発毛メソセラピーとは|AGAへの効果と副作用・ダーマローラーやHARG療法との違いを徹底解説 | AGAメディカルケアクリニック|オフィシャル

発毛メソセラピーとは|AGAへの効果と副作用・ダーマローラーやHARG療法との違いを徹底解説

  • FacebookFacebook
  • B!HATENAB!HATENA
  • TwitterTwitter
  • LINELINE

発毛メソセラピー(育毛メソセラピーともいう)は、頭皮に発毛効果のある薬液を直接注入するAGA治療法の一つです。

内服薬や外用薬よりも早く効果が出ると注目を集めていますが、本当に発毛するのか、費用に見合った効果があるのか不安を感じる方もいるでしょう。

「発毛メソセラピーの効果が知りたい」
「痛みや副作用はあるの?」
「HARG療法との違いは何?」

このような疑問にお答えするため、このページでは発毛メソセラピーの効果や施術内容、副作用や費用についてわかりやすく解説していきます。

ハンドスピーカーアイコン

【この記事の監修者】

前田 祐助
AGAメディカルケアクリニック 統括院長

【経歴】
  • 慶應義塾大学医学部医学研究科卒業
  • 慶應義塾大学病院 初期臨床研修課程終了
  • 大手AGAクリニック(院長)を経て、2018年AGAメディカルケアクリニック新宿院を開設
院長挨拶はこちらから

目次

発毛メソセラピーとは|有効成分を頭皮に直接し発毛を促す新しい治療法

発毛メソセラピーとは、発毛効果の高い有効成分を頭皮に直接注入し、髪の成長を促す治療法です。

AGA治療では、内服薬や外用薬などの内服治療をメインに行うのが一般的です。治療開始後3〜6ヶ月ほどで薬の効果を実感できるようになりますが、患者様の中にはできるだけ早く、より多く発毛させたいと希望する方もいらっしゃいます。

そんな患者様の希望を叶えるために誕生した治療法が、発毛メソセラピーです。

発毛メソセラピーは、基本となる内服治療の補助をし、発毛効果が実感できるまでの期間を短縮させます。内服のみの治療よりも早く毛髪に変化が見られるので、できるだけ早く薄毛を改善したい方におすすめです。

また、発毛メソセラピーは持病や体質が原因で内服治療が受けられない方にも有効です。注入する薬液は身体に害のない成分なので、内服薬に比べて副作用が少ない点は大きなメリットと言えるでしょう。

具体的な成分については以下で詳しく解説していきます。

発毛メソセラピーの成分

発毛メソセラピーで使用する薬液の成分は、大きく3つの種類に分類されます。

  1. 内服治療と同じ成分(ミノキシジルなど)
  2. 成長因子(インスリン様成長因子、線維芽細胞成長因子など)
  3. 栄養素(亜鉛、ミネラル、銅ペプチドなど)

男性の薄毛は、遺伝やストレス、不規則な生活習慣などにより頭皮環境が悪化する引き起こすことで生じるものです。

頭皮環境の悪化は、髪の成長因子が正常に機能しなくなるだけでなく、成長因子そのものの減少につながります。

発毛メソセラピーでは、薄毛男性に不足しがちな髪の成長因子や、発毛をサポートする栄養素を直接頭皮に注入します。これによって乱れたヘアサイクルを正常化させ、発毛に適した頭皮環境を整えるのです。

ちなみに、ブレンドする成分はクリニックによって異なります。当院では、発毛効果に優れたミノキシジルをはじめ、発毛効果と育毛効果の高い成分を使用しています。

◆当院で使用する成分とその効果◆

成分の種類 効果
ミノキシジル 血管拡張作用によって頭皮の血行を改善。毛乳頭細胞を刺激し、髪の成長因子を増殖させる。
成長因子IGF-1 毛髪の細胞分裂を活性化させ発毛を促進する。
成長因子VEGF 血管を分岐させる。毛細血管が増えることで髪に栄養が届きやすくする。
成長因子bFGF 毛乳頭を活性化させ、コラーゲンやエラスチンの合成をサポートする。
コエンザイムQ10 毛髪の成長をサポート。抗酸化作用により血管の酸化を予防する。
ヒアルロン酸 保湿効果によって頭皮の余分な皮脂を抑制する。
銅ペプチド 薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制する。
複合ビタミン 毛髪の元になるアミノ酸の代謝を促進する。

