【医師監修】円形脱毛症は病院に行くべきか|受診を迷っている方へ | AGAメディカルケアクリニック|オフィシャル

【医師監修】円形脱毛症は病院に行くべきか|受診を迷っている方へ

  • FacebookFacebook
  • B!HATENAB!HATENA
  • TwitterTwitter
  • LINELINE

円形脱毛症になり、病院を受診すべきか迷う方は多いと聞きます。

治療を受けないのは「自然に治るから」「髪の毛で隠せるから」といった理由があるのだと思います。症状に対する不安やストレスがなければ、治療をしないという選択肢があってもいいでしょう。

反対に、円形脱毛症であることに強い不安があり、早く治したいと考えるならば早期に医療機関へ相談することをおすすめします

この記事では円形脱毛症の治療や予後、症状が進行する可能性をわかりやすくまとめました。病院を受診すべきか迷っている方はぜひ参考にしてください。

ハンドスピーカーアイコン

【この記事の監修者】

前田 祐助
AGAメディカルケアクリニック 統括院長

【経歴】
院長挨拶はこちらから

円形脱毛症は早期治療で改善が望める

円形脱毛症は適切に対処すれば、早期改善が望める病気です

自然に治ることもありますが、脱毛範囲が広がり治療が長期に及ぶ患者様もいます。自然治癒する方とそうでない方の違いは、今のところはっきりとは明らかにされていません。

患者様の中には再発を繰り返しやすい体質の方もいるため、一度は医療機関に相談することをおすすめします。

円形脱毛症を早く治す方法

2022.10.26

【医師監修】円形脱毛症を早く治す方法|病院に行くべきか迷っている方へ

円形脱毛症は病院に行かないとどうなる?

若白髪の人ははげないって本当?白髪と薄毛の関係を解説

極端なお話をすると、円形脱毛症は何がなんでも治療を受けなければいけない病気ではありません。

円形脱毛症が別の病気を引き起こすことはなく、基本的な主症状は髪や体毛の脱毛のみです。時間の経過とともに改善する場合もあり、患者様ご本人がストレスを感じなければ無理に治療する必要はないと考えます。

ただし、円形脱毛症が自然治癒する確率は100%ではありません。

症状が進行する場合がある

円形脱毛症の発症に関与する疾患がなく、かつ症状が軽度の場合、約8割の患者様が1年以内に治癒すると言われています。

一方で、残りの約2割は全頭型や汎発型へ移行することも明らかにされています。重症化した場合の回復率は10%以下であるとの考え方もあり、脱毛範囲が広がるほど治るまでに時間がかかる傾向にあるのです。

また自己免疫疾患やアトピー素因があると、そうでない方に比べて重症化および再発のリスクが高くなります。

自然に治る方と進行する方がいて、その差についてもはっきりとした原因はわかっていません。

重症化で眉毛や体毛が脱毛することも

円形脱毛症は脱毛斑の個数や大きさ、脱毛が生じる部位によって次の通り種類分けされています。

円形脱毛症の種類 特徴
単発型 頭部に1ヶ所だけ脱毛斑ができる
多発型 頭部に2ヶ所以上脱毛斑ができる
蛇行型 帯状の脱毛斑ができる。側頭部から後頭部にかけて脱毛する場合が多い
全頭型 頭部全体に脱毛が生じる
汎発型 頭部だけでなく眉毛・まつ毛・脇毛・陰毛など全身に脱毛が生じる

円形脱毛症が進行すると、脱毛斑の数が増えたり脱毛範囲が広がったりします。重症化すると髪だけでなく体毛まで抜け落ちることもあるのです。

単発型の場合、脱毛斑が消失するまでの期間は3〜6ヶ月ほどと言われています。これに対して全頭型や汎発型は、治療期間が数年におよぶケースが多い傾向にあります。

ハンドスピーカーアイコン

円形脱毛症を放置すると内臓の病気になる?

