AGAに育毛剤・発毛剤は効果あり?違いやM字ハゲ・頭頂部に毛が生えるのか徹底解説 | AGAメディカルケアクリニック|オフィシャル

AGAに育毛剤・発毛剤は効果あり?違いやM字ハゲ・頭頂部に毛が生えるのか徹底解説

  • FacebookFacebook
  • B!HATENAB!HATENA
  • TwitterTwitter
  • LINELINE

日本人男性の3人に1人が抱える薄毛の悩み。

AGAという言葉も浸透しつつある昨今、「髪の毛が生える」と謳った商品は数多く売られています。

手頃な値段で買えるようになった育毛剤ですが、実はあなたの頭皮には効果が無いかもしれません。

「育毛剤」と「発毛剤」、よく似ている言葉ですが、その違いを知っていますか?

この記事では、

  • 育毛剤と発毛剤の違い
  • AGAに本当に効果があるのはどちらなの
  • M字ハゲや頭頂部の薄毛に効果があるのか

について、詳しく解説していきます。

育毛剤と発毛剤の違いは?抜け毛を抑えるか・新たに生える毛を増やすか

ポイント

育毛剤と発毛剤は混同されがちですが、実は似て非なるもので、目的によって使い分ける必要があります。

育毛剤 発毛剤
分類 医薬部外品 医薬品
用途 ・頭皮の環境を改善する
・抜け毛を予防する
・毛を生やす働きをする
・薄毛の治療に用いる
対象 健常な方 AGAなど壮年性脱毛症の方

育毛剤は主に頭皮にアプローチするアイテムです。頭皮の栄養を補給し、頭皮の環境を改善することで今ある髪の毛を太く強く育て、抜け毛を抑制する働きをします。

一方発毛剤は、毛根部に働きかけ、細胞分裂を活発にすることで新たに生える毛を増やす働きをします。

一般的な肌や頭皮の外用に関する商品は、薬事法によって

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

と効能の範囲が明確に分けられており、発毛剤は病気の治療を目的とした「医薬品」に分類されています。

育毛剤は予防や衛生を目的とした「医薬部外品」もしくは効能がさらに緩和されている「化粧品」に分類されています。

「薄毛が進行していないけれど、予防をしたい」という場合には育毛剤を、「薄毛が進行しており、発毛を促進したい」という場合には発毛剤の使用がおすすめです。

AGA(男性型脱毛症)とは|進行性の脱毛症

AGAとは男性型脱毛症のことで、頭頂部の髪の毛が薄くなったり、額の生え際が後退するといった進行性の脱毛症です。毛が成長する前に抜けてしまい、新たに生えてくる毛は徐々に細く柔らかくなっていくため、薄毛が目立つようになります。

AGAは男性に発症することが多く、30~40代になると急激に発症率が高くなります。脱毛の原因の90%がAGAであり、日本人の成人男性の約3人に1人がAGAの可能性があると言われています。

AGAには特徴的な進行パターンがあり、頭頂部の毛髪か額の生え際のどちらか一方から、もしくは両方から薄くなります。

女性でもAGAを発症する可能性があり、発症率が高いのは更年期以降の50代です。

女性の薄毛はAGAに「Female」の頭文字を加えたFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれていますが、近年ではAGAとは症状や原因が異なることがわかってきたため、FPHL(Female Pattern Hair Loss)」とも呼ばれています。

AGAの原因|男性ホルモン

AGAの発症には、遺伝や生活習慣、ストレスなど様々な要因が関係していますが、中でも男性ホルモンが大きく影響していると考えられています。

髪の毛は独自のサイクルで成長し抜けていきます。これをヘアサイクル(毛周期)といい、毛は毎日抜け代わっています。

通常のヘアサイクルは2~6年かけて髪の毛が成長し、抜けてしまってもすぐに新たに発毛するようになっています。

AGA発症のきっかけは、男性ホルモンの1つであるテストステロンに「5αリダクターゼ」という酵素が結びつくことで、ジヒドロテストステロン(DHT)という別の男性ホルモンに変換されることから始まります。