発毛メソセラピーの効果

発毛メソセラピーの最大の魅力は、内服治療に比べて効果を実感できるのが早い点です。

通常、AGA治療では内服薬や外用薬を用いた治療を行います。これらの治療は効果が実感できるまでに6ヶ月ほどかかりますが、発毛メソセラピーと併用することで3〜4ヶ月ころから毛髪に変化が見られることが多いです。

これは、発毛メソセラピーで使用する薬液が内服薬や外用薬のはたらきをサポートし、相乗効果によって比較的早い段階で薄毛改善の兆しが見られるからです。

発毛メソセラピーは単独でも十分な効果が期待できますが、内服薬や外用薬と組み合わせて行うことでより高い効果が期待できます。

大切なイベントを控えている時など、限られた期間でより高い効果を目指す方に最適な治療法と言えるでしょう。

ハンドスピーカーアイコン

発毛メソセラピーは生え際にも効果があるの?

発毛メソセラピーは、有効成分を薄毛部位に直接注入することで発毛を促します。

薬液は気になる部分に重点的に注入できるので、生え際をピンポイントで治療することが可能です。

男性の薄毛は、

  ・生え際が後退するM字型

  ・つむじ周辺が薄くなるO字型

  ・生え際とつむじが同時に薄くなるU字型

など進行パターンがさまざまです。

発毛メソセラピーは、M字型はもちろんのことO字型やU字型の薄毛改善に効果があります。そして、内服治療と発毛メソセラピーを併用することで着実かつスピーディな治療効果が望めます。

薄毛のお悩みを解消するには、発毛メソセラピーをはじめとするさまざまな治療法を検討し、医師に相談した上で最適な方法を見つけていきましょう。

発毛メソセラピーの効果が出るまでの期間|3ヶ月ほどで毛髪の変化を実感できる

時計とカレンダー

発毛メソセラピーを受けた患者様の多くが、治療開始から3ヶ月ほどで効果を実感されています。

当院の患者様の中には、治療開始2ヶ月ほどで毛髪の変化を実感される方もいらっしゃり、内服治療のみの患者様と比べるとそのスピードの差は一目瞭然です。

発毛メソセラピーは、月1回の治療を6ヶ月〜1年ほど継続していただくのが理想です。毛髪量がある程度増加すれば、それ以降は内服治療のみで毛髪量をキープすることもできます。

発毛メソセラピーの費用相場|1クール20〜80万円とクリニックによって大きな差がある

お札と小銭

発毛メソセラピーは単発での治療効果が限定的で、1回のみの治療で劇的な変化はあまり期待できません。

そのため、6〜12回を1クールとする回数制で料金は1クール◯円と設定しているクリニックが多いようです。

費用相場は1クール20〜80万と幅があります。これは、発毛メソセラピー自体が自由診療であることや、クリニックによって薬液のブレンドが異なることが主な理由です。

また、薬液の注入方法(注射針や針付きのローラー、レーザーなど)もクリニックによってさまざます。クリニック選びの際は、ひと月あたりの費用と合わせて薬液の成分や注入方法にも注目してみるといいでしょう。

なお、当院の発毛メソセラピーは1回60,000円(税別)となります。

料金はこちらから

ブログ写真

2020.12.01

AGA治療の費用|初診料や薬代など1ヶ月の相場を解説

発毛メソセラピーの副作用|ごくまれにかゆみや赤みが生じることがある

発毛メソセラピーで起こりうる副作用には以下のものがあります。

  • かゆみや赤み
  • 腫れ
  • 発疹

内服薬や外用薬と比べると、発毛メソセラピーで副作用が生じることは極まれです。

理由は、薬液を頭皮の皮下にピンポイントに注入するため、全身の血液循環に流れることが無く、また成分もほとんどアレルギー反応を起こすものを含まないからです。

当院では、患者様一人ひとりの体質に合わせてブレンドした薬剤を使用しています。これまでに重大な副作用が出た患者様はいませんが、心配な方は医師またはスタッフまでお気軽にご相談ください。

発毛メソセラピーとHARG療法の違い

発毛メソセラピーとよく似た治療法で、「HARG療法」という治療法があります。

どちらも薬液を頭皮に直接注入するという点は共通していますが、注入する薬液と注入方法、費用に決定的な違いがあります。

注入する薬液 注入方法 費用
発毛メソセラピー ミノキシジル・成長因子・銅ペプチド等の発毛因子をブレンドした薬液 注射・針付きのローラー(ダーマローラ)・炭酸ガス・レーザーなど 1回20,000円〜(薬液のブレンドや注入方法によって異なる)
HARG療法 HARGカクテル 注射 1回あたり10〜15万円

