AGA(男性型脱毛症)とはどんな症状?原因や治療法を解説 | AGA・抜け毛・薄毛治療のAGAメディカルケアクリニック【公式】

AGA(男性型脱毛症)とはどんな症状?原因や治療法を解説

更新日
AGA(男性型脱毛症)とはどんな症状?原因や治療法を解説
監修医師

前田 祐助

AGAメディカルケアクリニック 統括院長

【経歴】

  1. 慶應義塾大学医学部医学研究科卒業
  2. 慶應義塾大学病院 初期臨床研修課程終了
  3. 大手AGAクリニック(院長)を経て、薄毛・AGA治療の2018年AGAメディカルケアクリニック新宿院を開設
  4. 2020年に2院目となるAGAメディカルケアクリニック横浜院を開設
  5. 2023年に3院目となるAGAメディカルケアクリニック東京八重洲院を開設

【資格】

  1. 医師免許
  2. ⽇本医師会認定産業医
  3. 医学博士

【所属学会】

  1. 日本内科学会
  2. 日本美容皮膚科学会
  3. 日本臨床毛髪学会

【症例数】

  1. 3万人以上※
  2. ※2018年5月~2022年12月AGAメディカルケアクリニック全店舗の延べ患者数
もっと見る
前田 祐助

統括院長の経歴はこちら

無料カウンセリングはこちら

「最近毛が薄くなってきたけど、これってAGA?」「AGAの治療を考えているけど、どのような治療法があるの?」などの疑問をお持ちの方も多いでしょう。

AGAは進行性の脱毛症であり放置していると進行し続けて、最悪の場合には治療不可能な状態に陥ってしまいます。

薄毛が気になってきたら、早めに受診してAGA治療をスタートするのが大切です。本記事ではAGAの原因・症状・治療法など、AGAの基礎知識を紹介します。記事の内容をAGAの早期発見に役立て、薄毛の改善を目指しましょう。

AGA(男性型脱毛症)とは

AGA(男性型脱毛症)とは

AGA(Andorogenetic alopecia)は男性型脱毛症とも呼ばれています。

男性に特異的で思春期以降に症状が出現し始めてから、徐々に進行し続けていく脱毛症です。

男性に特異的な脱毛症となっている理由は、AGAの発症には男性ホルモンが関わっているためです。

男性ホルモンの「テストステロン」が「5α還元酵素」によって「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる男性ホルモンに変化します。

酵素によって生成したジヒドロテストステロンが、毛根の毛乳頭と呼ばれる部分のジヒドロテストステロン受容体に結合すると、髪の毛の成長を止めてしまいます。

これがAGAが発症して薄毛や抜け毛で悩む原因です。

通常の髪は、成長期・退行期・休止期のヘアサイクルを繰り返して髪の状態をキープしています。

しかし、AGAが発症した方は成長期の期間が短くなり休止期でとどまってしまう毛包が増加するため、毛が生えていない期間が短くなることで薄毛になります

成長期が短いため太くしっかりとした毛が成長しません。

AGAで悩んでいるのは中年以降に多いというイメージを持っている方もいるでしょう。

しかし早い場合、10代から20代で発症するケースもあります。

生え際の薄毛にお悩みの方は下記のページもご覧ください。

参考:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

生え際の薄毛が気になる方へ

AGAの進行パターン

AGAの進行パターン

AGAの進行パターンは、M字型・O字型・U字型の3種類に分けられます。

M字型はおでこの生え際が後退していき、中央部分の髪の毛が残りMの形になるパターンです。

O字型は頭部を上から見たときに、Oの形で頭頂部に薄毛が見られるようになります。

U字型はM字型と違って中央部分も後退していくパターンです。

U字型はO字型を併発する場合も多いため、進行速度が早いことが特徴です。

より細かくAGAの進行具合を判断する方法として、アメリカの皮膚科医ハミルトンが作成した「ハミルトン・ノーウッド分類」と呼ばれる分類方法があります。

AGAの進行パターンは欧米人とアジア人で異なるため、ハミルトン・ノーウッド分類にアジア人のAGA進行パターンを加えた「高島分類」が用いられます。

AGAの進行パターンは、以下の表の通りです。

分類の型具体的な症状
Ⅰ型おでこの生え際からM字型に後退し始めた状態
Ⅱ型Ⅰ型より進行してM字型がよりわかりやすい状態
Ⅱ型VertexⅡ型の症状に加えて、頭頂部にもO字型の薄毛がある状態
Ⅱa型Ⅱ型に加えて、前頭部の薄毛が進行した状態
Ⅲ型Ⅱ型よりも進行して、髪全体で薄毛が見られる状態
Ⅲ型VertexⅢ型の症状に加えて、頭頂部にもO字型の薄毛がある状態
Ⅲa型Ⅲ型の症状に加えて、前頭部の薄毛が進行した状態
Ⅳ型Ⅲ型より生え際の後退が進んで、頭頂部にO字型の薄毛がある状態
Ⅳa型Ⅲa型の薄毛が進行し、M字の中心部分がなくなってきている状態
Ⅴ型生え際が頭頂部に近づいて、O字型の範囲も拡大している状態
Ⅴa型Ⅳa型が進行して、前頭部・頭頂部の髪の毛が薄い状態
Ⅵ型M字型とO字型の薄毛がつながってしまった状態
Ⅶ型Ⅵ型が進行し、側頭部・後頭部にも薄毛が現れてきている状態