DHTは、「男性ホルモンレセプター」という受容体と結びつくことによって、抜け毛の原因となる脱毛因子「TGF-β」を増加させます。

これにより、ヘアサイクルが数ヶ月~1年と短くなり毛が太く成長する前に抜けてしまうため、毛が細くなったり、抜け毛が多くなるのです。

AGAのチェックリスト

パソコンと問診票と医者

AGAの可能性があるか知るために、セルフチェックしてみましょう。

※なお、このチェックシートはAGAの可能性を示唆するものであり、診断結果を示すものではありません。

  1. 父、もしくは父方の祖父母のいずれかに薄毛の人がいる
  2. 母、もしくは母方の祖父母のいずれかに薄毛の人がいる
  3. 最近抜け毛が増えたと感じる
  4. 昔に比べ髪の毛が細く柔らかくなった
  5. 成人してから髪の毛が薄くなったと感じる
  6. 徐々に薄毛が進行している
  7. 額の生え際あたりから髪の毛が後退している
  8. 頭頂部の髪の毛が薄くなっている
  9. 額の生え際と頭頂部の双方から髪の毛が薄くなっている

◆チェックの数が0

AGAには該当せず、良い頭皮の状態です。

◆①、②のみチェックした方

AGAの要素はありますが今後も頭皮を清潔に保ち、ケアしていくことで発症するリスクを下げることができます。

◆チェックの数が①、②以外で2つ以上

AGAの可能性があります。AGAは進行性であり、早めにAGA専門の医療機関を受診することをおすすめします。

◆すべてに当てはまる

AGAの可能性が高く、すでに症状が進行していると考えられます。AGAの治療は症状が軽いうちに始めると反応が早いですので、まずはAGA治療を行っている医療機関で相談してみましょう。

育毛剤の特徴と効果|頭皮環境を整える医薬部外品

男性の生え際

育毛剤は頭皮の血行を促進したり、頭皮に栄養を与えたりすることで今生えている髪の毛を健やかに維持する、という特徴があります。

畑に例えると、頭皮は土壌です。土壌が悪いと作物が育たないのと同じように、頭皮も乾燥し、雑菌が繁殖している状態だと髪は太く強く育ちません。

育毛剤で頭皮の環境を改善すると、今生えている髪が抜けにくくなるだけでなく、余分な皮脂の分泌を防いでフケやかゆみなどの頭皮トラブルを予防する効果も期待できます。

また、育毛剤は厚生労働省が許可している効果・効能を持つ成分を一定以上の濃度で含んでいることを示す「医薬部外品」に分類されているものが多く、医薬品のような即効性はありませんが、副作用のリスクが低いという特徴があります。

ハンドスピーカーアイコン

育毛剤がAGAに効果がないと言われる理由

AGAの抜け毛は、DHTの作用によりヘアサイクルが乱れることで起こります。

健康な毛髪は次のようなサイクルで生え変わります。

  • 休止期…新しい髪の毛を作る
  • 成長期…毛を伸ばして太くする
  • 退行期…毛が抜ける

AGAの場合「成長期」に毛がしっかりと育たないまま抜けるようになります。

育毛剤によって頭皮の環境を整えても、ヘアサイクルを正常に戻すことはできません。

このことから、育毛剤はAGA治療に効果がない、と言われています。

また、育毛剤には頭皮の血行を促進し、頭皮の環境を整える成分が含まれていますが、これらの成分はAGAのような薄毛に対して医学的な効果は示されていません。

AGAによる薄毛を改善するためには、医学的に効果が示された治療薬を使って治療する必要があります。

発毛剤の特徴と効果|ミノキシジルで発毛効果あり

ヘアスタイルを気にする男性

発毛剤には厚生労働省が発毛効果を認めた有効成分「ミノキシジル」が含まれています。

ミノキシジルには、血管を拡張させて血圧を下げる作用があり、元々は高血圧の治療薬として使われていました。

ミノキシジルを使用した患者さんが毛深くなるという副作用が多数報告され、研究の結果ミノキシジルは毛根を包む組織である「毛包」に直接作用し、毛包の中にある髪の毛を作るもととなる毛母細胞への血流を増加させることから、発毛効果があることが分かりました。

AGAではヘアサイクルの乱れによって髪の成長期が短くなってしまいますが、ミノキシジルには髪の毛の成長を促す効果もあるため、新しく髪が生えてくる際に「太さとコシ」をもたらし、ヘアサイクルを正常に戻す働きをします。

ハンドスピーカーアイコン

ミノキシジル配合の発毛剤は女性でも使えるの?

