抜け毛や薄毛治療は何科に行くべき?皮膚科とAGAクリニックの違い | AGAメディカルケアクリニック【公式】

抜け毛や薄毛治療は何科に行くべき?皮膚科とAGAクリニックの違い

公開日
2021-01-13
更新日
AGAメディカルケアクリニック 院長監修コラム

「薄毛は病院で治療できるって本当?」
「抜け毛が気になる時は何科に行くべき?」

薄毛や抜け毛のお悩みは、他人に打ち明けにくい内容ですよね。

薄毛治療に興味はあっても、どんな病院へ行き何科を受診すべきか、誰にも相談できずお困りの方は多いことと思います。

そこで今回は、薄毛・抜け毛治療でかかるべき病院の選び方についてわかりやすく解説していきます。

前田 祐助

AGAメディカルケアクリニック 統括院長

【経歴】

  1. 慶應義塾大学医学部医学研究科卒業
  2. 慶應義塾大学病院 初期臨床研修課程終了
  3. 大手AGAクリニック(院長)を経て、2018年AGAメディカルケアクリニック新宿院を開設
前田 祐助

院長挨拶はこちら

抜け毛・薄毛は何科で治療すべきか|AGAなら専門クリニックがおすすめ

クリニックの待合室

抜け毛や薄毛の治療は、その原因によって受診すべき診療科が異なります。

具体的には、

  • AGAは薄毛治療の専門クリニック
  • AGA以外は皮膚科か内科

を受診すべきです。

まずは、AGAとその他の薄毛の見分け方について詳しく説明していきます。

AGAとは|成人男性の3人に1人が発症すると言われる脱毛症

脱毛の仕組み(AGAの原因)

AGAは、男性ホルモンや遺伝が深く関係する男性特有の脱毛症です。

生え際や頭頂部の薄毛が顕著で、いわゆるM字ハゲやO字ハゲと呼ばれる薄毛は高い確率でAGAを発症している可能性が考えられます。

AGAは、一度発症すると治療をせずに改善することはありません。それどころか、放っておくとどこまでも薄毛が進行するとても恐ろしい脱毛症です。

年齢を問わず発症するため、早い方だと20代で急激に薄毛が進行することも。加えて、発症年齢が若ければ若いほど進行スピードも早いので、「AGAかも?」と思った時点ですぐに病院を受診するのが望ましいです。

AGAの治療は、AGAの専門クリニックで行なうのがベストです。内服薬や外用薬での治療を行ない、多くの方が3〜6ヶ月ほどで薬の効果を実感できるようになります。

  • 生え際が後退してきた
  • つむじの皮膚が透けて見える
  • 抜け毛が細くて短い
  • 髪全体のボリュームが減ってきた

上記に当てはまる方は、AGA治療の専門クリニックで適切な治療を受けるべきでしょう。

AGA以外なら皮膚科か内科がおすすめ

薄毛の原因がAGA以外であれば、皮膚科もしくは内科の受診をおすすめします。

AGA以外で考えられる薄毛の原因には以下のものがあります。

薄毛の種類特徴原因
円形脱毛症円形状に髪が抜ける/円形脱毛部位以外に目立った抜け毛症状がない/再発を繰り返すことがある免疫機能の異常、ストレス、アトピー、ホルモンバランスの変化など
ホルモン異常による脱毛症毛髪全体のボリュームが減る/脇毛や陰毛にも脱毛が見られることがあるバセドウ病、甲状腺機能低下症など
皮膚疾患による脱毛症フケやかゆみ/赤みを伴うことが多い接触皮膚炎、脂漏性皮膚炎など
薬剤性脱毛症髪全体、または一部が脱毛する/薬剤の使用を中止すれば回復する可能性がある抗がん剤治療、ステロイド外用薬など