参考:Reliability of Hamilton-Norwood Classificatio

脱毛症の原因

脱毛症の原因

脱毛症が発症してしまう原因はさまざまですが、遺伝によるものが多いです。脱毛症の原因を把握して、脱毛を防ぎましょう。

参考:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

遺伝

男性型脱毛症には、遺伝が関係しています。

遺伝的な要因とともに、ジヒドロテストステロンというホルモンが関係しており、どの年代でも発症する可能性があることが特徴です。

早いと青年期から発症する場合もあります。

男性の場合、側頭部か頭頂部から脱毛が始まり、後頭部に向かって進んでいくケースがほとんどです。

女性の場合は頭頂部から脱毛が始まりますが、完全に毛が無くなるわけではなく、薄くなっていく場合が多いでしょう。

参考:脱毛症(脱毛)

栄養の偏り

脱毛の原因として、まれに栄養の偏りが関係している場合もあります。

具体的には、以下の栄養素が偏ると脱毛を引き起こす恐れがあります。

  • ビタミンAの過剰
  • 鉄欠乏症
  • 亜鉛欠乏症

ビタミンの摂取は身体によいと耳にする機会が多いですが、摂取しすぎるのはデメリットです。

ビタミンAの過剰摂取で発疹・唇の荒れ・食欲不振などの症状が現れます。

鉄の欠乏も脱毛の原因に関わっています。鉄が欠乏すると貧血・疲れやすさ・運動能力の低下などの症状が現れるため、このような症状を感じた際には注意が必要です。

亜鉛欠乏症によって脱毛が引き起こされる場合もあります。

亜鉛の欠乏により発疹・下痢・傷の治りにくさなどの症状が現れます。

参考:脱毛症(脱毛)

ストレス

ストレスが原因で脱毛症になる場合があります。ストレスには身体的ストレス・精神的ストレスの2種類がありますが、どちらも脱毛症の原因の1つです。

身体的ストレスは高熱・手術・病気・体重減少・妊娠などによって、休止期にとどまってしまう髪の毛が多くなる傾向にあります。

身体的ストレスを感じてから数ヶ月後に脱毛が始まる場合がほとんどです。

身体的ストレスによる脱毛は、長期的なものではなく一時的なものです。

精神的ストレスによって健康な髪の毛を不必要に触ったり、ねじったり、引き抜いたりする習慣ができてしまう場合があります。

このような症状は抜毛症と呼ばれており、小児で起きるのがほとんどですが、成人でも起きる場合があります。

抜毛症は周囲の方も気付きにくい場合が多く、注意して観察するのが大切です。

また、重度の精神的ストレスにより髪の毛の休止期が長くなり、脱毛を引き起こすこともあります。

日常的なストレスではなく、慢性的なストレスによって起きる場合がほとんどです。

参考:マンダム、ストレスが毛髪や頭皮に 悪影響を与えることを発見

間違ったヘアケア

近年では美容に気を遣う方も増えてきていますが、間違ったヘアケアを行うと脱毛症につながります。

間違ったヘアケアには以下のようなものがあります

  • 頭皮をたたいてマッサージする
  • 頭皮の洗いすぎ
  • 頭皮にブラシを使う

「頭皮の血流をよくして発毛を促進する」などを目的として、頭皮をたたいてマッサージしたり頭皮にブラシを使ったりするのを勧める内容を目にした方も多いのではないでしょうか。

