フィンペシアの効果と安全性|国内未承認のAGA治療薬を個人輸入するリスクについて | AGAメディカルケアクリニック|オフィシャル

フィンペシアの効果と安全性|国内未承認のAGA治療薬を個人輸入するリスクについて

  • FacebookFacebook
  • B!HATENAB!HATENA
  • TwitterTwitter
  • LINELINE

AGA治療薬について調べると、フィンペシアという名前の薬を見かけることがあります。

フィンペシアについては「ほかの薬より安い」「発がん性成分が含まれる」などさまざまな情報が交錯しています。何が正解かわからないうちは不安ですが、安くて安全なら試したいとお考えの方もいるでしょう。

この記事では、AGA治療薬の一つ、フィンペシアに関する基本情報をまとめています。効果や安全性、起こりうる副作用もわかりやすく説明しているのでぜひ参考にしてください。

ハンドスピーカーアイコン

【この記事の監修者】

前田 祐助
AGAメディカルケアクリニック 統括院長

【経歴】
  • 慶應義塾大学医学部医学研究科卒業
  • 慶應義塾大学病院 初期臨床研修課程終了
  • 大手AGAクリニック(院長)を経て、2018年AGAメディカルケアクリニック新宿院を開設
院長挨拶はこちらから

フィンペシア(Finpecia)とは|インドの製薬会社が製造・販売するAGA治療薬

瓶から溢れる錠剤

フィンペシア(Finpecia)は、インドに本社を置くシプラという製薬会社が製造するAGA治療薬です。

シプラ社は抗生物質や抗がん剤、抗エイズ薬など幅広い種類の治療薬を製造する会社です。インドの製薬会社としては第2位の規模を誇り、シプラ社が製造する医薬品を使用している国は世界150ヶ国にものぼります。

主成分はフィナステリド

フィンペシアには、AGA発症のきっかけとなる還元酵素5αリダクターゼを阻害するフィナステリドが含まれます

フィナステリドは、世界中で広く使用されているAGA治療薬プロペシアの主成分です。

ブログ写真

2020.12.04

フィナステリドによるAGAの治療効果と副作用|購入方法や価格について詳しく解説

フィンペシアの効果

AGAとは脱毛の仕組み

フィンペシアの主成分フィナステリドには、5αリダクターゼのはたらきを抑制し、抜け毛や薄毛を予防する効果があります。

5αリダクターゼを阻害すると、薄毛ホルモンや脱毛因子の生成を阻止できます。「5αリダクターゼを制する者はAGAを制す」と言われるほど、AGA治療において5αリダクターゼの阻害作用は非常に重要なはたらきなのです。

ちなみに、フィンペシア自体に発毛効果はないので、服用しても髪が増えることはありません。

フィンペシアは日本未承認

フィナステリドが主成分であるという理由から、フィンペシア=プロペシアのジェネリック薬と表現されることがあります。

しかしながらこれは間違いで、厳密にはプロペシアの模倣薬(コピー品)という位置付けが正解です。フィンペシアはそもそも、日本ではAGA治療薬としての認可を受けていません。

日本で承認を受けたプロペシアのジェネリック薬は、その名称を「フィナステリド錠◯◯(会社名)」とするルールが定められています。フィンペシアがジェネリック薬でないことは、このルールに則った名称でないことからも明白です。

もしフィンペシアをプロペシアのジェネリック薬と理解されている方がいれば、それは誤った認識なのでご注意ください。

ブログ写真

2020.11.27

AGAとは|薄毛の原因や治療方法、髪の毛が生えるまでの期間を詳しく解説

フィンペシア服用で起こりうる3つの副作用

説明する医者

フィンペシアの主成分はフィナステリドなので、起こりうる副作用はプロペシアとほぼ同じです。

具体的な副作用には以下のものがあります。

  1. 性欲減退・勃起障害
  2. 肝機能障害
  3. かゆみ・湿疹

ここからはそれぞれの副作用についてより詳しい症状を見ていきましょう。

副作用①性欲減退・勃起障害

フィンペシアを服用すると性欲減退や勃起障害といった性に関する変化が見られることがあります。

添付文書ではこれらの副作用が「Frequent(頻発する)」と表記されており、頻度が少ない副作用としては精液量の減少や射精障害も報告されています。

副作用②肝機能障害

AGA治療薬は肝臓で代謝される薬のため、フィンペシアでも肝機能障害の副作用が認められることがあります。

具体的な症状は倦怠感・食欲不振・黄疸・むくみ・かゆみなどで、これらの症状が出た時は注意が必要です。

副作用③かゆみ・発疹

フィンペシアの副作用には皮膚のかゆみや発疹、じんましんなどが報告されています。

添付文書には、皮膚に見られる副作用の発生頻度は「unknown(不明)」と表記されています。

フィンペシアの購入方法

お札と小銭

フィンペシアは日本未承認の薬なので、購入できるルートが限定されています。

基本的には通販や個人輸入のみで、プロペシアやザガーロ(デュタステリド)と同じ方法では購入できません。

フィンペシアを取り扱うクリニックは非常に少ない

国の認可を受けていない=安全性が確認できないという理由から、フィンペシアの取り扱いがあるクリニックはほとんどありません

そもそもAGA治療の専門医は、プロペシア(フィナステリド)で十分な効果が得られることがわかっています。にもかかわらず、あえて未承認の薬を処方する必要がないというのが取り扱いクリニックが少ない一番の理由です。

国内で流通しているフィンペシアは個人輸入品がほとんど

日本でフィンペシアを服用している方のほとんどが、海外の医薬品を代行輸入しているお店で薬を購入しています。

海外の医薬品を入手する上で、もっとも大きなハードルとなるのは言語です。医薬品の添付文書には専門用語が多く、それを外国語で理解しようとするのはそう簡単ではありません。

