毛根がない髪は危険?毛根と抜け毛の関係をわかりやすく解説 | AGAメディカルケアクリニック|オフィシャル

毛根がない髪は危険?毛根と抜け毛の関係をわかりやすく解説

  • FacebookFacebook
  • B!HATENAB!HATENA
  • TwitterTwitter
  • LINELINE

髪の太さや量、頭皮環境などにトラブルがあると、毛根にも何らかの異常がある可能性があります。

毛根と髪の健康状態は密接に関係するので、毛根が細い、あるいは毛根がない方は薄毛リスクが高いと考えられるでしょう。

この記事では、普段目に見えない毛根の基礎知識をわかりやすく解説します。正常・異常な毛根の見分け方や、健康な毛根を取り戻すための方法もご紹介するので、参考にしていただけますと幸いです。

ハンドスピーカーアイコン

【この記事の監修者】

前田 祐助
AGAメディカルケアクリニック 統括院長

【経歴】
  • 慶應義塾大学医学部医学研究科卒業
  • 慶應義塾大学病院 初期臨床研修課程終了
  • 大手AGAクリニック(院長)を経て、2018年AGAメディカルケアクリニック新宿院を開設
院長挨拶はこちらから

毛根とは|地肌の中に埋まっている部分

毛根は、読んで字のごとく毛髪の根元を指す言葉です。

具体的には地肌より下に埋まっている部分全体のことをいい、普段は目にすることができません。毛根に対し、地肌から表面に出ている部分は毛幹と呼ばれます。

毛根の最下部は髪の成長をつかさどる

毛髪は根元に向かって太くなるのが正常であり、最下部の丸みを帯びた部分を毛球といいます。

毛球には毛髪が成長するために必要な毛乳頭と毛母細胞が存在し、それぞれ次の役割を担っています。

  • 毛乳頭…毛細血管から運ばれる栄養を毛母細胞に送り込む
  • 毛母細胞…毛乳頭から受け取った栄養をもとに細胞分裂をし毛髪をつくり出す

毛髪は毛母細胞が分裂し角質化したものであり、地肌から見えている毛幹はすでに死んでしまった細胞の集まりです。よって目で見えている毛幹部の毛髪が太くなったり、自己修復されたりすることはありません。

つまり太く健康的な毛髪が育つかどうかは、毛乳頭と毛母細胞のはたらきが大きく影響します。

髪は毛根鞘によって頭皮に固定されている

毛根には、毛髪と頭皮を固定する毛根鞘(もうこんしょう)と呼ばれる組織があります。

抜けた髪の根元をじっくり観察すると、毛根に透明のプルプルとした塊がついているのがわかります。これが毛根鞘で、抜け毛に毛根鞘がついているのは髪や頭皮が健康であることを表す証です。

毛根鞘は髪の成長に合わせて機能し、髪が寿命を迎える退行期には粘着力が弱まり、髪と一緒に体外へ排出されます。

健康な毛根と異常な毛根の見分け方

毛根の役割と髪の成長メカニズムがわかったところで、次は健康な毛根とそうでない毛根の違いを見ていきましょう。

毛根が正常であるかどうかは目視で確認できます。

正常な毛根は最下部が白っぽくふくらんでいる

正常な毛根は、最下部が小さくふくらんだ形をしています。

髪全体は根元に向かって丸みを帯びており、毛根鞘が付着していれば髪が健康に育っていたことがわかります。最下部は白っぽい色をしていますが、これも正常な証拠です。

細い・ギザギザ・黒い毛根は不健康な髪のサイン

毛根に次の特徴が見られる場合、髪や頭皮に何らかのトラブルが生じている可能性があります。

  • 毛根にふくらみがない
  • 毛根が細く尖っている
  • 毛根がギザギザしている(縮れている)
  • 毛根が黒い
  • 毛根にベタベタとした付着物がある

細くふくらみのない毛根は円形脱毛症に多く見られ、ホルモンバランスやストレスによる影響を受けているものと考えられます。栄養不足や血行不良も、毛根の形を変化させる要因の一つです。

毛根に汚れが付着している場合は、皮脂が過剰に分泌されている、あるいはきちんと洗髪できていない可能性があります。

毛根が死滅すると二度と髪が生えない?

