AGA(男性型脱毛症)とは?AGA治療は効果がない?他の脱毛症との違いを解説 | AGA・抜け毛・薄毛治療のAGAメディカルケアクリニック【公式】

AGA(男性型脱毛症)とは?AGA治療は効果がない?他の脱毛症との違いを解説

更新日
AGA(男性型脱毛症)とは?AGA治療は効果がない?他の脱毛症との違いを解説
監修医師

前田 祐助

AGAメディカルケアクリニック 統括院長

【経歴】

  1. 慶應義塾大学医学部医学研究科卒業
  2. 慶應義塾大学病院 初期臨床研修課程終了
  3. 大手AGAクリニック(院長)を経て、薄毛・AGA治療の2018年AGAメディカルケアクリニック新宿院を開設
  4. 2020年に2院目となるAGAメディカルケアクリニック横浜院を開設
  5. 2023年に3院目となるAGAメディカルケアクリニック東京八重洲院を開設

【資格】

  1. 医師免許
  2. ⽇本医師会認定産業医
  3. 医学博士

【所属学会】

  1. 日本内科学会
  2. 日本美容皮膚科学会
  3. 日本臨床毛髪学会

【症例数】

  1. 3万人以上※
  2. ※2018年5月~2022年12月AGAメディカルケアクリニック全店舗の延べ患者数
もっと見る
前田 祐助

統括院長の経歴はこちら

無料カウンセリングはこちら

男性の薄毛の原因として多いのがAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる脱毛症です。

名前は聞いたことがあるという人は多いと思うのですが、具体的な症状や、他の脱毛症との違いについては理解していない人が多いのではないでしょうか。

今回はそんなAGA(男性型脱毛症)の症状に加えて、他の脱毛症についても合わせて解説します。

男性の薄毛の原因として多いのがAGA(男性型脱毛症))と呼ばれる脱毛症です。

名前は聞いたことがあるという人は多いと思うのですが、具体的な症状や、他の脱毛症との違いについては理解していない人が多いのではないでしょうか。

今回はそんなAGA(男性型脱毛症)の症状に加えて、他の脱毛症についても合わせて解説します。

AGA(男性型脱毛症)とは?AGA治療は効果がない?

AGA(男性型脱毛症)は主に30代以降の男性に多く見られる脱毛症です。

遺伝やホルモンバランスの乱れにより、ジヒドロテストステロンというヘアサイクルの期間を短縮させてしまう男性ホルモンが強く作用することで発症します。

加齢に伴って進行するという特徴を持っているため、30代以降の薄毛の原因は全てAGAが原因であると勘違いしている人も多いのではないでしょうか。

実は薄毛の原因はAGA以外にも多数存在しています。

自分の薄毛の原因をAGAだと誤って認識してしまい、AGA治療を受けたものの効果が見られないという間違いをしてしまう人も少なくないです。

ここからはAGAの代表的な症状とその他の脱毛症について解説するので、薄毛に悩んでいる人は自分の薄毛の原因を把握するための参考にしてください。

AGA(男性型脱毛症)の症状

AGAの代表的な症状は以下になります。

  • 額の生え際が後退する
  • 頭頂部の髪が薄くなる
  • 髪質が細くなる
  • 生え際付近に産毛が多くなる

特徴としては、額の生え際と頭頂部から薄毛が進行するという症状が見られます。

AGAは、髪の毛の成長期間が短くなり髪が成長しきる前に後退期間が始まり抜け毛が増えていくことで薄毛につながります。

このように、急に髪が抜けるのではなく、徐々に髪が細くなり抜け毛が増えていくのです。

AGA以外の脱毛症

AGA以外にはどのような脱毛症が存在しているのでしょうか。

以下で紹介するもの以外にも、薬の副作用による抜け毛や、女性に多く見られるホルモンバランスによる乱れを原因とした脱毛症なども存在しているのですが、今回は代表的な六種類を紹介します。

  • 円形脱毛症
  • 圧迫性脱毛症
  • 神経性脱毛症
  • 脂漏性脱毛症
  • 粃糠(ひこう)性脱毛症
  • 抜毛症

円形脱毛症

免疫システムが髪を攻撃し、円形の脱毛症状が見られる点が特徴です。

部位としては頭部や髭、眉毛に影響することが多いです。子供に約5割の発症が見られると言われており、遺伝的な原因が大きいとされています。

治療にはステロイド薬の局所投与や免疫療法が行われています。

圧迫性脱毛症

髪を締めつけるヘアスタイルやアクセサリー、帽子やヘルメットの着用が髪を圧迫し、脱毛を引き起こします。

髪を圧迫していることが問題なので、原因を解消し、髪を休ませることが大切です。

神経性脱毛症

心身のストレスや精神的な問題によって抜け毛が増えることによって引き起こされる脱毛症です。

別名、ストレス性脱毛症とも呼ばれています。

ストレスを溜め込みすぎると症状が悪化すると言われており、ストレス管理や心理療法、リラクゼーション法などが効果的であるといわれています。

脂漏性脱毛症

頭皮の脂漏性皮膚炎が原因で髪が育ちにくくなることによって発症する脱毛症です。

皮脂の過剰分泌によってマラセチア菌という人間の皮膚に常在するカビが増殖し、フケやかゆみなどの頭皮トラブルが発生する初期症状が見られます。

対策としては適切なシャンプーの使用や投薬治療によって炎症を抑えることが挙げられます。

粃糠(ひこう)性脱毛症

脂漏性脱毛症と同様にフケにより毛穴が詰まり、髪の成長が阻害されることで発生する脱毛症です。

脂漏性脱毛症との違いは、皮脂の過剰分泌が原因ではなく、頭皮の角質が剥がれ落ちることでカサブタのようなフケが発生する点です。

アトピー性皮膚炎なども原因として挙げられるため、皮膚科で適切な治療を行う必要があります。

抜毛症

ストレスや不安などの精神的な要因により、意図的に毛髪を抜いてしまう症状です。

神経性脱毛症同様に心理療法や行動療法が治療に用いられ、ストレスの管理が重要になります。

まとめ

今回はAGAの症状とAGA以外の脱毛症についてまとめました。薄毛はAGAだけではなく、

様々な原因が存在しており、自分の薄毛の原因を把握して適切な治療を行うことが大切です。

自分では判断が難しい人が多いと思うので、まずは一度AGA専門クリニックや皮膚科で相談してみることをおすすめします。

前田 祐助

この記事の監修者
AGAメディカルケアクリニック 統括院長

経歴

  1. 慶應義塾大学医学部医学研究科卒業
  2. 慶應義塾大学病院 初期臨床研修課程終了
  3. 大手AGAクリニック(院長)を経て、2018年AGAメディカルケアクリニック新宿院を開設
前田 祐助

詳しくはこちら