ここで紹介した薄毛の種類はほんの一例であり、自分の薄毛がどれに該当するかを知るには医師の診察が必要です。

また、それぞれの脱毛症で治療法は大きく異なります。自己流の薄毛対策で症状を悪化させないよう、まずは病院を受診し適切な治療を受けましょう。

AGA専門クリニックを選ぶ3つのメリット

人差し指をあげる医者

薄毛治療は一部の皮膚科でも受けられますが、本気の薄毛改善を希望するならばAGA専門クリニックの受診をおすすめします。

その理由は以下の3つです。

  • 薄毛治療の症例数が多い
  • 治療法を自分で選べる
  • 一人ひとりに合った治療が受けられる

AGA専門のクリニックを選ぶ最大のメリットは、皮膚科に比べて薄毛治療の症例数が圧倒的に多い点です。

ひと口にAGAと言っても、薄毛部位や進行スピードは患者様によって大きく異なります。薬の種類もさまざまであり、同じ薬で同じ効果が見られるとも限りません。

AGA専門のクリニックでは、経験豊富な医師の治療により確実かつ効率的な治療が受けられます。カウンセリングや診察も手厚く、一人ひとりに合った治療で薄毛の悩みを改善できるのが大きな魅力と言えるでしょう。

女性や子供の抜け毛は何科を受診すべき?

子供の髪を結う女性

男性のAGAのように、女性にもFAGA(FPHL)という薄毛症状が見られることがあります。

この場合、女性の薄毛治療専門のクリニックを受診するのがおすすめですが、FAGA以外であれば皮膚科を受診するのがいいでしょう。

子どもの薄毛はまず小児科かかりつけ医に相談し、必要であれば皮膚科を受診してください。

薄毛治療は保険が適用される?

健康保険証

保険適用の有無は、薄毛の原因によって異なります。

AGAの場合、保険は適用されず治療にかかる費用は全額自己負担です。これに対し、その他の脱毛症は保険適用となるケースがほとんどです。

20代でも薄毛治療は受けられる?

ヘアスタイルを気にする男性

もちろん可能です。

薄毛のお悩みに実は年齢はあまり関係ありません。AGAやストレス、持病が原因で薄毛が進行する男性は大勢いらっしゃいます。

薄毛治療は、症状が軽度のうちに早めの対策をすることが重要です。「若いから」「まだ大丈夫」が命取りになるので、薄毛が気になりはじめたタイミングですぐに治療を受けましょう。

※今すぐにご自身がAGAかどうかをチェックしたい方へ…

当院の公式LINEにてAGAセルフ診断を受けられます。

完全無料、たった15秒で結果がわかるのでぜひ試してみてください。

※友だち追加後、すぐに結果がわかります!

抜け毛・薄毛のお悩みは治療実績が豊富な当院までご相談ください

タブレットを見る医者

薄毛治療を検討している方は、病院選びや治療方法、費用など気になることがたくさんあるでしょう。

何科を受診すべきかわからない場合、まずは専門クリニックへお問い合わせすることをおすすめします。症状等から予め、専門クリニックを受診した方が良いか、もしくは、皮膚科や内科を受診するべきかのアドバイスを行うことが出来ます。

当院は、発毛治療専門の主治医による診察・毛髪診断士®による毛髪診断・カウンセリング・血液検査がすべて無料で受けられます。

治療の不安を少しでも解消いただくため、抜け毛や薄毛のお悩みはどんなことでもご相談ください。あらゆる治療法の中から、患者様にもっとも適した治療法をご提案いたします。

AGAかも?と思ったらまずはご相談ください

15秒で簡単診断!

AGAセルフ診断をしてみる

料金を見る

溝端淳平

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー 溝端淳平

前田 祐助

この記事の監修者
AGAメディカルケアクリニック 統括院長

経歴

  1. 慶應義塾大学医学部医学研究科卒業
  2. 慶應義塾大学病院 初期臨床研修課程終了
  3. 大手AGAクリニック(院長)を経て、2018年AGAメディカルケアクリニック新宿院を開設
前田 祐助

詳しくはこちら