加えて、医薬品の輸入にはさまざまな手続きが必要なので、すべて個人でやるには限界があります。そこで多くの方がたどり着くのが薬の代行輸入です。

薬の代行輸入ができるサイトでは、AGA治療薬以外にもさまざまな薬が購入できます。日本の承認薬よりも安く購入できるとあり、安易な気持ちで購入されている方は多いと聞いています。

一見便利に見える薬の個人輸入ですが、そのメリットばかりに注目するのはあまりに危険です。もし購入を検討するのであれば、個人輸入のリスクをしっかり理解してからでも遅くはないはずです。

フィンペシアを個人輸入するリスク

フィンペシアを含む国内未承認の薬を個人輸入するには、以下のリスクが伴います。

  • 偽造薬を購入する可能性がある
  • 用法用量を正しく理解できない可能性がある
  • 健康被害が生じる可能性がある
  • 副作用が起きても救済措置が受けられない

個人輸入の薬は、誰がどこでどのように入手したものかがわかりません。流通の過程で偽造薬にすり替えられる、あるいは最初からニセモノの薬を販売している可能性もあるでしょう。

トラブルがなく薄毛が改善すればいいですが、得体の知れない薬を体内に入れるのはあまりにハイリスクです。もし重大な副作用が起きたとしても、個人輸入の薬では国の救済措置は受けられません

過去には個人輸入で入手したED治療薬による死亡事故も発生しており、安易な気持ちで薬を個人輸入すべきではありません。価格の安さは魅力的かも知れませんが、それを上回るリスクがあることは十分にご理解いただきたいです。

ハンドスピーカーアイコン

フィンペシアに含まれる「キノリンイエロー」について

過去に製造されていたフィンペシアには、コーティング剤としてキノリンイエローという成分が使われていました。

キノリンイエローは発がん性や遺伝毒性が疑われる物質で、日本での使用は認められていません。(海外では着色料として使用している国がある)

その後、製造元であるシプラ社はキノリンイエローが含まれない「Fペシア」という薬の製造を開始。現在はキノリンイエロー配合のフィンペシアは販売が終了となっています。

フィンペシア服用時の3つの注意点

フィンペシア服用時は以下3つの点にご注意ください。

  1. 20歳未満は服用不可
  2. 女性の服用不可
  3. プロペシアやフィナステリドとの併用不可

ここからはそれぞれの理由を見ていきましょう。

注意点①20歳未満は服用不可

フィンペシアに限らずですが、20歳未満の方はAGA治療薬を服用することはできません。

これは未成年に対する薬の有効性や安全性が確立していないのが理由です。フィンペシアには男性ホルモンに作用するフィナステリドが含まれるので、成長過程にある未成年の健康を考慮して年齢制限が定められています。

年齢を詐称して購入したり、他人から譲り受けたりして服用するのは絶対にやめてください。

注意点②女性の服用不可

フィンペシアの主成分であるフィナステリドは、女性の薄毛治療に関する有効性が確認されておりません。

これはフィナステリドの臨床試験で明らかになった事実であり、日本皮膚科学会のガイドライン内でも示されています。服用したところで薄毛改善の効果がないので、女性の薄毛治療には不向きの治療薬といえます。

また、フィンペシアは男性ホルモンに作用する薬なので、男性ホルモン量が少ない女性ではホルモンバランスの乱れを招く恐れがあります。ホルモンバランスの不調は頭痛や吐き気の原因となるため、そのようなリスクを抱えてまで服用すべきではありません。

加えて、妊娠中の方またはその可能性がある方、授乳中の方のフィンペシア服用は禁忌です。割れたり粉々になった錠剤に触れるのもNG(成分が皮膚から吸収するため)なのでご注意ください。

注意点③プロペシアやフィナステリドとの併用不可

フィンペシアは、プロペシアやフィナステリド錠と同じフィナステリドが主成分の薬です。

より高い効果を求めて併用を考える方がいますが、いずれの薬も1日1回1錠が用量なので組み合わせて服用することはできません。併用したからといって効果が出やすくなることはなく、むしろ健康被害のリスクを高めるだけです。

安全な薄毛対策はクリニックに相談するのが最善

書類を見る医者

AGA治療は継続してこそ効果を実感できるものなので、薬の服用期間が長くなるにつれ治療費を安く抑えたいという気持ちが出てくるものです。

その結果「同等の効果が得られるなら…」と個人輸入の薬に手を出してしまう方がいるのですが、それは決して安全な治療とはいえません。

フィンペシア自体を否定するわけではありませんが、クリニックの立場としてはリスクの高い治療法をあえて選択する必要はないと考えます。副作用が絶対に起こらない薬はないので、医師の診察のもと安全な治療を受けていただきたいというのが我々の願いです。

フィンペシアの個人輸入をお考えの方へ|安全な治療のためまずは当院までご相談ください

手を差し伸べる医者

薄毛の悩みは人に打ち明けにくく、誰にも会わずに薬を手に入れたいと考える方は多いです。

個人輸入で入手できるフィンペシアは、そんな方の希望を叶えるには便利な薬かもしれません。しかしながら、それ以上に大きなリスクがあることも忘れないでください。

当院はこれまでに3万人以上の患者様を治療し、99.2%の方に効果を実感していただきました。薄毛の改善はもちろんですが、患者様が安心して治療を続けられるよう万全のサポート体制を整えております。

AGA治療を前向きに検討されているのでしたら、まずは当院までご相談ください。男性の薄毛治療の実績が豊富な専門医が、一人ひとりの症状に合わせて最善の治療法をご提案します。