コーヒーを飲み過ぎるとはげるって本当?カフェインと髪の関係 | AGAメディカルケアクリニック|オフィシャル

コーヒーを飲み過ぎるとはげるって本当?カフェインと髪の関係

  • FacebookFacebook
  • B!HATENAB!HATENA
  • TwitterTwitter
  • LINELINE

患者様からのご質問で多い「◯◯するとはげる」説。

今回はコーヒーを飲むと薄毛になるのか?という内容を医学的観点からお話していきます。

ハンドスピーカーアイコン

【この記事の監修者】

前田 祐助
AGAメディカルケアクリニック 統括院長

【経歴】
院長挨拶はこちらから

コーヒーは薄毛の原因になるか|過剰摂取しなければ問題はない

コーヒーを飲みすぎると薄毛になるのかというご質問の答えは「適量であれば問題はない」です。

「◯◯を食べる(飲む)とはげる」と言われる食品や飲み物には、薄毛と関係の深い成分が含まれています。コーヒーの場合、その成分はカフェインであると考えられます。

カフェインは亜鉛の吸収を妨げる

カフェインには、育毛をサポートする亜鉛の吸収を阻害する作用があります。

亜鉛は髪の細胞分裂に関わる栄養素なので、不足すると新しい毛髪が育ちにくくなります。結果として抜け毛や薄毛リスクが高まることから、「コーヒーを飲むとはげる」説が生まれたものと考えられるでしょう。

もう一つ、カフェインによる影響で注意したいのがアデノシンの阻害作用です。

アデノシンは、細胞のエネルギー代謝に関わる物質です。血行促進によって発毛を促す効果があると言われており、発毛剤や育毛剤、薬用シャンプーなどにも配合されます。

育毛にいい影響を与えるアデノシンもまた、カフェインによってそのはたらきが阻害されることがわかっています。

カフェインの摂取量について、日本では具体的な目安量を定めていません。(WHOの見解では、妊婦のコーヒー摂取量は1日2〜3杯にすべきとしています)

しかし、過剰摂取で得られるメリットはほとんどないので、コーヒーの摂取量は1日数杯程度にとどめるのがいいといえるでしょう。

ハンドスピーカーアイコン

エナジードリンクは薄毛の原因になる?

疲労回復や栄養補給などの効果が期待できるエナジードリンクには、1本あたり80〜160mgものカフェインが含まれます。

コーヒー1杯(約150ml)のカフェイン量は70〜90mgなので、エナジードリンク1本でコーヒー1〜2杯分のカフェインを摂取する計算です。

カフェインには亜鉛の吸収やアデノシンのはたらきを阻害する作用があるため、含有量が多いエナジードリンクもまた飲み過ぎには注意が必要です。

オナニーするとはげるのか

2021.03.01

【医師監修】自慰行為(オナニー)はAGA発症の原因になるか

筋トレするとはげるのか

2021.03.01

【医師監修】「筋トレするとはげる」説は本当か|筋トレと薄毛の関係をわかりやすく解説

ポリフェノールの抗酸化作用が頭皮を健やかに保つ

コーヒーに含まれるポリフェノール(クロロゲン酸)には、頭皮環境を健やかに保つための抗酸化作用があります。

体内で発生した活性酸素を取り除くことで、頭皮の乾燥や抜け毛を予防する効果が期待できます。

髪以外にも、脂肪燃焼を促したり血糖値の上昇を抑えたりなど、身体にとって嬉しいはたらきをするのがクロロゲン酸です。

薄毛ホルモンDHTを抑制する

近年の研究では、コーヒーには男性型脱毛症AGAの原因となるDHTのはたらきを抑える効果があるとの結果が報告されています。

これは、カフェインの利尿作用によってDHTが体外へ排出されやすくなるのが理由と考えられています。

カフェインがDHTを抑制すると断言するのに現時点ではエビデンスが不十分です。しかしそれは「コーヒーを飲むとはげる」説についても同様です。

コーヒー自体が薄毛の原因になるというよりは「カフェインの摂取量や飲むタイミング次第で薄毛リスクが高まる可能性がある」というにとどまるでしょう。

男性ホルモンが多いとはげるのか

2022.03.27

男性ホルモンが多いとハゲる?テストステロンと薄毛の関係

抜け毛予防のために避けるべき食品・飲料

コーヒー以外で抜け毛や薄毛リスクを高めるものは次の通りです。

  1. 高脂質・高カロリーなもの
  2. 多量のアルコール

詳しい理由も見ていきましょう。

①高脂質・高カロリーなもの

揚げ物や糖分を多く含むものは皮脂分泌を促し、頭皮環境を悪化させます。

毛穴のつまりによって抜け毛が増え続けると、薄毛が進行する可能性があるでしょう。また、カロリーの高い食べ物は血中の中性脂肪を増加させ、血行不良を招く恐れがあります。

