AGA治療に保険は適用される?月々の治療費や効果が実感できるまでの期間を解説 | AGAメディカルケアクリニック|オフィシャル

AGA治療に保険は適用される?月々の治療費や効果が実感できるまでの期間を解説

  • FacebookFacebook
  • B!HATENAB!HATENA
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
AGA治療は保険適応になる?

AGA治療を始めるにあたり、まず知っておきたいのが治療にかかるおおよその費用ですよね。

「AGA治療に保険は適用されるのか?」
「月々の費用相場はどれくらい?」

というお問い合わせをいただくことが多いので、今回はAGA治療の治療費に関する情報をまとめてみました。

効果を実感できるまでの期間についても解説していくので、年間の費用相場を計算するのに役立ててください。

AGA治療に保険は適用されない

AGA治療では、健康保険が適用されません。

なぜ保険が適用されないのか、その理由を詳しく解説していきます。

AGA治療は保険が適用にならない自由診療

AGA治療で保険が適用されないのは、AGAが日常生活を送る上で治療が必要な病気orケガではないとみなされているからです。

例えば、風邪による発熱や頭痛は、放置すると身体に悪影響を及ぼし、最悪の場合死に至ることも考えられます。

骨折などのけがも同様で、治療をしなければ身体を自由に動かすことができず、健康的な日常生活を送ることができなくなります。

一方AGAは、抜け毛が増加することはあっても、それが原因で健康被害を及ぼすことはありません。

薄毛によって身体のどこかが不調になることはないという理由から、保険が適用にならない自由診療と扱われているのです。

治療費はクリニックによって異なる

保険適用外の自由診療は、クリニックが独自に治療費を決定します。

同じ治療内容でも、各クリニックで料金が異なるというのはよくある話なので、治療費を比較してクリニック選びをされる患者様は多いです。

AGA治療は医療費控除も適用外

医療費控除とは、1年間で支払った医療費の合計が一定の金額を超えた場合、その医療費を基に計算した金額を受け取れる制度のことです。

大きな手術を受けたり、長期にわたって通院した時に対象となることがありますが、残念ながらAGA治療はこの制度も適用外となります。

これは、AGA治療が医療費控除の対象外とされる「美容目的の治療」とみなされているのが大きな理由です。

ただし、各税務署の判断によって異なるケースもあるみたいですので、患者様ご自身の税務署に詳しくご相談されることをおすすめいたします。

皮膚科でAGA治療を受ければ保険適用になるか?

皮膚科でAGA治療を受けても、治療費が全額自己負担であることに変わりはありません。

これは、専門クリニックでも一般の皮膚科でも、AGA治療=自由診療という認識が共通しているからです。

薄毛の症状で保険が適用になる例としては、

  • 円形脱毛症
  • びまん性脱毛症
  • 脂漏性脱毛症

などがありますが、治療内容によって保険が適用されない方法もあります。

  保険が適用になる治療 保険が適用にならない治療
円形脱毛症 内服薬、外用薬、ステロイド局所注射、紫外線療法、冷却療法など 局所免疫療法
びまん性脱毛症 外用薬(主成分:カルプロニウム塩化物) 内服薬、外用薬(ミノキシジル)
脂漏性脱毛症 外用薬 ケミカルピーリング、イオン導入など

このように、AGA以外の脱毛症でも、保険が適用となる治療とそうでない治療があり、皮膚科を受診したからといって全ての治療に保険が適用されるわけではないのです。

もちろん、どの治療を受けるかの選択権は患者様にありますし、自由診療の治療を受ける場合、患者様と病院の間で正式な契約を交わさなければなりません。

自由診療と聞くと、保険が適用されず治療費が高いというイメージがありますが、患者様ご自身で治療法を選択できることや、最先端の医療が受けられる点は大きなメリットと言えます。

いずれにせよ、どこの医療機関を受診しても、AGA治療で保険が適用されることはありません。

それならば、AGA治療を専門としているクリニックを受診する方が、より高い薄毛改善効果が期待できるでしょう。

AGA治療の費用相場は月々15,000〜30,000円

AGA治療の費用相場は、月々15,000〜30,000円と言われています。

ここからは、費用の大まかな内訳について解説していきます。

費用の大半を占めるのは薬代

主なAGA治療薬には、

  • プロペシア(フィナステリド)
  • ザガーロ(デュタステリド)
  • ミノキシジル

などの種類があり、費用の大半はこれらの薬代が占めています。

薬の種類によって効果は異なり、進行レベルによって複数の薬を処方されることがあります。

初診料や検査代が無料のクリニックもある

クリニックが独自に料金を設定するAGA治療では、初診料やカウンセリング料、検査代などを無料にしているクリニックがあります。

料金は各クリニックのホームページでも確認できるで、費用の相場を知りたい方は気になるクリニックのホームページをチェックしてみるのもいいでしょう。

ちなみに、当クリニックでは、

  • 初診料/再診料
  • カウンセリング料(毛髪診断士®によるカウンセリング)
  • 血液検査

を無料で行なっています。

植毛など大がかりな治療は1回の治療費が300万を超えるケースもある

AGA治療は、内服薬や外用薬以外に、注入薬や植毛といった治療法があり、注入薬での治療は1年で50〜100万円、植毛だと300万円を超えるケースもあります。

治療費が高額でも保険は適用とならないので、金額を聞いて治療を諦めてしまう方は少なくありません。

ただ、AGAは内服薬や外用薬だけでも改善できることが多いので、いきなり高額な治療をスタートする必要はありません。

当クリニックでは、患者様の希望を伺いながら、一人ひとりに合った治療戦略を提案させていただきます。

不必要な検査や過度な治療で高額な治療を行なうことはありませんので、不安なことはまず担当医までご相談ください。

AGA治療薬の相場

AGA治療では、費用の大半を占めるのが薬代だとお伝えしました。

ここからは、薬の種類別の費用相場について解説していきます。

薬の種類 効果 1ヶ月の費用相場
プロペシア(フィナステリド) 薄毛の進行を予防 5,000〜8,000円
ザガーロ(デュタステリド) 薄毛の進行を予防し、髪を太く長く成長させる 8,000〜10,000円
ミノキシジル 発毛効果 10,000円〜