円形脱毛症の治療を受けなくても、内臓の病気を発症することはありません。

円形脱毛症は何らかの原因で免疫異常が生じ、毛包が攻撃されてしまう病気です。ダメージを受けるのは毛包のみで、そのほかの組織や細胞が侵されることはないと考えます。

ただし、すでに何かの病気を発症している場合は話は別です。自己免疫疾患やアトピー素因があると円形脱毛症を合併しやすいため、すでに別の病気が潜んでいる可能性は否定できないでしょう。

円形脱毛症は何科にかかるべき?

円形脱毛症は皮膚科、または薄毛治療のクリニックで治療が受けられます。

どちらを受診すべきかというよりは、円形脱毛症に理解のある医療機関かどうかを基準に病院を選ぶのがいいでしょう。

円形脱毛症は皮膚科が専門

円形脱毛症の専門は皮膚科であり、軽度の症例ではおもにステロイドを用いた治療を進めていきます。

ステロイド療法は年齢を問わず行える方法で、治療費も保険適用です。脱毛範囲が小さく、進行が見られない症例は塗り薬で経過を観察することになるでしょう。

症状が進行している成人の患者様に対しては、ステロイド注射や内服薬なども検討します。自由診療ではありますが、脱毛部位に人工的にかぶれを起こす局所免疫療法なども行われます。

円形脱毛症の治療

2022.10.26

【医師監修】円形脱毛症の治療法一覧|費用や副作用も解説

薄毛治療クリニックという選択肢も

近年は薄毛治療を専門とするクリニックでも、円形脱毛症の診療が行われるようになってきました。

クリニックによって受けられる治療法は異なりますが、ミノキシジル外用や紫外線療法、冷却療法といった選択肢があります

当院では、円形脱毛症を専門としている提携院のご紹介が可能です。

ご希望の方はお電話にてお問い合わせください。

円形脱毛症が治る確率と治療期間

時計とカレンダー

円形脱毛症が治る確率は症状によって大きく変わります

脱毛斑が1ヶ所のみ(単発型)で、脱毛範囲が小さければ、ほとんどの場合1年以内に治ると言われています。

対して、脱毛範囲が広がったり体毛まで脱毛するようなケースだと自然治癒は難しいでしょう。患者様によっては数年間治療を続ける方や、一度治っても再発を繰り返してしまう方もいます。

ハンドスピーカーアイコン

円形脱毛症を繰り返す理由

円形脱毛症を繰り返すのは体質的な要因が大きいと考えられます。

円形脱毛症の発症には自己免疫疾患やアトピー素因、遺伝などが関与します。円形脱毛症を合併しやすい病気があったり、家族に円形脱毛症の方がいると、そうでない方に比べて発症の可能性は高いです。

円形脱毛症はストレスが引き金となる場合もあります。

円形脱毛症が治る前兆

虫眼鏡で頭皮を見る

円形脱毛症が軽快に向かうと、一時的に急増した抜け毛が徐々に落ち着いていきます。

ヘアサイクルが戻りはじめた証拠であり、脱毛斑から産毛が生えてくるのを確認できます。髪の成長には時間がかかりますが、早ければ半年ほどで脱毛斑が目立たなくなるでしょう。

患者様の中には、伸びた毛先が皮膚に当たる刺激を感じる方もいます。炎症がなければ大きな問題はありませんので、あまり気にせずに経過を見守ってください。

円形脱毛症のお悩みは医師に相談を

円形脱毛症は治療で改善を目指せる病気です。

何もしないという選択肢はありますが、円形脱毛症になり不安なく過ごせる方はほとんどいません。多くの患者様が「早く治したい」「悪化すると思うと怖い」といったお悩みを抱えています。

このような不安を解消するには、できるだけ早く医療機関を受診するのがいいでしょう。円形脱毛症はさまざまな治療法があるので、医師と相談の上で最適な方法を探してください。

当院では、薄毛全般に関する無料カウンセリングを行っております。医師によるAGA診断やマイクロスコープを用いた頭髪診断が受けられますので、抜け毛でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

LINE

Category

おすすめ記事

お電話でのお問い合わせ・予約

0120-889-820

受付時間 8:00〜21:00

診療時間やアクセスなど、詳細は各院のページをご確認ください。