FGF-5とは?|抜け毛の増加を左右する脱毛因子のお話 | AGAメディカルケアクリニック|オフィシャル

FGF-5とは?|抜け毛の増加を左右する脱毛因子のお話

  • FacebookFacebook
  • B!HATENAB!HATENA
  • TwitterTwitter
  • LINELINE

AGA発症のメカニズムには複数の物質が関係します。

その中で、髪が抜けるタイミングを左右しているのがFGF-5という脱毛因子です。

この記事では、

  • AGAにおけるFGF-5の働き
  • FGF-5の抑制効果が期待されている物質

について詳しく解説していきます。

FGF-5とは|髪の成長期を退行期へと変化させる抜け毛のスイッチ

つむじハゲの原因と対策

FGF-5は、髪の生え変わりを調整するための細胞増殖因子の一つです。

髪の毛は数年の年月をかけて成長し、ある程度時間が経つと自然に抜け落ちます。

髪の成長と退行の流れをヘアサイクルと言いますが、FGF-5は成長した髪が抜け毛へと変化する際のスイッチの役割を担っています。

AGAにおけるFGF-5の働き

AGAは、次の物質が複雑に関係し合うことで発症します。

  • 男性ホルモン(テストステロンとジヒドロテストステロン)
  • 還元酵素5αリダクターゼ
  • 男性ホルモンレセプター(受容体)
  • 脱毛因子(TGF-β)

抜け毛の直接的な原因となるのはTGF-βという脱毛因子です。FGF-5は、TGF-βから伝達された抜け毛の指令によって、髪の成長期を退行期へと移行させます。

ブログ写真

2020.06.26

AGAとは|薄毛の原因や治療方法、いつから発症するか詳しく解説

対局にある「FGF-5S」とのバランスで毛髪の状態が決まる

髪が抜けるタイミングを左右するFGF-5に対し、その働きを打ち消すように作用するのがFGF-5Sという物質です。

FGF-5とFGF-5Sは、それぞれが相反する働きをすることで毛髪のバランスをとっています。

FGF-5がFGF-5Sを上回ると抜け毛が増加するので、薄毛を予防するにはFGF-5を減らす、もしくはFGF-5Sを増やす必要があります。

毛周期に影響を与える成長因子の種類

FGF-5やFGF-5Sのように髪の成長に関わる因子は他にもあります。

名称 別称 役割
FGF-7(KGF) 毛母細胞成長因子 毛母細胞を活性化させ、毛髪の細胞分化を促進する。髪の成長に関わる因子の中でもっとも重要な役割を担う発毛促進因子。
IGF-1 インスリン様成長因子-1 毛髪の細胞分裂を促進する。成長ホルモンの分泌によって産生される。
HGF 肝細胞増殖因子 細胞を増殖させ、髪の成長を促進する。
VEGF 血管内皮細胞増殖因子 血管を分岐させる。毛細血管が増えることで髪に栄養が届きやすくする。

頭皮に発毛再生の有効成分を注入するメソセラピーやHARG療法という治療法では、これらの成長因子を含むカクテルという薬液を使用します。

FGF-5とヘアサイクルの関係

人差し指をあげる医者

FGF-5が作用するタイミングをより深く理解するため、ここからはヘアサイクルの仕組みについて解説していきます。

正常なヘアサイクルでは成長期が3〜5年

ヘアサイクルは、

  1. 成長期…毛髪の細胞分裂が盛んに行なわれる時期
  2. 退行期…細胞分裂のスピードが緩やかになり、毛が抜け落ちるのを準備する時期
  3. 休止期…毛の成長が完全にストップしている時期

という3つの周期によって成り立ちます。

毛髪には寿命があるため、永遠に伸び続けることはなく、ある程度成長すると自然と抜け落ちるのが正常です。一般的に、正常なヘアサイクルでは成長期は3〜5年(女性の場合4〜6年)と考えられています。

その後2〜3週間ほどの退行期を経て、髪の成長が完全にストップする休止期に突入します。休止期は3〜4ヶ月ほど続きますが、この間に毛乳頭が活動を再開し、新しい髪をつくる成長期へと移行するのです。

