AGAの症状とは?初期に見られる兆候と効果的な治療法を解説 | AGA・抜け毛・薄毛治療のAGAメディカルケアクリニック【公式】

AGAの症状とは?初期に見られる兆候と効果的な治療法を解説

更新日
AGAの症状とは?初期に見られる兆候と効果的な治療法を解説
監修医師

前田 祐助

AGAメディカルケアクリニック 統括院長

【経歴】

  1. 慶應義塾大学医学部医学研究科卒業
  2. 慶應義塾大学病院 初期臨床研修課程終了
  3. 大手AGAクリニック(院長)を経て、薄毛・AGA治療の2018年AGAメディカルケアクリニック新宿院を開設
  4. 2020年に2院目となるAGAメディカルケアクリニック横浜院を開設
  5. 2023年に3院目となるAGAメディカルケアクリニック東京八重洲院を開設

【資格】

  1. 医師免許
  2. ⽇本医師会認定産業医
  3. 医学博士

【所属学会】

  1. 日本内科学会
  2. 日本美容皮膚科学会
  3. 日本臨床毛髪学会

【症例数】

  1. 3万人以上※
  2. ※2018年5月~2022年12月AGAメディカルケアクリニック全店舗の延べ患者数
もっと見る
前田 祐助

統括院長の経歴はこちら

無料カウンセリングはこちら

「これはただの薄毛?それともAGA…?」

「AGAの具体的な症状ってどんなものがあるんだろう…?」

と自身の薄毛の症状に悩む人も多いはず。

本記事では、AGAの特徴や初期症状を徹底解説。画像を用いて薄毛の進行パターンも複数紹介していきます。

AGAの進行を抑えるには早期治療が大切です。読了後AGAの可能性を感じたら、クリニックで診断を受けましょう。

AGAとは?

AGAとは?

AGAとはAndro Genetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症とも呼ばれます。

遺伝的関与と男性ホルモンの影響によって髪が生えてこなくなる脱毛症で、生え際や頭頂部が薄毛になっていくのが特徴です。

AGAは、一度発症すると完治しません。

現在の医学では、治療によって進行を抑えることはできても完全に止めることはできないとされています。

その理由は、AGAの原因となる男性ホルモンが生成される量は遺伝的影響が大きく、治療で男性ホルモンの生成を完全に止めることは不可能だからです。

AGAの原因について、ここから詳しく解説します。

参考:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

AGAの原因

AGAの原因

AGAの発症には、テストステロンとテジヒドロテストステロン(DHT)という2つの男性ホルモンが大きく関わっています。

一般的にテストステロンという男性ホルモンは骨・筋肉の発達を促し、髭や胸毛などの毛を濃くする方向に働くものです。

そして、テストステロンは「5αリダクターゼ」という酵素の働きによって、テジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変えられます。

