防と発毛治療です。
基本となる成分はフィナステリドとミノキシジルですが、患者さん毎に適切な量や期間は異なります。

その他には、発毛と抜け毛予防の効果のある外用薬を使用してもらうこともあります。
また、頭皮環境の悪化で脂漏性皮膚炎と呼ばれる炎症が起こっているケース等では、カビに対する抗生物質の入った薬用のシャンプーを用いる場合もあります。

その患者さんに合った調整をしていく事が、髪の毛を生やして、生えた髪の毛を維持していく為に必要となりますので、AGA治療専門のクリニックだからこそ出来る治療法を、一人一人の患者さんに提供をしていき、サポートをして参ります。

少しでも自分の髪の毛が気になった方は、まずはお気軽に無料診断・カウンセリングにお越しください。

Tag: / / /

お電話でのお問い合わせ・予約

0120-889-820 0120-889-820 受付時間 8:00〜21:00

新宿AGAメディカルケアクリニック

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-4−5
新宿ウエストスクエア9F

電車でお越しの方

新宿駅西口 徒歩5分
都営大江戸線 新宿西口駅(D5出口) 徒歩2分
西武新宿駅 徒歩3分

診療日(土日祝日も診療)

完全予約制 診療時間 10:00~20:00

  • 新宿AGAメディカルケアクリニック院内1
  • 新宿AGAメディカルケアクリニック院内2