発毛メソセラピーでは、皮膚由来の幹細胞から抽出した成長因子を注入します。薬液にはミノキシジルや栄養素なども含まれ、クリニックが独自にブレンドしたものを使用できることが大きな特徴です。

これに対しHARG療法は、脂肪由来の幹細胞を培養・ろ過し、粉末化した「HARGカクテル」を使用します。HARGカクテルは日本医療毛髪再生研究会によって配合成分が決められています。

HARGカクテルの製剤にはコストがかかるため、1回あたりの費用は発毛メソセラピーに比べて高額です。また、HARG療法が受けられるのは日本医療毛髪再生研究会から認定を受けたクリニックのみに限定されます。

ちなみに、費用が高いHARG療法の方が効果が高いといったことはありません発毛メソセラピーでも十分な効果を望めますし、HARG療法に比べて痛みが少ないというメリットもあります。

薄毛改善のために注入治療を検討されている方は、薬液の成分や費用についてクリニックに確認してみるのがいいでしょう。

ハンドスピーカーアイコン

注射が心配?発毛メソセラピーの痛みは

頭皮に薬液を注入すると聞くと痛みが気になりますが、発毛メソセラピーの施術で強烈な痛みを感じることはほとんどありません。

というのも、発毛メソセラピーで使用する注射針は顔にも注射できるような極細タイプのもので、注入する位置も頭皮の浅い部分で済むからです。

実際に治療を受けた患者様からも、「痛みはほぼ感じなかった」というお声をいただくことが多いです。ダウンタイムも約30分と短く、治療後もいつもと変わらない生活を送っていただけます。

治療当日の洗髪は控えていただきますが、入浴自体は問題ありません。どうしても洗髪が必要な場合は、シャンプーは使わずぬるま湯で軽く洗い流す程度にしてください。

当院の発毛メソセラピーの症例

タブレットで説明する医者

発毛メソセラピーの効果や費用、副作用がわかったところで、次は実際に治療を受けた患者様の毛髪量の変化を見ていきましょう。

ここでは、年齢や薄毛の型、AGAの進行レベルが異なる患者様の症例をご紹介しています。

症例①|年齢:36歳 進行度:Ⅱ型Vertex/ 治療期間:4ヵ月間

【症状】

6年ほど前から抜け毛の症状を自覚していたというHさん。30歳から5年間はリアップを使用して改善を試みるも、薄毛の症状が進行する一方であったことから当院にご相談をいただきました。

薄毛の進行は、生え際から頭頂部に向けM字型の薄毛が進行していることや、頭皮が見えるほど頭頂部の毛が薄くなっている状態です。 

【治療の詳細】

発毛メソセラピーと薬の処方で治療を開始。治療開始後2ヵ月を過ぎた頃から少しずつ発毛効果が認められ、4ヵ月には発毛効果を明確に実感できるほどに薄毛の症状が改善しました。

 その後も治療は順調に進み、知人からも髪の毛が増えたと言われるほどに薄毛は改善できたことで大変満足いただいた症例です。

治療期間 2018年7月〜11月(4ヵ月間)
通院回数 計4回(月に1回)
治療法 発毛メソセラピー・オリジナル発毛セット
治療費用 30,000円/月
副作用 注入時にわずかな出血あり

症例②|年齢:39歳 進行度:Ⅳ型 / 治療期間:10か月間

【症状】

高校時代から薄毛が気になり始めたS・Hさんですが、何もケアを行わなかったことで20代後半には抜け毛が目立つようになり髪の毛が薄くなってきたそうです。

その後、3年間ほど市販の育毛剤を使用し症状の改善を期待したものの、全く効果を実感することができず当院のカウンセリングを受診されました。 

生え際・前頭部・頭頂部にかけて髪が薄くなり、軟毛化が進んでいることから複合型のAGAと診断しました。

【治療の詳細】

発毛メソセラピーと当院オリジナル発毛セットの薬を使って治療を開始。初月は変化がみられなかったものの、2ヵ月目からは徐々に発毛が確認できるようになりました。治療開始から4か月もすると見た目に変化が現れるほどに発毛効果が実感できるようになりました。

S・Hさんの場合、抜け毛を放置した期間が長いことや改善の効果を長期的に維持することをご希望されていたために10か月間治療を継続。その結果、毛量だけでなく太く健康的な髪の毛を手にすることができ、治療結果に大変ご満足いただきました。