しかし、上記のようなヘアケアは間違っており、さらに脱毛を悪化させる要因になりかねません。

頭皮にブラシを使ったりたたくようなマッサージを行ったりするのは、頭皮を傷つけて炎症を起こしてしまう恐れがあります。

頭皮にブラッシングを行うのはおすすめできませんが、ブラッシングは髪の毛の汚れを取る目的としておすすめできる方法です。

「頭皮の皮脂を落とさなければ」と考えて頭皮を洗いすぎると逆効果です。

皮脂を洗い流しすぎると、頭皮が乾燥してフケ・かゆみ・薄毛の原因になります

髪を洗いすぎることには注意しましょう。

睡眠不足

睡眠不足が原因となって脱毛症につながる恐れもあります。生活リズムの整った生活が身体によいのは、誰もが耳にしたことがあるでしょう。

髪にとっても同じなため、睡眠不足が脱毛症につながります。

髪をつくるための成長ホルモンがしっかりと分泌されれば、薄毛対策になります。

そのため、成長ホルモンの分泌が多くなるような睡眠を取ることが大切です。

成長ホルモンは、眠りについてから3時間後に多く分泌されます。

22時から2時に細胞分裂が頻繁に行われるゴールデンタイムといわれる時間があり、この時間と成長ホルモンが分泌される時間を合わせると効果的でしょう。

22時から2時の間に眠っている状態にあることで、髪を成長させて薄毛を予防できます。

逆に、睡眠時間が不足して成長ホルモンが十分に分泌できなければ、薄毛につながる恐れがあるため、睡眠不足に陥らないように対策しましょう。

参考:抜け毛・薄毛が気になる方へ – エージーエー – – AGAを知ろうー

AGAの治療法

AGAの治療法

AGAの効果的な治療方法は以下の4つの方法があります。

  • 内服薬
  • 外用薬
  • メソセラピー
  • 植毛

それぞれの治療方法のメリットやデメリットを交えつつ紹介します。

参考:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

内服薬

AGAの治療法1つ目は、内服薬による治療です。内服薬ではデュタステリド・フィナステリドの2種類が主に使われています。

デュタステリドは5α還元酵素のⅠ型・Ⅱ型の両方を阻害して、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制します。