①プロペシア(フィナステリド)の相場

プロペシアの1ヶ月あたりの費用相場は、5,000〜8,000円です。

プロペシアは、AGA発症のきっかけとなる5αリダクターゼの働きを阻害することで、薄毛の進行を遅らせる薬です。

ブログ写真

2020.06.26

プロペシアの効果と副作用が起きる確率|1年服用を続けた場合の薄毛の改善例を写真付きで解説

②ザガーロ(デュタステリド)の相場

ザガーロの1ヶ月あたりの費用相場は、8,000〜10,000円です。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があるのですが、プロペシアがⅡ型のみに作用するのに対し、ザガーロはⅠ型とⅡ型両方に働きかけます。

Ⅰ型は全身の皮脂腺に、Ⅱ型は生え際や頭頂部に多く存在するので、Ⅰ型とⅡ型どちらにも作用するザガーロは、プロペシアよりも広い範囲の薄毛に有効であるというわけです。

また、ザガーロには薄毛の進行を遅らせる以外にも、1本1本の髪を太く長く成長させる効果も期待できます。

これは、毛髪数や毛の太さを比較する国際共同試験によって明らかにされていて、プロペシアよりもザガーロを服用した患者の方が、発毛効果が1.6倍高かったという結果が出ています。

引用:国際共同試験(グラクソ・スミスクライン「製品情報概要」)

よって、プロペシアで思うような効果が見られない患者様の場合、ザガーロへ変更して治療を継続していただくことがあります。

ブログ写真

2020.06.26

ザガーロ(デュタステリド)の効果と副作用|写真で期間と効果を解説

③ミノキシジルの相場

ミノキシジルの1ヶ月あたりの費用相場は、10,000円〜です。

ミノキシジルには、頭皮の血行改善や髪の成長因子の産生を促進する効果があり、使用を継続することで薄毛部位を発毛させることができます。

ただし、ミノキシジルで発毛させても、ヘアサイクルが乱れたままでは薄毛の進行は予防できないので、プロペシアやザガーロと併用しながら予防と発毛両方にアプローチしていきます。

ブログ写真

2020.06.26

ミノキシジルの効果とリスク|効き目を実感できるまでの期間や副作用が起きる確率を解説

AGA治療の効果が実感できるまでにかかる時間|平均的な期間は3〜6ヶ月

AGA治療の効果が実感できるようになるまで、早い方だと3ヶ月、平均だと6ヶ月ほど時間がかかります。

AGAは治療を継続することが基本となるので、年間にかかる費用や、支払いの負担を軽減する方法についても解説していきます。

AGA治療は最低1年を目標に継続

当クリニックでは、全ての患者様に最低1年はAGA治療を続けていただくことをお願いしています。

AGA治療では、乱れたヘアサイクルを正常に戻すことを第一に考えるのですが、正常化されるまでには数ヶ月から1年ほど時間がかかります。

数ヶ月で効果が見え始めても、急に治療を中断すると再び薄毛が進行しますので、まずは1年じっくりと治療を継続していただきます。

一定の効果が見られれば減薬によって費用の負担を軽減できる

AGA治療では、一定の効果が実感できるようになると、薬の量や種類を変更することがあります。

うまく減薬できれば、月々25,000円かかっていた治療費が1万円台になるなど、費用の負担を軽減することにもつながります。

ただし、減薬によって薄毛が進行してしまうケースもあるので、減薬の方法やタイミングについては慎重に行なわなければなりません。

自己判断による治療の中断は薄毛を再発させる可能性が高い

AGA治療薬の効果が持続するのは、服用を継続している間のみです。

薬をやめれば再び薄毛が進行しますし、薬の飲み忘れが多いと十分な効果は期待できません。

効果を実感できたからといって、患者様ご自身で治療を中断することはおやめください。

減薬や今後の治療方針について気になることがあれば、まず担当医にご相談をお願いします。

費用が気になる場合は無料カウンセリングを利用しよう

AGAや治療費用に関することは、人には相談しにくい悩みです。

ただ、悩んでいる間にもAGAはどんどん進行していくので、薄毛が気になり始めた時点で専門医へ相談することが大切です。

当クリニックでは、無料カウンセリングやLINEでのAGA診断を行なっていますので、薄毛にお悩みの方はお気軽にお問い合わせいただければと思います。

まとめ

保険が適用にならないAGA治療では、費用が高額になることを心配されて、なかなか治療に踏み出せない患者様が多いです。

月々の費用は薄毛の状態によって異なりますので、まずは当クリニックの無料カウンセリングをご利用ください。

理想のイメージやご予算などをふまえて、一人ひとりの患者様に合わせた治療内容をご提案させていただきます。

ハンドスピーカーアイコン

【記事の監修】

本記事は20代30代専門の薄毛治療院であるAGAメディカルケアクリニックが監修しています。

Category