治療期間 2018年8月〜2019月5月(10ヵ月間)
通院回数 計10回(月に1回)
治療法 発毛メソセラピー・オリジナル発毛セット
治療費用 30,000円/月
副作用 注入時にわずかな出血あり

症例③|年齢:34歳 進行度:治療期間:11か月間

【症状】

30歳頃から薄毛が気になり、市販の育毛剤をいくつか試していたそうです。ある時、美容師さんに薄毛を指摘されたことや抜け毛や薄毛の症状が改善されないことから治療を考えるようになったとのこと。

当院のカウンセリングを受診いただいた際に、髪の毛の軟毛化と頭頂部・前頭部・生え際にかけて脱毛の症状が確認できたため複合型のAGAと診断しました。

【治療の詳細】

内服薬と外用薬、発毛メソセラピーの3つの治療を組み合わせて治療を開始しました。一般的に2か月頃から発毛の兆候がある治療法ですが、H・Kさんの場合は3か月目で発毛効果がみられるようになりました。

 治療を11か月続けた頃には、以前のようなしっかりと太い髪の毛が頭頂部だけでなく生え際まで生えていることを十分に実感できる結果となりました。

治療期間 2018年8月〜2019月6月(11ヵ月間)
通院回数 計11回(月に1回)
治療法 発毛メソセラピー・オリジナル発毛セット
治療費用 30,000円/月
副作用 注入時にわずかな出血あり

発毛メソセラピーの施術の流れ

説明する医者

当院の発毛メソセラピーの流れは以下の通りです。

①無料診断|医師による問診・診察・治療内容のご説明

まずは受付で問診票にご記入いただきます。

その後、問診票を元に薄毛治療の専門医が問診を行います。頭髪・頭皮の状態から総合的な診断を行い、患者様一人おひとりに最適な治療法をご提案します。

②無料カウンセリング|毛髪診断士®によるカウンセリングとご説明

医師の診断の後、毛髪診断士®がカウンセリングと治療に関する詳しい説明をさせていただきます。

AGA治療全般に関するご質問はもちろんのこと、費用に関するご不明点についても丁寧にお答えします。当日は診察やカウンセリングのみ受けていただき、ご自宅で治療の検討をしていただくことも可能です。

③治療開始|当日からの施術も可能

すぐに治療をスタートさせたい方は、カウンセリング当日から治療を受けていただくことも可能です。

治療前は、健康状態や副作用のリスクを確認するために採血を実施し、検査結果をふまえた上で治療を行います。

治療中の持病がありお薬を服用している方は、初診日当日にお持ちください。なお、当院で処方するAGA治療薬は当日お持ち帰りいただけます。

また、当院では育毛シャンプーやサプリメントもご用意しておりますので、ご希望があればお申し付けください。

薄毛を効果的に改善したいなら内服治療との併用がおすすめ

薬と注射と聴診器

薄毛治療を専門とするクリニックの多くは、内服薬や外用薬を用いた治療をベースに行います。

発毛メソセラピーは、内服治療の効果を高めるサポート的な治療であり、単体での治療よりも、内服治療と併用することでより高い効果が期待できるものと理解するのがいいでしょう。

当院では、AGAの基本治療として2タイプの薬を取り扱っています。

  • 薄毛の進行を予防する「守り系」の薬
  • 薄毛部位を発毛させる「攻め系」の薬

①「守り系」の薬(プロペシア・フィナステリド・ザガーロ・デュタステリド)

プロペシアは、AGA治療の第一選択肢となる薬です。

AGAは、5αリダクターゼという酵素が男性ホルモンと結合することをきっかけに発症します。この2つの物質が結びつくと、悪玉ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。

頭皮に存在するホルモン受容体がDHTをキャッチすると、抜け毛の直接的な原因となる脱毛因子TGF-βが増加。この脱毛因子のはたらきよってヘアサイクルが乱れ、薄毛が進行していきます。

プロペシアは、AGA発症のきっかけとなる5αリダクターゼの阻害作用がある薬です。

AGA治療において、「5αリダクターゼを制するものはAGAを制す」と言われるほど5αリダクターゼの阻害作用は非常に重要な役割を担います。プロペシアの服用を継続すれば、悪玉ホルモンと脱毛因子の増加を抑制し、薄毛の進行を食い止めることができます。