AGAを発症すると成長期が数ヶ月〜1年ほどに短くなる

AGAを発症すると、本来なら3〜5年続くべき成長期が数ヶ月〜1年ほどで終了します。

成長期が極端に短くなるということは、髪が太く長く成長しきれないまま抜け落ちたり、髪全体のボリュームが減ることを意味します。

AGAでは、このような悪循環が重なることによって薄毛が進行していくのです。

成長期から退行期へ変化するスイッチとなるのがFGF-5

FGF-5は、それ自体がAGA発症の直接的な原因となるものではありません。

AGAの発症には複数の物質が関係していますが、実際にAGAを発症するかどうかは、

  • 還元酵素(5αリダクターゼ)の活性度
  • 男性ホルモンレセプターの感受性

この2つの要因が大きく影響します。

どちらも遺伝によって引き継がれやすいことがわかっているため、還元酵素の活性度が高く、ホルモン受容体の感受性が強い方は高い確率でAGAを発症すると考えられます。

ブログ写真

2020.07.22

薄毛(ハゲ)は遺伝します|薄毛が遺伝する理由やAGAを発症しやすい人の特徴を解説

ハンドスピーカーアイコン

FGF-5S配合の育毛剤の効果

近年、FGF-5と対極にあるFGF-5S配合の育毛剤が注目を集めているようです。

FGF-5Sは、それ自体が発毛作用をもつものではありません。ただ、FGF-5の働きを打ち消すことで抜け毛予防の効果が期待できることから、FGF-5S配合の育毛剤が増えていると考えられます。

実のところ、AGA発症のメカニズムにFGF-5が関係していることが判明したのは比較的最近のお話です。FGF-5Sが確実な効果をもたらす育毛成分として認められるには、まだまだエビデンスが必要となるでしょう。

とはいえ、FGF-5Sが成長期を延長させることは理屈として間違いではありませんので、今後の研究次第では優れた育毛成分として認められる日が来るかもしれませんね。

FGF-5の抑制効果が期待されている成分

人差し指を立てる医師

最後に、FGF-5を抑制する効果が期待されている3つの成分について解説していきます。

①ワレモコウエキス

ワレモコウエキスとは、ワレモコウというバラ科の植物から抽出して得られる植物エキスのことです。

FGF-5の働きを抑制し、ヘアサイクルが退行期へ移行するのを防ぐ効果があることから、多くの育毛アイテムに配合されています。

ワレモコウエキスの臨床試験では、4ヶ月の継続使用で全体の30%以上に抜け毛が減少したという結果が報告されています。

抗炎症作用や抗菌作用にも優れているため、髪が育ちやすい頭皮環境をつくるのにも有効な成分です。

②フコイダン

「海藻が育毛にいい」というお話はよく聞きますが、これは海藻類に含まれるフコイダンという成分の働きが大きく関係しています。

海藻由来のフコイダンには、毛母細胞を活性化させる発毛因子FGF-7の産生を促す働きがあることがわかっています。FGF-7は、髪の成長因子の中でもっとも重要な働きをする因子です。

また、FGF-5Sを増やすことでFGF-5の働きを抑制し、抜け毛を予防する効果が期待されています。

③ビワ葉エキス

ビワ葉エキスは、古くから咳止めや鎮痛などの民間療法で用いられてきた植物由来の生薬です。

育毛剤に配合されることの多い成分で、毛髪をつくりだす毛乳頭細胞の増殖を促進する効果があると考えられています。

また、近年ではFGF-5を抑制する効果も期待されています。

FGF-5を知りAGA発症のメカニズムを正しく理解しよう

カルテを持った医者

AGA発症のメカニズムにおいて、FGF-5は髪を成長期から退行期へと変化させるスイッチの役割を担っています。

AGA治療では、FGF-5が機能するよりも前の段階で薄毛とより深い結びつきのある物質を抑制するため、FGF-5について語られることはそう多くはありませんでした。

当クリニックでは、患者様のご不明点や不安をしっかりと解消することを目指しています。その上で、薄毛でお悩みの患者様一人ひとりに合った治療方法をご提案させていただきます。

薄毛の原因や治療内容についてご不明点がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。