このDHTが、「受容体」と呼ばれる男性ホルモンレセプターと結合し、抜け毛の原因となる脱毛因子「TGF-β」を増加させます。

このTGF-βが、髪の毛が抜けるように指令を出すのです。

AGAは、遺伝によって発症する確率が左右されると言われています。

ではここから、AGAとヘアサイクルの関係を説明していきます。

AGAとヘアサイクルの関係

AGAとヘアサイクルの関係

ヘアサイクルとは、髪の毛が生えてから抜け落ちるまでのサイクルのことで、毛周期と呼ばれることもあります。

ヘアサイクルは、大きく「成長期」「退行期」「休止期」の3段階に分かれています。

一般的に成長期は2〜6年、退行期は2〜3週間、休止期は3〜4ヶ月の期間です。

成長期は毛母細胞が活発に分裂することで髪は太く長くなり、退行期に入ると髪の成長が止まり、抜けやすい状態になっていきます。

休止期には、毛根が浅い位置にあるため髪が抜けやすく、毛穴の奥から新しい髪が古い髪を押し出す形で古い髪が抜け落ちます。

AGAになると、ヘアサイクルのうち成長期が短くなります

成長期が短いと、髪は十分に成長しないまま退行期・休止期へ移行してしまい、徐々に生える髪よりも抜ける髪のほうが多くなっていくのです。

ここまで、AGAの原因を解説してきましたが、AGAと通常の薄毛の違いを理解できていない方も多いのではないでしょうか。

続いては、AGAと通常の薄毛の違いを説明していきます。

AGAと薄毛の違い

AGAと薄毛の違い

AGAの症状について知る上で、把握しておくべきなのが薄毛との違い。

AGAと薄毛の違いは、主に原因脱毛範囲とされています。

それぞれ以下で詳しく確認していきましょう。

①原因

先ほど説明したように、AGAは男性ホルモンの異常が原因だと言われています。

一方、通常の薄毛は年齢やストレス、栄養不足などが原因とされます。

ただし、通常の薄毛の原因であるストレスや栄養不足は、AGAの原因にもなります。

ストレスや栄養不足によって頭皮環境が悪化すると、髪に栄養が行き届かなくなり成長が妨げられるためです。

生活習慣を見直すことは、通常の薄毛だけでなく、AGAを予防するのにも効果的だと考えられています。

栄養バランスの整った食事を摂り、十分な睡眠を確保するように心がけましょう。

②脱毛範囲

AGAは、頭頂部や前頭部から始まるため薄毛の範囲が限定的である一方で、通常の薄毛は広い範囲に症状が出ると言われています。

AGAの初期段階でみられる症状は、生え際の後退や頭頂部の薄毛です。

しかし、治療をせずに進行が進んでいくと前頭部と頭頂部の頭皮が完全に露出したり、薄毛の範囲が側頭部にまで及ぶこともあります。

頭頂部や前頭部から徐々に薄毛が進行している場合は、AGAの可能性があります。

早期に治療を行うことが重要となるため、AGAの可能性を感じたらクリニックに相談するのがおすすめです。

続いては、AGAの進行パターンを画像とともに解説します。

AGAの進行パターンを解説

AGAの進行パターンを解説

現在日本では、AGAの分類法としてハミルトン・ノーウッド分類が広く使われています。

ハミルトン・ノーウッド分類は、AGAの進行パターンを分析したハミルトン氏とノーウッド氏の名前に由来しているものです。

なお、ハミルトン・ノーウッド分類は欧米人の進行パターンをまとめたものです。

アジア人のAGAの進行パターンとは異なるため、現在日本では、日本の皮膚科医の高島巌氏が修正を加えたものが広く使用されています。

以下の表に、各パターンの症状の説明をまとめました。

分類症状
Ⅰ型AGAの初期症状。生え際が後退し始めているが、あまり見た目に変化がなく他人からは気づかれにくい状態。
Ⅱ型Ⅰ型よりも生え際の薄毛が進行している状態。見た目に変化が現れ始める。
Ⅱ型 vertexⅡ型の薄毛に加え、頭頂部がO型に薄くなり始める状態。
Ⅱa型Ⅱ型に加え、前頭部の薄毛が進行し始めている状態。
Ⅲ型生え際の薄毛が進行してくっきりとM字になっている状態。髪全体のボリュームも減少している状態。
Ⅲ型 vertexⅢ型の薄毛に加え、更に頭頂部がO型に薄くなり、頭皮の地肌が見え始める状態。
Ⅲa型生え際の薄毛が進行してM字になっている状態。髪全体のボリュームも減少している状態。
Ⅳ型生え際が後退し、頭頂部がO型に薄くなっている状態。
Ⅳa型Ⅲa型より更に前頭部の薄毛が進行し、髪が残っていたM字の中心部分も薄くなり始めている状態。
Ⅴ型生え際の後退がより進行した状態。同時に頭頂部も頭皮が完全に露出し始め、生え際と頭頂部がつながりそうな状態。
Ⅴa型Ⅳa型よりも前頭部の薄毛が進行し、頭頂部の髪の毛が薄くなり始める状態。
Ⅵ型生え際から頭頂部にかけて完全に頭皮が露出し、生え際と頭頂部が繋がっている状態。
Ⅶ型頭頂部から更に後ろまで薄毛が進行し、側頭部の薄毛も目立っている状態。

Ⅰ型~Ⅴ型のように額の生え際から進行するタイプを「M字型」、Ⅱ型 vertex~Ⅳ型のように頭頂部から進行するタイプを「O字型(vertex)」、Ⅳa型~Ⅶ型のように前頭部全体から進行するタイプを「U字型(a)」としています。