血の巡りが悪くなれば頭皮に十分な栄養が行き渡らず、結果として髪の健康を妨げることになるのです。

甘い菓子パンやこってり家系ラーメンなどは、食べる量や頻度にくれぐれもご注意ください。

②多量のアルコール

アルコールを摂取すると、肝臓でアセトアルデヒドという物質に分解されます。

アセトアルデヒドは毒性が高く、頭痛や吐き気、眠気といった二日酔いの症状を引き起こすものです。多量の飲酒によってアセトアルデヒドが体内に蓄積されると、亜鉛やビタミンなど髪の成長に必要な栄養素が消費されます

また、アセトアルデヒドには薄毛ホルモンDHTの増加にもつながると考えられています。アセトアルデヒドが増えると薄毛リスクも高まるため、薄毛予防のためにはお酒の飲み過ぎは控えるべきといえるでしょう。

薄毛が気になる場合は食生活の見直しを

抜け毛や薄毛が気になりはじめたら、すぐにできる対策として食生活の改善がおすすめです。

健康な髪は毎日の食事から摂取する栄養をもとに成長します。バランスの悪い食生活が続けば、髪に十分な栄養が行き渡らず抜け毛の増加につながるでしょう。

髪の主成分となるアミノ酸(タンパク質)や育毛をサポートするミネラルなど、髪にいい栄養素は積極的に取り入れたいものです。また、コーヒーやお酒などの嗜好品は摂取量に注意が必要です。

栄養面に不安がある方は、サプリメントを活用するのもいいでしょう。亜鉛やビタミンなど不足しがちな栄養を効率よく摂取し、身体の内側から育毛ケアをしてみてはいかがでしょうか。

薄毛とサプリメント

2021.02.15

AGA・薄毛はサプリで改善できる?抜け毛予防・育毛に効果のあるおすすめサプリを紹介!

コーヒーと髪にまつわるよくある質問

FAQ

最後はコーヒーと髪について多く寄せられるご質問にお答えしていきます。

Q.コーヒーを飲むと髪がパサつくって本当ですか?

コーヒーを飲む量や体質によって髪質の変化を感じる方がいます。

コーヒーに含まれるカフェインには亜鉛の吸収を阻害する作用があると言われています。亜鉛には髪の成長をサポートする効果がありますから、亜鉛の吸収が阻害されれば髪のパサつきを感じることがあるかもしれません。

Q.コーヒーをやめると白髪が減るって本当ですか?

コーヒーには、過酸化水素と呼ばれる活性酸素が含まれます。過酸化水素には髪の色素を脱色させる効果があり、ヘアカラー剤にも含まれることが多いです。

ただ、コーヒーをやめると白髪が減るといった直接的な影響はほとんどないと考えられます。

Q.コーヒーは頭皮臭の原因になりますか?

カフェインの摂取によって睡眠の質が低下した場合、アンモニアや乳酸といったニオイの原因物質が増加し体臭が強くなる可能性があります

一方、コーヒーに含まれるクロロゲン酸には皮脂の酸化を防ぐ効果があるため、コーヒーが頭皮臭の予防につながる可能性もあるでしょう。

Q.缶またはインスタントコーヒーは髪に悪いですか?

缶だから、インスタントだからというのはあまり関係ありません

どのようなコーヒーでも、飲み過ぎや砂糖の入れすぎには注意して適量を守ることが大切です。

コーヒーは飲み過ぎに注意し栄養バランスのいい食生活を心がけよう

現在のところ、コーヒー(カフェイン)と薄毛リスクを証明する有力なエビデンスはありません。

薄毛の直接原因となるものではありませんが、摂取するタイミング次第では睡眠の質を低下させる可能性があります。また、カフェインは育毛に必要な亜鉛の吸収を阻害することから、コーヒーの過剰摂取は控えた方がいいでしょう。

薄毛を予防し、健やかな毛髪を育てるには栄養バランスのいい食事が欠かせません。コーヒーは嗜好品ですから、食生活に影響を及ぼさないよう飲む時間や量を決めることが大切です。

食事と薄毛の関係についてご不明点がある方は、お気軽に当院までご相談ください。

LINE

Category

おすすめ記事

お電話でのお問い合わせ・予約

0120-889-820

受付時間 8:00〜21:00

診療時間やアクセスなど、詳細は各院のページをご確認ください。