日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」によると、ミノキシジルの外用薬(塗り薬)による薄毛治療は男性だけでなく女性にも強く推奨されています。
引用元:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

ただし、

  • 妊娠中の使用については安全性が不明である
  • 母乳中にミノキシジルの成分が乳児に移行してしまう

といったことから、妊娠・授乳中の使用は避ける必要があります。

また、男性と女性では推奨されている濃度が異なります。

【日本で認められているミノキシジルの濃度】
男性 5%以下
女性 2%以下

日本では男性用のミノキシジル配合剤は5%の濃度までを認めていますが、女性の場合にはミノキシジルの濃度が2%以上は認可されていません。これは、女性に対しての臨床試験がまだ1%濃度までしか行われていないためです。

女性が発毛剤を使用する場合は認可されているミノキシジルの濃度が1%以下のものを選ぶようにしましょう。

効果を求めるならAGA治療を

AGAによる薄毛はセルフケアで高い発毛効果を得るのは難しく、医学的に効果が示された治療薬を使って治療する必要があります。

AGA治療の発展により、今や治療が出来る時代となりました。ここでは、AGAの主な治療薬や最新の治療法である注入治療、育毛メソセラピーについてご紹介します。

①フィナステリド・デュタステリド|抜け毛の予防

前述したとおり、男性ホルモン(テストステロン)は5αリダクターゼという酵素の働きによってDHT(ジヒドロテストステロン)へと変換されます。

このDHTが男性ホルモン受容体と結合すると、抜け毛が増えたり、髪の毛の成長が短縮するヘアサイクルの異常が起こります。

フィナステリドには、5αリダクターゼを阻害することによってDHTの生成を抑制し、ヘアサイクルの異常を正常に戻す効果があります。

【フィナステリドの効果と副作用】

効果 副作用
フィナステリド ・5αリダクターゼⅠ型を阻害
・初期レベルのAGAに効果的
性欲減退、男性機能低下、アレルギー反応(発疹)、肝機能低下など
デュタステリド ・5αリダクターゼⅠ型Ⅱ型両方を阻害
・広範囲、特にM字の薄毛改善に優れた効果を発揮する
同上(ただし、性機能の低下といった頻度はデュタステリドの方が高い)

デュタステリドはフィナステリド同様に5aリダクターゼを阻害する薬です。5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、フィナステリドはⅡ型のみを阻害しますが、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を阻害する働きがあるため、治療効果はフィナステリドの1.5倍ともいわれています。

効果や副作用、費用の面からどちらを選択するかは医師の判断によります。ただし、フィナステリド、デュタステリドのどちらも妊娠中の胎児に影響を及ぼす可能性があるため、女性へは投薬しないこととなっています。

②ミノキシジル|血管を拡張し発毛促進

【ミノキシジルの効果と副作用】

効果 副作用
ミノキシジル 血管を拡張し毛母細胞を活性化させて発毛を促進する 血圧低下、めまい、動悸、息切れ、頭皮のかゆみなど

ミノキシジルには血管を拡げる作用があるため、髪のもととなる毛母細胞に髪を生やすための必要な酸素や栄養がしっかりと行き渡るようになります。

AGAが進行すると、毛母細胞を包む毛包はどんどん小さくなり、生えてくる毛も細くなってしまいますが、ミノキシジルにはヘアサイクルの「成長期」を維持する作用もあるため、小さくなった毛包を大きくし、毛を太く長く成長させる働きもあります。

さらに、髪の成長を促す成長因子と呼ばれる物質を産生する作用などがあり、これらの作用が複合的に働いて発毛効果をもたらすことが分かっています。

ミノキシジルには外用薬(塗り薬)と内服薬(飲み薬)がありますが、とくに内服薬(ミノキシジルタブレットなど)は約8%の人に何らかの副作用が発現することがわかっています。

そのため、通常は低容量のものから服用をはじめ、様子を見ながら徐々に量を調整していく必要があります。

近年では安く購入できる個人輸入などを通してミノタブなどを入手する方もいるようですが、安全に服用するために必ず薄毛専門のクリニックで処方してもらうようにしましょう。

③育毛メソセラピー|有効成分を直接注入

【育毛メソセラピーで注入する成分の効果と副作用】

効果 副作用
ミノキシジル 血管拡張、毛母細胞に働きかけ発毛を促進する 血圧低下、めまい、動悸、息切れ、頭皮のかゆみなど
ヒアルロン酸 血流を促進、髪に潤いを与える アレルギー
成長因子 細胞分裂を活性化、血流の促進、毛母細胞の働きの活性化など 極めて少ない

