男性ホルモンって髪の毛と関係あるの?

【AGAが男性に多い理由】

AGAは、頭頂部または生え際、もしくはその両方から薄毛や脱毛が始める男性特有の脱毛症の事です。サザエさんの波平さんのように特徴的な脱毛パターンを示し、円形脱毛症やストレスによる脱毛症とは異なります。

女性に比べると、なぜ男性がAGAの薄毛や抜け毛が多いのかというと、男性ホルモンが頭皮や髪に影響を与えているからです。
もちろん女性にも男性ホルモンは存在しますが、。その名前の通り、男性ホルモンは圧倒的に男性の方がよりホルモン量が多いのです。
そのため、男性ホルモンによる薄毛や脱毛症であるAGAは圧倒的に男性に多いのです。

【髪が抜けるメカニズム】

AGAは、ヘアサイクルが乱れることによって正しい発毛サイクルが行われなくなっています。
このヘアサイクルを乱している原因が、男性ホルモンの一種である『DHT(ジヒドロテストステロン)』です。
男性ホルモンが増えることでAGAになると勘違いされがちですが、男性ホルモンが増えたからといって薄毛や抜け毛に繋がるわけではありません。
DHTの増加やAGAになりやすい体質がヘアサイクルを乱してAGAを引き起こしているのです。

DHTは、ヘアサイクルを短くしてしまうという悪影響を与えます。
ヘアサイクルが短くなると、髪が十分に成長する前に抜け落ちてしまいます。
しかも、成長期が短くなり、休止期が長くなるので新しい髪の毛も生えにくくなります。

なぜDHTが増加してしまうのかというと、5αリダクターゼという酵素の働きが関係しています。
誰もが最初から備え持つ男性ホルモンですが、この男性ホルモンが5αリダクターゼによってDHTへと変換されてしまうのです。
5αリダクターゼは、毛根近くにある皮脂腺から分泌される酵素であり、男性ホルモンをDHTに変換する作用があるのです。
つまり、5αリダクターゼを制御してDHTの生成を抑制することがAGAの治療となるのです。
そのため、AGAの治療では5αリダクターゼ阻害剤を用いるのです。

【男性ホルモン以外の原因】

男性ホルモンの一種であるDHTがAGAの直接の原因ではありますが、それ以外の原因もAGAによる薄毛を助長している可能性もあります。
人によっては、乱れた生活習慣であったり、極度のストレスや睡眠不足なども薄毛を助長する原因となります。
生活習慣の乱れは、頭皮の血の流れを悪くし、髪や頭皮に十分な栄養を届けることができなくなるために髪の成長を妨げる可能性があります。
また、頭皮の乾燥や皮脂詰まり、炎症なども抜け毛や薄毛のを助長する原因の一種です。
AGAの治療と合わせて、生活習慣やストレス環境なども見直して、髪の毛や頭皮の状態に合ったケアを行うようにしましょう。

【当院の院長から】

AGAの原因は遺伝とホルモンが抜群に大きな影響を与えています。
AGAは正式には、『Androgenetic alopecia』と言います。
alopeciaは脱毛症の事ですが、androは男性ホルモンを示し、geneticは遺伝を意味しています。
そもそもの疾患の名前が、『遺伝とホルモンによる脱毛症』という意味なのです。
遺伝は両親や祖父母から引き継いだ、その人自身の体質です。
ある意味、AGAとは生まれつき定められた運命に近いものです。

男性の血液中で多く存在する男性ホルモンは、テストステロンと呼ばれる、少し力の弱いホルモンです。
それらテストステロンは血液中から頭皮の組織に移って、毛包の毛乳頭細胞と呼ばれる髪の毛を作るのに重要な役割を果たしている細胞の中に入っていきます。
毛乳頭細胞の中に入ったテストステロンは、5α還元酵素という酵素の働きでDHTに変換されます。
このDHTは、テストステロンと比べてより強力な力を発揮して細胞に様々な指令を行います。

例えば、筋肉の細胞では筋肉量を増やすタンパク質を多く作り出すため、結果として、大きな筋肉といった力強い男性らしさを作り出します。
しかし、毛乳頭細胞内では、非常に厄介なことに、薄毛を引き起こすタンパク質を命令通りに作り出してしまうのです。
具体的には、TGF-β1,2やDKK-1といった髪の毛にとっての悪玉タンパク質が作り出されてしまいます。
毛包内がそれら悪玉タンパク質によって攻撃されることで、髪の毛がどんどんと抜けていってしまい、AGAが徐々に進行していってしまうのです。
AGAによる薄毛では、前頭部や頭頂部の脱毛を主体とする特徴的な脱毛パターンを来たします。
実は、前頭部、頭頂部の毛乳頭細胞はDHTの影響を受けてしまいますが、後頭部や側頭部の毛乳頭細胞はDHTの影響を受けにくいため、AGAの終末期でもあまり抜け毛が目立たずに髪の毛が残っているのです。
また、ヒゲの部位の毛乳頭細胞ではDHTの命令で発毛を促進するIGF-1という成長因子と呼ばれる善玉タンパク質が作られるのです。
そのため、非常に残念な事ですが前頭部や頭頂部では薄毛の進行、ヒゲは発毛の促進が行われているのです。

AGAは遺伝と男性ホルモンが主要な原因です。
男性ホルモンであるテストステロンは5α還元酵素によって、より強力はDHTに変換されます。
DHTはパートナーであるアンドロゲン受容体と共に毛乳頭細胞に命令して悪玉タンパク質を作り出す事で、AGAの特徴である前頭部や頭頂部の薄毛が進行していきます。

Tag: / / / /

お電話でのお問い合わせ・予約

0120-889-820 0120-889-820 受付時間 8:00〜21:00

新宿AGAメディカルケアクリニック

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-4−5
新宿ウエストスクエア9F

電車でお越しの方

新宿駅西口 徒歩5分
都営大江戸線 新宿西口駅(D5出口) 徒歩2分
西武新宿駅 徒歩3分

診療日(土日祝日も診療)

完全予約制 診療時間 10:00~20:00

  • 新宿AGAメディカルケアクリニック院内1
  • 新宿AGAメディカルケアクリニック院内2