【医師監修】AGAの予防に効果的な対策|薄毛の原因とメカニズムから医学的根拠に基づき解説 | AGAメディカルケアクリニック|オフィシャル

【医師監修】AGAの予防に効果的な対策|薄毛の原因とメカニズムから医学的根拠に基づき解説

  • FacebookFacebook
  • B!HATENAB!HATENA
  • TwitterTwitter
  • LINELINE

男性の薄毛は治療が難しい、遺伝だからしかたないと思っていませんか?

AGA(男性型脱毛症)は正しく原因を見極め、適切な治療をうければ改善させることが可能です。まずは抜け毛や薄毛が起こる原因を理解して、効果的にAGAを予防しましょう。

もしもAGAかもしれないとお悩みの方のために、LINE診断も実施しております。

AGAの原因とは?ジヒドロテストロンがヘアサイクルを乱すことが要因

AGAとは脱毛の仕組み

AGAは主に男性ホルモンの影響によって発症します。男性ホルモンであるテストステロンが5α-還元酵素と呼ばれる酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロンと呼ばれる形に変化します。

このジヒドロテストステロンには毛髪の成長期を短くする作用があり、正常なヘアサイクルが乱れを起こすことで、抜け毛や薄毛につながります。

その他、家族にAGAの人がいる場合の遺伝的要素、睡眠不足や偏った食生活といった生活習慣の乱れ、間違ったヘアケアによる頭皮環境の悪化などもAGAの進行に大きく関与すると考えられるでしょう。

ブログ写真

2020.11.27

AGAとは|薄毛の原因や治療方法、髪の毛が生えるまでの期間を詳しく解説

AGAの2つの予防法

AGAの予防法は大きく2つに分けて考えることができます。

1つ目は専門の病院やクリニックで、自分にあったAGA治療を受けること。2つ目は生活習慣の改善や正しいヘアケアによる頭皮環境の改善といったセルフケアです。これらを並行して行うことがAGAの効果的な予防につながります。

AGAの予防につながる効果的なセルフケア

AGAは、適切な治療を受けることで改善します。しかし、いくら治療を受けていても不規則な生活や偏った食事などを続けていると、期待される治療の効果が実感しにくくなります。効果的な治療のためにも、生活習慣の見直しを中心にしたセルフケアは欠かせません。

①生活習慣の改善

偏った食事や不規則な生活が直接的にAGAの症状を進行させるとは言いがたいでしょう。

しかし、偏った食生活が原因で頭皮環境の悪化につながり、薄毛の進行を助長させる可能性は十分に考えられます。

そのため、以下の点に注意しながら生活習慣を見直してみましょう。

バランスの取れた食事

健康な頭皮環境や毛髪づくりに欠かせない栄養素は「たんぱく質」「亜鉛」「ビタミン」の3つです。

・たんぱく質

毛髪の元となるケラチンは18種類ものアミノ酸で構成されたたんぱく質の一種なので、体内で合成できない必須アミノ酸を含んだ良質なたんぱく質を取ることが大切です。鶏肉や牛肉、豚肉、 マグロ、イワシといった動物性たんぱく質の他、豆腐や高野豆腐、豆乳といった植物性たんぱく質もバランスよく摂りましょう。

・亜鉛

ミネラルの一種である亜鉛は、たんぱく質の合成に役立つだけでなく、5α-還元酵素の作用を抑制するといわれています。亜鉛が含まれているカキやチーズ、レバー、煮干し、海苔なども有効な食品とです。

・ビタミン

ビタミンも健康な毛髪の成長には欠かせません。下記は、いずれも意識して摂りたいビタミンです。

  • 食事から摂ったたんぱく質からアミノ酸
  • 毛髪の成長をサポートするビタミンB群
  • 血行を促進するビタミンE
  • 皮膚や粘膜を正常に維持し、頭皮の乾燥を予防するビタミンAなど

なお、ビタミンB群は肉類や卵、ビタミンEは魚やナッツ類、ビタミンAはレバーやほうれんそう、かぼちゃ、にんじんなどから摂ることができます。

十分な睡眠時間

睡眠不足によって男性ホルモンであるテストステロンが減少すると、これを補おうとして5α-還元酵素とテストステロンの結合が進んでしまうと考えられています。

また、睡眠不足によって血行の流れが低下すると、健康な髪を育む頭皮環境も悪化するので、毎日7時間を目安に十分な睡眠をとるように心がけましょう。

飲酒・喫煙を控える

喫煙や過度の飲酒もAGAを悪化させる要因です。喫煙によって毛細血管が収縮し血流が低下すると、髪を作り出す毛母細胞に栄養が行き届きにくくなります。 血行不良により頭皮や体の温度が下がることも毛髪にとってはよくありません。

