アボルブの効果と副作用|デュタステリドとの違いや服用時の注意点を詳しく解説 | AGAメディカルケアクリニック|オフィシャル

アボルブの効果と副作用|デュタステリドとの違いや服用時の注意点を詳しく解説

  • FacebookFacebook
  • B!HATENAB!HATENA
  • TwitterTwitter
  • LINELINE

AGA治療薬について調べると「アボルブ」というお薬の名前を目にすることがあります。

アボルブは個人輸入や通販でも購入できるため、クリニックを受診せずにアボルブを入手している方がいるかもしれません。

結論からいいますと、アボルブはAGA治療にはお使いいただけません。自己判断で個人輸入をするのは危険なので、薄毛改善のためにアボルブを服用することはおやめください。

この記事では、アボルブに薄毛治療の効果があると言われるようになった理由をお伝えします。デュタステリドやザガーロとの違いも説明しますので、アボルブについての理解を深めたい方はぜひ参考にしてください。

ハンドスピーカーアイコン

【この記事の監修者】

前田 祐助
AGAメディカルケアクリニック 統括院長

【経歴】
  • 慶應義塾大学医学部医学研究科卒業
  • 慶應義塾大学病院 初期臨床研修課程終了
  • 大手AGAクリニック(院長)を経て、2018年AGAメディカルケアクリニック新宿院を開設
院長挨拶はこちらから

アボルブとは|デュタステリドを主成分とする前立腺肥大症の治療薬

治療薬名 アボルブカプセル0.5mg
主成分 デュタステリド
効果効能 前立腺肥大症の治療
服用方法 1日1回1カプセル
薬価 203.1円/カプセル(2021年8月現在)

アボルブは前立腺肥大症の症状を改善するためのお薬です。

デュタステリドを主成分とし、英国グラクソ・スミスクライン社で開発されました。2001年に米国、2002年にはヨーロッパで承認され、現在は世界100ヶ国以上で使用されています。(※ジェネリックを含む)

5αリダクターゼを阻害しDHTの生成を抑制

アボルブの主成分であるデュタステリドには、5αリダクターゼという還元酵素を阻害する働きがあります。

5αリダクターゼは、テストステロンをより強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に変換させます。前立腺肥大症の発症にはDHTが関与すると考えられているため、アボルブによって前立腺を縮小させることが治療の目的です。

前立腺肥大による尿トラブルを改善

アボルブには以下の排尿トラブルを改善する効果が期待されています。

  • 残尿感がある
  • 尿が溜められない
  • 頻尿である
  • 力まなければ排尿できない
  • 尿の勢いが弱い
  • 1回の排尿にかかる時間が長い

前立腺肥大症の治療には、アボルブ以外にも抗アンドロゲン薬やα1受容体遮断薬、生薬・漢方薬を処方されることがあります。

アボルブに発毛効果があるって本当?

患者様から「アボルブで薄毛治療はできますか?」というご質問をいただくことがありますが、当院では「No」とお伝えしています。

クリニックによってはAGA治療薬として取り扱っている場合もあるようですが、当院ではアボルブをAGA治療薬としては使用いたしません

なぜ前立腺肥大症の治療薬アボルブでAGAが治ると言われるようになったのか、ここからはその理由を解説していきます。

アボルブにAGA治療薬としての適応はない

繰り返しになりますが、アボルブはAGAの治療薬ではありません。

誤った理解が広まった理由として考えられるのが、アボルブとザガーロ(デュタステリド錠)の主成分が同じであることです。

両者はどちらもデュタステリドを主成分とするお薬です。5αリダクターゼの阻害作用によりアボルブは前立腺の縮小、ザガーロは薄毛の進行を予防する目的で使用されます。

同一主成分であるため、正確にはアボルブでもザガーロと同じ効果が得られます。しかし、厚生労働省の許認可の関係でアボルブをAGA治療薬として使うことができないのです。

AGA治療薬の代用として使用することは不可

患者様の中には、主成分が同じならばザガーロよりも薬価の安いアボルブで治療したいと考える方がいます。

当院ではアボルブをAGA治療薬の代用として処方することは行なっておりません。なぜなら、アボルブでAGA治療を行い、もし重大な副作用が生じたとしても国が定める救済措置は受けられないからです。

薄毛治療を安全に続けるためにも、お薬は適用のあるものを正しくご使用ください。

アボルブ・デュタステリド・ザガーロの違い

飲み薬

アボルブと比較されることの多いデュタステリドとザガーロには、それぞれ以下の違いがあります。

アボルブ デュタステリドAV ザガーロ デュタステリドZA
効果効能 前立腺肥大症の治療 前立腺肥大症の治療 AGA(男性型脱毛症)の治療 AGA(男性型脱毛症)の治療
主成分 デュタステリド デュタステリド デュタステリド デュタステリド
分類 先発薬(新薬) 後発薬(ジェネリック) 先発薬(新薬) 後発薬(ジェネリック)