育毛メソセラピーは頭皮に直接有効成分を注入する治療方法です。

この治療法は、投薬治療に比べると効果が早くあらわれる、というメリットがあります。

使用する薬剤や注入方法はクリニックで異なり、注射針で頭皮に直接注入する方法や、レーザーや超音波を使って浸透させる方法などがあります。

レーザーや超音波を使用する方が注射針で頭皮に直接注入する治療法よりも痛みが軽減されますが、高度な機器が必要であるため、費用が高くなる傾向があります。

育毛メソセラピーで使われる薬剤は、次の通りです。

  • ミノキシジル
  • 髪の毛を作るために必要な栄養素
  • 特定の細胞の増殖を促進する成長因子

成長因子や栄養素の注入は、女性や持病がある人がAGA治療薬を服用できない場合にも行うことができ、薬剤による深刻な副作用の心配はほとんどありません。

育毛剤に関するよくある疑問4選

FAQ

市販と病院のミノキシジルの違いや、男性用と女性用の育毛剤の違いなど、ここでは育毛剤、発毛剤についてよくある疑問をご紹介します。

「育毛剤、発毛剤は初めて…」
「人に聞くのはためらってしまう…」

という方はぜひ参考にしてみてください。

Q.M字ハゲにも発毛剤は効果があるの?

M字ハゲは生え際の両サイドから脱毛が進行していくハゲ方で、他のタイプのハゲ方と比べると改善しにくいと言われています。

一般的に、額の生え際から眉毛までの長さが7cm以上だとM字ハゲの可能性があります。

M字ハゲはAGAでよく見られる症状であり、ミノキシジルが含まれている発毛剤による治療を行うことで効果が期待できます。

M字ハゲが進行すると頭頂部の薄毛も目立つようになり、治療に時間もお金もかかるようになってしまいます。

今ある髪の毛を育てる育毛剤ではAGAの進行を食い止めることは難しいため、早めに発毛剤に切り替えることをおすすめします。

Q.市販と病院のミノキシジルには違いがあるの?

市販のミノキシジルは「一般医薬品」であり、薬剤師のいる薬局で取り扱われています。

医師の処方が必要な「医療用医薬品」のミノキシジルとの違いは配合されている濃度です。

ミノキシジルの分類 濃度 発毛効果 副作用
一般医薬品 低い 医療用には劣る 起こりにくい
医療用医薬品 高い 高い 起こりやすい

Q.若ハゲなら育毛剤でも効果があるの?

若ハゲの中には10代、20代で発症するAGAもあります。

AGAの場合には前述した通り育毛剤で新たに髪を生やすことは難しいでしょう。AGAは一度発症すると自然治癒することはなく、徐々に進行していくため、早いうちに治療を受けることをおすすめします。

若ハゲは過度なストレスや生活習慣の乱れといったことが原因の場合も多く、セルフケアで対策できる場合もあります。

AGAでなければ、育毛剤で頭皮環境を整え、生活習慣を整えることで進行を抑える効果が期待できるでしょう。ただし、円形脱毛症やフケ、かゆみを伴う若ハゲの場合には皮膚科での専門的な治療が必要となることもあります。

Q.育毛剤は男性用と女性用で何が違うの?

男性用と女性用の育毛剤では、配合されている成分が異なります。

女性の薄毛の原因は

  • 過度なダイエットによる栄養不足
  • 出産や更年期などによる女性ホルモンのバランスの乱れ
  • 日々のストレスによる血流の悪化

などが考えられます。

女性の頭皮は男性の頭皮と比べると皮脂を分泌する皮脂腺が少ないという特徴があり、男性の頭皮よりも乾燥しやすくなっています。

そのため、女性の育毛剤には男性用よりも肌に優しい成分で、栄養や保湿成分、ホルモンバランスを整える成分などが含まれています。

男性用育毛剤は清涼感を出すためのアルコール類や有効成分の濃度が高いため、女性が使うと頭皮トラブルを起こす可能性があります。

まとめ

タブレットを見る医者

最後に発毛剤・育毛剤の違いをまとめます。

  • 育毛剤…抜け毛を抑えて今ある髪の毛を育てる
  • 発毛剤…新たに生える毛を増やす

薄毛の原因に多いAGAの場合には発毛剤が効果的です。

また、AGAの治療には塗り薬、飲み薬、注入治療などがあります。

いずれも保険適用外ではありますが、AGAは放っておくと徐々に進行していくため、早い段階で治療を開始した方が、発毛効果は高いことが分かっています。

ヘアサイクルが正常に近付くと抜け毛が減り、徐々に髪の毛が増えていきますが、効果を実感するまでには半年〜1年程度の時間がかかります。AGA治療は、途中で諦めずに治療を続けることが大切です。

薄毛は自分に自信が無くなり、外に出るのも嫌になるなど、人によっては強いストレスの原因となります。髪が増えると、自信を取り戻したり、積極的に社会と関われるようになるなど、気持ちが前向きになり生活の質の向上にも繋がります。

治療方法や副作用の出方には個人差があるため、まずはAGA治療を行っている医療機関に相談してみましょう。