飲酒についてはどうでしょうか。お酒に含まれるアルコールを分解する際、体内ではアミノ酸が消費されます。これによって毛髪を作るために必要なアミノ酸が不足してしまうと考えられるでしょう。また、アルコールを分解した際に作られる有害物質アセトアルデヒドはAGA を悪化させるジヒドロテストステロンを増やす恐れがある可能性も示唆されています。

薄毛を予防したい場合は、できるだけ禁煙と適度な飲酒量に抑えることが大切です。

②育毛剤やシャンプーで頭皮環境を整える

荒れ果てた畑で作物が育ちにくいことと同様に、健康な頭皮環境でないと治療や薄毛対策の効果は半減します。育毛剤や専用のシャンプーを使い頭皮環境を整えることは生活習慣と同様に薄毛の予防として重要といえるでしょう。次の点に気をつけて毎日のケアを丁寧に行ってください。 

・優しく丁寧にシャンプーをする

頭皮についた汚れを落とそうと、洗浄力が強いシャンプーを使いゴシゴシと髪を洗う人は少なくありません。必要以上に皮脂を洗い流すと頭皮の乾燥を招いてしまうため、アミノ酸系界面活性剤など肌に優しいシャンプーを使い丁寧に髪を洗いましょう。また、熱すぎるお湯でゆすぐことも皮脂の奪いすぎや頭皮に強い刺激を与えるため注意が必要です。

このような点に気をつけシャンプーですっきりと汚れを落としたあとは、頭皮マッサージでケアしてみましょう。タオルドライ後に円を描くようにマッサージしていきます。頭皮がほぐれることで血行の促進とリラックス効果も得られます。

・育毛剤やシャンプー選び

AGA治療を行っている多くのクリニックでは、ミノキシジルを配合した外用薬を育毛剤として処方しています。医療機関のみで取り扱いが可能な医療用の医薬品は、成分や有効成分の含有量が市販のものと異なります。また、医師が体質や症状に合わせて処方するため、副作用のリスクも軽減できることがメリットです。

一方、ドラッグストアや通信販売などで購入できる育毛剤は処方箋が必要なく、気軽に購入できるというメリットがあります。ただし、市販の育毛剤やシャンプーには化粧品、医薬部外品、一般用医薬品と大きく分けて3つの種類がありますが、どの場合も医療用の医薬品ほどの効果は期待できません。 

本格的な AGA 治療を始めるなら、育毛剤ではなく医療用の発毛薬に切り替えることをおすすめいたします。

③育毛サプリで栄養バランスを整える

アミノーマCという成分を主成分としたヴィヴィスカルや亜鉛、プラセンタが育毛サプリとして人気があります。健康食品としての育毛サプリは、抜け毛予防や発毛させる効果はありませんが毛髪の成長に必要な栄養素の補助や、頭皮環境をサポートするといった効果が期待できます。

つまり、あくまで食事のサポートであるという認識でいることが重要です。

しかし、薄毛治療の代表的な治療薬の費用が1か月分8,000~10,000円程度に対し、市販の育毛サプリが1か月あたり5,000~8,000円程度と効果が出るかどうか明確でないことを考えるとコスパがいいとはいいきれません。

もちろん、薬と併用することで相乗効果を期待できるサプリもあるため、どのようにサプリメントを活用するか改めて医師と相談しながら検討してみてはいかがでしょうか。

医学的根拠に基づいた治療でAGA予防

多くの成人男性が悩んでいるAGAは、進行性でありなにもケアせずに放っておくと、徐々に進行して毛髪が減り続けることになります。

また、薄毛が進行すると痛みが強い治療として知られている植毛や、毛穴がなくなるほどの症状になるとカツラといった限られた選択肢になるので、もしかしたら…と思ったら、早めに下記の治療を行い、AGAの進行を予防しましょう。

外用薬によるAGA治療

AGA治療における代表的な外用薬となるのがミノキシジルです。市販の発毛剤「リアップ」や「ロゲイン」などに配合されている成分で、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

ミノキシジルはもともと、血管を拡張させて血圧を下げる高血圧の薬として開発されました。その後発毛効果があることがわかり、発毛剤として使用されるようになったのです。なお、ミノキシジルは血管拡張効果があるだけではなく、毛髪を作り出す毛乳頭細胞にアプローチして毛髪の成長期を延長させるという作用もあります。

重篤な副作用は報告されていませんが、まれに頭痛やめまいを感じる場合や、肌が弱い方は頭皮にかゆみや赤みを生じることがあります。このような副作用を感じた場合は、すぐに医師に相談しましょう。

現在、ミノキシジルの外用薬はロゲインの他にロゲインのジェネリック薬「カークランド」や大正製薬が製造販売しているジェネリック医薬品も登場しており、以前に比べると価格が抑えられています。個人輸入サイトで購入される方もいらっしゃるようですが、副作用や体調の変化が起きたときのリスクを考慮すると病院で処方してもらうのがベストといえるでしょう。