上記すべてのお薬に共通するのは、主成分がデュタステリドであるという点です。

デュタステリドには5αリダクターゼの阻害効果があり、アボルブとデュタステリドAVでは前立腺肥大を改善します。一方ザガーロとデュタステリドZAでは、AGAによる薄毛の進行を予防します。

アボルブとザガーロのジェネリック医薬品は、それぞれデュタステリドAVとデュタステリドZAです。

アボルブ服用で起こりうる副作用

国内で行われたアボルブの臨床試験では、副作用について以下の結果が報告されています。

起こりうる副作用 症例数(割合)
勃起不全 13例(3.2%)
リビドー(性欲)減退 7例(1.7%)
乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感など) 6例(1.5%)

参考:アボルブカプセル0.5mg添付文書

※調査症例403例。うち副作用が認められたのは44例(10.9%)

これらの症状は、主成分が同じであるザガーロやデュタステリドでも起こりうるものです。

また、重大な副作用として肝機能障害(1.5%)や黄疸(頻度不明)なども報告があります。このほかにもアボルブの服用開始後に体調の変化が見られた時は、担当医または薬剤師にご相談ください。

アボルブ服用時の注意点

手でバツを作る医者

アボルブを服用する際は以下3つのポイントにご注意ください。

  1. 女性と子どもの服用はNG
  2. PSA検査では申告が必要
  3. AGA治療中の方は担当医へ要相談

ここからはそれぞれの注意点についてより詳しく解説していきます。

注意点①女性と子どもの服用はNG

アボルブの主成分であるデュタステリドには、5αリダクターゼを阻害し男性ホルモン(DHT)に作用するはたらきがあります。

よって女性(とくに妊娠中や授乳中の方)や子どもが服用することは禁止されています。デュタステリドは経皮吸収されるので、お薬に触れることもNGです。

注意点②PSA検査では申告が必要

前立腺がんの有無を調べるPSA検査(腫瘍マーカー)を受ける際は、アボルブ服用について申告しなければなりません。

というのも、アボルブには血液中のPSAを減少させるはたらきがあります。アボルブを服用していることがわかれば、あらかじめお薬の効果による影響を考慮できます。

しかし、申告なしではPSA検査の結果を正確に診断できません。以上の理由から、PSA検査の際はアボルブ服用について必ず申告しましょう。

注意点③AGA治療中の方は担当医へ要相談

アボルブとザガーロは、どちらも5αリダクターゼの阻害薬です。

お薬は用法用量を守った上ではじめて効果を実感できるものであり、同一の主成分を含む両者の併用については医師に相談すべきです。

AGA治療を受けている方がアボルブの処方を受けた時は、前立腺肥大症の治療と並行できるかを担当医にご確認ください。

アボルブにまつわるよくある質問

Q&A

ここからはアボルブに関して患者様から多くいただくご質問にお答えしていきます。

Q.アボルブに飲み合わせNGな薬はありますか?

以下はアボルブとの併用を注意すべきお薬についての情報です。

お薬の名称 CYP3A4阻害作用を有するお薬(リトナビルなど)
注意しなければいけない理由 併用によりアボルブの血中濃度が上昇する可能性がある
お薬のメカニズム CYP3A4によってアボルブの代謝を阻害

参考:デュタステリドカプセル0.5mgAV「サワイ」添付文書

リトナビルはヒト免疫不全ウイルスや、C型肝炎ウイルス感染症の治療に用いられるお薬です。

Q.アボルブは一包化できますか?

アボルブは軟カプセルなので一包化には不向きです。

Q.アボルブは長期投与しても問題ありませんか?

アボルブの添付文書をみる限りでは、長期投与してはいけないとう注意書きはありません。

治療経過が順調であり、副作用も気にならなければ長く服用することが可能です。

薄毛治療を検討されている方は当院までご相談ください

ネットには「アボルブで薄毛が治る」という誤った情報が広がっています。

確かにアボルブにはAGA治療薬と同一の成分が含まれます。しかし、アボルブの有効性が確認されている適応疾患は前立腺肥大症のみです。

AGA治療薬を取り扱う通販サイトもありますが、効果や副作用のリスクを考えてもクリニックで症状に合わせたお薬を処方してもらうのが一番有効です。

薄毛やクリニック選びでお悩みの方は、AGA治療の実績が豊富な当院までお問い合わせください。一人ひとりの症状に合わせて、最善の治療をご提案させていただきます。

Category

お電話でのお問い合わせ・予約

0120-889-820

受付時間 8:00〜21:00

診療時間やアクセスなど、詳細は各院のページをご確認ください。