フィナステリドはデュタステリドとは異なり、5α還元酵素のⅡ型のみを阻害してジヒドロテストステロンの生成を抑制する機序です。

どちらの薬もジヒドロテストステロンの生成を抑制して、AGAの進行を抑制する目的で使用されます。

外用薬

AGAの治療方法2つ目は、外用薬による治療です。

外用薬は塗り薬のことで、脱毛している頭皮に直接塗って使用します。

外用薬もAGA治療に効果的な方法として知られています。

外用薬で主に使われる薬剤はミノキシジルです。

ミノキシジルは発毛効果を持っており、先ほど紹介したAGAの進行を抑える内服薬のデュタステリドやフィナステリドと併用される場合が多いです。

AGAの進行を抑えるだけでは薄毛の改善はできないため、進行を抑えつつ発毛を促進する治療法が採用されています。

ミノキシジルは毛母細胞の増殖を促し、細胞のアポトーシスを抑えて短くなった成長期を長くする作用により発毛効果を示しています。

メソセラピー

AGAの治療方法3つ目はメソセラピーです。

メソセラピーとは、頭皮に直接皮下注射して髪の毛の成長を促進する治療法です。

有効成分を直接頭皮に注入するため、早期に効果が得られるといわれています。

AGAの投薬治療よりも副作用が少なく、薬物治療ができない方でも利用可能です。

植毛

AGAの治療方法4つ目は、植毛による治療です。

AGA治療では主に自毛植毛術が採用されており、自分の髪の毛を移植して薄毛を改善する方法です。

自分の髪の毛を植毛するため、拒絶反応が起こりづらく生着率が高いことからAGA治療で用いられます。

生着した毛はもとの髪の毛と同様に伸びてくるため、違和感もなく自然な仕上がりになるのがメリットです。

しかし、うまく生着しなかった毛が抜け落ちてしまったり、傷跡が残る恐れがあったりとデメリットもあります。

自毛植毛は美容整形などと同様に自由診療になるため、保険適用外であり全額自己負担での治療が必要です。

AGA治療のデメリット・注意点

AGA治療のデメリット・注意点

AGAは治療を継続的に行っていく必要があるため、AGA治療の前にデメリットや注意点を理解しておくことが大切です。

ここからはAGA治療のデメリットや注意点を解説していきます。

副作用がある

AGA治療を内服薬や外用薬などの薬物療法で行う場合には、副作用が発現する恐れがあります。

ミノキシジル・フィナステリド・デュタステリドなどの薬物による主な副作用の内容は以下の通りです。

  • かゆみや腫れなどの皮膚の炎症
  • 頭皮以外の発毛
  • 性欲減少
  • 勃起不全
  • 射精障害
  • 抑うつや不安など気分の変化

副作用の内容は皮膚の炎症によるかゆみのように軽度なものから、抑うつ・不安など気分の変化が起きるものまでさまざまです。

副作用が起きる確率は0.1%~11%ほどであり、それほど高確率ではありませんが、副作用が出てしまう方もいます。

副作用の発現によって、生活の質に影響が出てしまい治療の中断を検討しなければならない場合があります。

体質によっては副作用が発現しやすいことがあるため、治療中に違和感を覚えた際には医師に相談しましょう。

効果が出るまでに時間がかかる

効果が出るまでに時間がかかる点がデメリットです。

AGA治療は長期的に継続する必要があり、実感できる効果が得られるまで6ヶ月~1年ほどかかる場合がほとんどです。

途中で挫折すると以前の状態に戻って、AGAが再度進行し始めてしまいます。

初めのうちは効果が感じられず不安になるなどの精神的負担が大きくなりますが、長期的に治療を続ければ結果が目に見えてくるでしょう。

費用が高い

AGA治療は費用が高い点がデメリットです。AGA治療は保険適用外であり、すべての場合で自費診療になるため費用が高くなりがちです。

効果が得られるまでに時間がかかるため、改善するまでには費用がかかります。

現状維持の治療を続ける場合は1ヶ月あたり4,000円程度からが目安で、薄毛の改善を目指して発毛促進も行う場合は1ヶ月あたり10,000円~30,000円程度から治療が可能です

同じ治療を行っていた場合でも、クリニックによって料金設定が異なります。

そのため、長期的に通える費用で治療できるクリニックを探してみましょう。

早期にAGA治療を受けるメリット

早期にAGA治療を受けるメリット

「AGA治療は早めにするべきだ」と耳にした方も多いでしょう。

AGA治療を早期に始めれば効果を実感しやすかったり、髪の寿命を伸ばせたりするなど多くのメリットがあります。

早期にAGA治療を行うメリットを紹介します。

効果が出やすい

早期にAGA治療を受けるメリット1つ目は、効果が出やすいことです。

AGAは進行性の脱毛症なため、時間がたてばたつほど薄毛が進行してしまいます。

進行した状態では、治療効果が得られるまでに時間がかかります。

進行前と進行後では、治療に用いられる薬の量も異なるため、治療費が多くかかる点がデメリットです。

また、AGA治療で用いられるフィナステリドは、40歳未満であったり薄毛が軽度であったりする場合に治療効果が高くなるという実験結果が出ています。

このようにAGA治療を早期に行うメリットは数多くあります。早期に治療開始すれば治療費を抑えながら早めに実感できる効果を得られるため、薄毛に気付いたら受診するのがおすすめです。

ヘアサイクルの消費を抑えられる

ヘアサイクルには上限がありますが、AGA治療でヘアサイクルの消費を抑えることが可能です。

細胞はある一定の回数までしか再生ができないため、ヘアサイクルにも上限があります。

髪の毛にかかわる毛包細胞も同様に再生回数が決まっているため、AGAでヘアサイクルが短くなると再起不能になる恐れがあります。

AGA治療は、ヘアサイクルの短縮を抑えて髪の毛を育てていく治療法です。

AGA治療ではヘアサイクルを回復させられないため、早期にAGA治療を開始して、ヘアサイクルの回数が残っている状態で治療を行うことが大切です。

AGA治療の流れ

AGA治療の流れ

AGA治療開始までのおおまかな流れは以下の通りです。

  1. 受付や問診票の記入
  2. 専門医師による問診や診察
  3. 治療開始

問診票には既往歴・アレルギー・髪に関する質問・育毛剤などの使用経験などを記入します。

医師による問診では、髪の毛や頭皮の状態を確認していき「どのくらいまで改善したいのか」など、治療目標を話し合います。日ごろから気になっている点や疑問に思った点は医師に相談しておきましょう。

治療を始める前に、現在の進行状況を見るための頭部写真撮影を行います。

現在の髪の毛の状況に応じて薬が処方され、服用時の注意点などの説明を受けます。

治療開始後は、1~2ヶ月に1回ほどの頻度で通院するのが一般的です。

治療の流れ

薄毛に関するご相談はAGAメディカルクリニックへ

AGAは進行性の脱毛症であり、脱毛が起きてしまう原因にはさまざまなものがあります。

多くの場合は遺伝によるものがほとんどですが、栄養の偏り・ストレス・間違ったヘアケア・睡眠不足が脱毛を引き起こすため、日常生活でも気を付けることが大切です。

AGA治療には頻度は少ないものの副作用があったり、自費診療で高い費用がかかったりなどのデメリットがあります。

AGA治療は長期的な治療が必要なため、これらのデメリットを理解したうえで治療を開始するのがおすすめです。

「AGA治療を始めたいけど、デメリットが不安だ」「薄毛が進行しているけど、今の状態からでも治療できるのかな」など不安や悩みを抱えている方も多いでしょう。

AGA治療は早期に開始するのが重要ですが「治療を始めるのに踏み切れない」などの場合、まずは無料カウンセリングにてご相談ください。

前田 祐助

この記事の監修者
AGAメディカルケアクリニック 統括院長

経歴

  1. 慶應義塾大学医学部医学研究科卒業
  2. 慶應義塾大学病院 初期臨床研修課程終了
  3. 大手AGAクリニック(院長)を経て、2018年AGAメディカルケアクリニック新宿院を開設
前田 祐助

詳しくはこちら