当院でも抜け毛を抑制する内服薬と合わせて、ミノキシジルを主成分とした発毛外用薬を処方することが多くあります。

内服薬によるAGA治療

AGAとは脱毛の仕組み

AGA治療の基本となるのがフィナステリド、デュタステリドといったすでに効果が認められている内服薬です。いずれの成分も5α-還元酵素の働きを阻害し、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換される作用を防ぐことで抜け毛や薄毛を予防します。

フィナステリド

フィナステリドは、ミノキシジルと並んでAGA治療に有効とされる注目の成分です。発毛効果に有効なミノキシジルに対して、フィナステリドは抜け毛や薄毛の原因である男性ホルモンを抑制しAGAの進行を予防します。

フィナステリドには、2005年にMSD社から発売されたプロペシア錠のほかに、2015年以降、ファイザー製薬やサワイ製薬などからジェネリックも登場しています。

ザガーロ

ザガーロは2015年にGSK(グラクソスミスクライン)社から発売された新しい医薬品であるため2020年現在、国内正規のジェネリックはありません。

フィナステリドが5α-還元酵素のⅡ型にしか作用しないのに対し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方の働きを阻害するため、より高い効果が期待できるとして注目を集めています。デュタステリドはフィナステリドの1.6倍の発毛効果があるという報告があるほどです。 

ミノキシジルタブレット

発毛効果が高いミノキシジルが主成分のミノキシジルタブレットは、2.5㎎、5㎎、10㎎の錠剤の内服薬です。薄毛の全般に効果を発揮するミノキシジルですが、特にO字型(頭頂部の薄毛)に効果的な薬といえるでしょう。 

内服薬の副作用と服用時の注意点

いずれもAGA治療に効果的な内服薬ですが、体質や既往歴(きおうれき)によっては服用が難しいことがあります。また、抜け毛の予防段階では服用する必要がないと診断されることもあるので、まずは医師の診察を受けるようにしましょう。

・フィナステリド

肝機能障害や性欲減退性欲減退や勃起機能障害(ED)などの生殖機能低下、肝機能障害などが副作用に挙げられます。服用後に異常を感じた場合は、医師にご相談ください。

・デュタステリド

性欲減退や勃起不全フィナステリドと同様、性欲減退や勃起機能障害などの生殖機能低下、肝機能障害が副作用として挙げられます。服用後に異常を感じた場合は、医師にご相談ください。

・ミノキシジルタブレット

もともと降圧剤として開発された成分であるだけに、高血圧の治療薬と併用すると効果が過剰になる恐れがあるため、降圧薬の内服中は医師と相談しながら治療を行っていきましょう。

このようにどの内服薬も副作用があることや飲み合わせがよくない薬、妊娠中の女性、持病がある場合など注意点が必要なため医師に相談の上、服用することをおすすめします。

発毛メソセラピー(注射)によるAGA治療

内服薬や外用薬の他、さらに一歩踏み込んだAGA治療として注目を集めているのが、注射による治療(発毛メソセラピー)です。発毛に有効な成分を頭皮に直接注射することでよりパワフルに発毛を促します。内服薬と注射を併用することで「内服薬で抜け毛を減らし、メソセラピーで発毛を促す」といった多角的なアプローチをすることも可能です。

メソセラピーは各クリニックが症状や体質に合わせて、発毛や育毛成分をオリジナルで調合した発毛カクテルを頭皮に注射する治療法。成長因子を補いながら抗酸化作用のある成分やビタミンなどを配合することで、休止期にある毛髪を成長期に戻す効果も期待できます。

当院では、以下の成分などを含むオリジナルの発毛カクテルを使用しています。フィナステリドやミノキシジルなどの内服ができない方、内服薬の副作用が心配という方にも好評です。

【まとめ】AGAの予防は早期発見・早期治療が重要

AGAの本質的な原因は、男性ホルモンの影響や遺伝にあるといわれています。こうした原因に生活習慣の乱れや間違ったヘアケアといった要因が複合的に影響し、薄毛や抜け毛を悪化させるのです。

基本的にAGAの予防方法は、治療とセルフケアの2種類があります。

ただし、AGAは進行性の症状のため、基本的にはセルフケアだけでは改善できません。現在は効果が認められている医薬品のジェネリックも登場していることから、サプリやシャンプー、市販の育毛剤を用いたセルフケアよりも、クリニックでのAGA治療が根本改善となります。 

まずは、無料のカウンセリングが受けられるクリニックなどで症状を確認し、あなたにあった治療を始めてみませんか。

お電話でのお問い合わせ・予約

0120-889-820

受付時間 8:00〜21:00

診療時間やアクセスなど、詳細は各院のページをご確認ください。