枕についた抜け毛

薄毛になる原因を「毛根が死滅したから」と考える方がいますが、毛根はそう簡単に死滅するものではありません

髪は3〜5年(女性は4〜6年)かけて成長し、寿命を迎えると自然と抜け落ちます。髪の生まれ変わりをヘアサイクルといい、1サイクルを20〜40回繰り返すと毛球が死滅すると考えられています。

ある程度年齢を重ねれば毛根はその役目を終えるため、それ以降髪が生えてくることはなくなるでしょう。しかし、寿命を迎えていない状態で理由なく毛根が死滅することはまず考えにくいです。

毛根が死滅=毛母細胞が消失した状態

毛根が死滅した状態は、言い換えれば毛母細胞が機能していない状態のことです。

毛母細胞の機能が停止するのは、ケガや火傷、縫合手術などで外部から強い刺激を受けることがおもな要因です。

先述のとおり、毛根が寿命を迎えた時にも毛母細胞は消滅しますが、それ以外の理由で簡単に死滅することはありません。

毛母細胞が機能していれば毛量を増やすことは可能

大ケガや手術などで毛根が死滅した場合、残念ながらその部位から自然に発毛することはないでしょう。

しかし毛母細胞が生きていれば、毛量を増やしたり1本1本を太く長く成長させることは可能です。毛根が死滅すると薄毛になる(はげる)と理解されている方もいますが、そもそも毛根はそう簡単に死滅しませんのでその点はご安心ください。

薄毛が進行するのは、毛根の死滅以外に別の理由が考えられます。薄毛を予防するには、まずなぜ抜け毛が増えるのかその原因を知り、適切に対処していくことが大切です。

健康な毛根を復活させる4つの方法

毛根に異常が認められる場合、次の4つの方法で健康な毛根を復活させられる可能性があります。

  1. 生活習慣の改善
  2. ストレス解消
  3. 適切な頭皮ケア
  4. 薄毛治療

ここからはそれぞれの方法をより詳しく解説していきます。

方法①生活習慣の改善

髪は食事から摂取した栄養分をもとに成長するため、毛根が正常な状態でなければまず栄養バランスのいい食生活を心がけましょう。

髪の土台となるのはタンパク質なので、肉や魚、大豆製品などから良質なタンパク質を摂取してください。また、タンパク質の合成をサポートする亜鉛も、育毛のためには積極的に取り入れたい栄養素です。

健康な毛根を育てるには血行不良も解消したいので、適度な運動や質のいい睡眠も意識するといいでしょう。

ブログ写真

2021.05.01

【医師監修】亜鉛を摂取すると髪が増える?育毛効果や気になる副作用を解説

ブログ写真

2020.11.27

薄毛は食べ物で予防できる?ハゲ対策に有効な食材・栄養素を徹底解剖!

方法②ストレス解消

私たちの身体は、ストレスを感じると自律神経のバランスが乱れます。

自律神経の乱れは血管を収縮させるため、全身の血流に影響を及ぼします。血流が悪くなると頭皮にも十分な栄養が行き渡らなくなるため、髪の成長を妨げる結果となるのです。

現代人は、ストレスと常に隣り合わせの生活を送っています。しかし日々強いストレスを感じたままでは、髪だけでなく心身の健康にも良くありません。

疲れや不安、苛立ちを感じる時は、あまり無理せず自分なりの発散方法で上手にストレスを解消していきましょう。

ブログ写真

2021.02.15

AGA・薄毛は睡眠で改善・対策できる?生活習慣や運動・ストレスと抜け毛の関係

方法③適切な頭皮ケア

髪が細くなったり抜け毛が増えたと感じる時は、毛根を育てるための頭皮ケアをはじめてみましょう。

すぐにできるのは頭皮マッサージで、洗髪中に頭皮をもみほぐすことで滞った血流を改善させます。気持ちいいと感じる程度の力加減で、頭皮全体を優しくマッサージしてください。