5αリダクターゼは、分布する部位によってⅠ型とⅡ型に分けられ、プロペシアはⅡ型5αリダクターゼの阻害に有効です。

ザガーロは、Ⅰ型とⅡ型両方の5αリダクターゼに効果を示す薬です。

Ⅰ型とⅡ型には、

  • Ⅰ型…全身の毛乳頭細胞に広く分布
  • Ⅱ型…前頭部や頭頂部に多く分布

という違いがあり、両方の型にはたらきかけるザガーロはプロペシアに比べてより強力な効果が期待できます。

ちなみに、プロペシアとザガーロはそれぞれ先発薬としての名称で、後発薬(ジェネリック医薬品)としての名称はフィナステリドとデュタステリドです。

また、フィナステリドとデュタステリドは主成分の名称でもあります。この4つは混同されやすいため、それぞれの違いを以下にまとめておきます。

商品名 区分 主成分
プロペシア 先発薬 フィナステリド
ザガーロ 先発薬 デュタステリド
フィナステリド錠「◯◯※」 プロペシアのジェネリック医薬品 フィナステリド
デュタステリド錠「◯◯※」 ザガーロのジェネリック医薬品 デュタステリド

※◯◯は製造元の会社名。ジェネリック医薬品の名称は成分名+会社名で表記することが定められています

ブログ写真

2020.11.27

プロペシアの効果と副作用が起きる確率|1年服用を続けた場合の薄毛の改善例を写真付きで解説

ブログ写真

2020.11.27

ザガーロ(デュタステリド)の効果と副作用|写真で期間と効果を解説

②「守り系」の薬(ミノキシジル)

ミノキシジルは、リアップやロゲインといった市販品にも配合される発毛成分です。

髪の成長因子を産生し、毛乳頭細胞そのものを増殖させることで太くて硬い健康的な髪を発毛させます。

また、血管拡張作用によって血流を促し、髪の成長に必要な栄養が頭皮に行き渡るのをサポートするはたらきもあります。

ミノキシジルには、

  • 内服薬(ミノキシジルタブレット)
  • 外用薬

の2種類があり、患者様の体質を確認した上で医師が治療内容を決定します。

患者様の希望やご予算もあるかと思いますので、治療内容の最終決定は患者様におまかせしております。当院が高額なプランを強制することはありませんので、どうぞご安心ください。

ブログ写真

2020.11.27

ミノキシジルの効果と副作用のリスク|効き目を実感できるまでの期間や副作用が起きる確率を解説

発毛メソセラピーにまつわるよくある質問

FAQ

最後は、患者様からご質問の多い発毛メソセラピーに関する疑問にQ&A形式でお答えしていきます。

Q.発毛メソセラピーは女性の薄毛にも効果があるの?

発毛メソセラピーは、女性の薄毛改善にも有効な治療法です。

女性の薄毛治療には、男性の薄毛治療で使用される守り系の薬(プロペシアやザガーロなど)が使えません。

理由は、守り系の薬は男性ホルモンに作用するものであり、体内の男性ホルモン量が少ない女性が服用するとホルモンバランスに悪影響を及ぼす恐れがあるからです。

一方、発毛メソセラピーは一人ひとりの患者様に合わせて成分をブレンドできるので、女性はもちろんのこと体質上薬が服用できない方も安心して治療が受けられます。

Q.自宅で発毛メソセラピーができるダーマローラーについて知りたい

ダーマローラーは、極細の針がついたローラーを皮膚の上で転がして有効成分を浸透させる注入方法です。

近年は、「自宅でできる発毛メソセラピー」としてダーマローラーの市販品が購入できるようですが、下記2点の理由からあまりおすすめはできません。

  • ダーマローラーの針により出血や腫れをともなう=頭皮環境を悪化させる恐れがある
  • 市販品の効能は定かではない

自宅でダーマローラーを使用されたい場合、専門クリニックで処方されているものを使用するのがよいでしょう。

発毛メソセラピーによる薄毛治療は当院におまかせください

手を差し伸べる医者

発毛メソセラピーは、いくつかあるAGA治療法の中でとくに新しい治療法です。

それゆえ、副作用や費用面に不安を感じ、興味はあっても治療に踏み出せないという方は多いでしょう。

「発毛メソセラピーは本当に効果がある?」「お金をかけて受ける価値のある治療か?」このような不安をお持ちの方は、発毛メソセラピーを用いた治療実績が豊富な当院までご相談ください。

当院は、診察・カウンセリング・血液検査を無料で行なっています。発毛メソセラピーはもちろんのこと、AGA治療全般に関することであればどんなご相談でも構いません。

薄毛治療に精通した医師が、患者様一人ひとりに合った治療法をご提案させていただきます。