かゆみやニオイ、ベタつきが気になる方は、洗い上がりがマイルドな育毛シャンプーを使うのもおすすめです。洗髪後は育毛剤で頭皮環境を整え、健康な毛根を育てるヘアケアを習慣させるといいでしょう。

ブログ写真

2021.01.06

シャンプー時の抜け毛の本数は一日何本まで大丈夫?洗髪で髪が抜ける原因と対策について解説

ブログ写真

2020.11.27

AGA・薄毛予防に育毛シャンプーは効果あり?男女別の選び方を理解して正しい抜け毛対策を

方法④薄毛治療

ホルモンや遺伝の影響を受けて毛根が細くなることがあります。

この場合、残念ながらセルフケアのみで毛根の状態を改善させるのは非常に難しいです。ただし、毛髪の成長を促すお薬を使えば健康な毛根を復活させられる可能性は十分にあります

薄毛治療ではまず、毛根の異常や薄毛の原因を特定することからはじめていきます。治療といっても大がかりな手術や入院の必要はなく、基本的には投薬治療を継続するのみです。

毛根が細いことや抜け毛の増加が気になる方は、改善策として薄毛治療を専門とするクリニックを受診してみるのもいいでしょう。

ブログ写真

2021.01.06

AGA治療で血液検査はなぜ必要?クリニックが血液検査を行なう理由と費用について詳しく解説

毛根にまつわるよくある質問

FAQ

最後は、毛根について患者様から多くいただくご質問にお答えしていきます。

Q.毛根が人より巨大な気がするのですが大丈夫ですか?

どの程度の大きさかにもよります。

3mm以上の大きなできものは、外毛根鞘性嚢腫と呼ばれる皮膚疾患の可能性があります。こちらは良性であることがほとんどですが、皮膚科での切除手術が必要です。

Q.毛根に血がついていますが何かの病気ですか?

毛根に血が付着する場合、毛穴や頭皮に傷がある、あるいは炎症を起こしている可能性があります。

病気の可能性は低いですが、傷口から雑菌が侵入すると症状が悪化する恐れがあります。髪を強く引っ張らないように注意し、早めに皮膚科を受診しましょう。

Q.毛根がないのが気になります。

毛根がない、もしくは毛根が細いのは、頭皮に十分な栄養が行き届いていないことがおもな原因です。

栄養バランスの悪い食事や血行不良が続くと、頭皮が栄養不足の状態となり健康な毛髪は育ちません。まずは食事や運動習慣を見直し、生活面から育毛環境を整えていきましょう。

また、AGAを発症している方の毛根も通常より細い傾向にあります。この場合はクリニックで発毛を促す治療をするのが有効です。

毛根の異常や抜け毛が気になる方は当院までご相談ください

患者に説明する医師

「年々髪の毛が細くなる」
「抜け毛が増えた」

このようなお悩みをお持ちの方は、抜け落ちた髪の根元をチェックしてください。毛根が細くギザギザしていれば、何らかの理由で髪が十分に成長できていない可能性が考えられます。

そのままにしておくと今後抜け毛が増えたり薄毛が進行する恐れもあるので、できるだけ早く対策を講じることが大切です。当院では男性の薄毛治療を専門とするクリニックですので、健康な毛根を取り戻す最善策のご提案が可能です。

電話やメールはもちろんのこと、24時間受付のLINE予約も行なっているので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ・予約

0120-889-820

受付時間 8:00〜21:00

診療時間やアクセスなど、詳細は各院のページをご確認ください。