つむじ周辺の薄毛進行が顕著であり、生え際も少しずつ後退していくパターンが日本人には多いと言われています。

進行パターンを把握することは、正しい治療につながります。

自分がどの型に当てはまるのかを確認しておきましょう。

参考:Classifications of Patterned Hair Loss: A Review – PMC Reliability of Hamilton-Norwood Classification – PMC

【セルフチェック】AGAの初期症状4つ

【セルフチェック】AGAの初期症状4つ

AGAは、初期段階で治療を始めることが進行を抑える鍵になります。

初期症状を把握し、進行が進む前に、自分がAGAなのかどうかチェックする材料としてください。

もし当てはまる項目がある場合は、AGAクリニックへ相談してみることをおすすめします。

AGAの初期症状は主に以下の4つです。

  1. 産毛のような細い髪の毛が最近増えたような気がする
  2. 最近抜け毛が多くなった気がする
  3. 前頭部の生え際が少しずつ後退している気がする
  4. 頭頂部やつむじ部分が薄く地肌が多く見えるようになった気がする

ひとつずつ確認していきましょう。

①産毛のような細い髪の毛が最近増えたような気がする

①産毛のような細い髪の毛が最近増えたような気がする

AGAを発症すると、産毛のような細く柔らかい髪の毛が増えていきます。

AGAはホルモンの影響によって発症するもので、毛の成長サイクルが短いため、髪が徐々に細くなっていくのです。

特に、頭頂部やおでこの生え際の髪が細く、産毛のようになってきたと感じた場合は、AGAを発症している可能性があると言えます。

②最近抜け毛が多くなった気がする

②最近抜け毛が多くなった気がする

抜け毛の量が増えたと感じる場合も、AGAの可能性を考えましょう。

日常生活の中でも自然に髪の毛が抜けることはありますが、以前よりも抜け毛の量が増えたと感じる場合には注意が必要です。

朝起きた時の枕に落ちている毛や、シャンプーやドライヤーの際の抜け毛の量をチェックしてみましょう。

③前頭部の生え際が少しずつ後退している

③前頭部の生え際が少しずつ後退している

AGAには、前頭部から薄毛が始まり、M字型のような薄毛が形成されるパターンがあります。

そのため、前頭部の生え際が後退している場合、AGAの可能性が考えられます。

少しの変化では気づきにくいことがあるので、過去の写真とおでこの広さを比較してみるのもいいでしょう。

④頭頂部やつむじ部分が薄く地肌が多く見えるようになった気がする

④頭頂部やつむじ部分が薄く地肌が多く見えるようになった気がする

AGAは頭頂部やつむじ部分から進行が進み、O字型の薄毛が進行するパターンがあります。

そのため、頭頂部やつむじ付近の頭皮が見えてきている場合は、AGAの可能性を疑いましょう。

頭頂部やつむじは自分では見えないため、変化に気づきにくいと思います。

家族に診てもらったり、合わせ鏡するなどして、頭頂部やつむじの状態をチェックしてみましょう。

ここまで紹介してきた4つの初期症状に少しでも当てはまる場合は、一度クリニックに相談してみるのがおすすめです。

AGAの進行を防ぐためには、クリニックで正しい治療を受けることが大切。

ここからは、AGAクリニックで行われる主な4つの治療法を紹介していきます。

AGAの4つの治療法|内服薬・外用薬・注入治療・自毛植毛

AGAの4つの治療法|内服薬・外用薬・注入治療・自毛植毛

AGAクリニックで行われる治療方法は主に以下の4つです。

  1. 内服薬
  2. 外用薬
  3. 注入治療(メソセラピー)
  4. 自毛植毛

それぞれ以下で詳しく説明していきます。

①内服薬

①内服薬

内服薬は錠剤などの飲み薬のことを指します。

AGAの治療に使用される内服薬は、主にプロペシア・フィナステリド錠・ザガーロ・ミノキシジルタブレットであり、これらはそれぞれ効果や費用が異なります。

以下の表で確認してみましょう。

内服薬効果副作用料金
プロペシアAGAの進行を抑制・リビドー減退 ・勃起機能不全 ・射精障害 など8,000円/月
ザガーロAGAの進行を抑制・肝機能障害 ・過敏症 ・蕁麻疹 など10,000円/月
ミノキシジルタブレット発毛機能を促進・低血圧 ・頭痛 ・発熱 ・吐き気 など8,000〜13,000円/月

それぞれ詳しく説明していきます。

プロペシア

プロペシア

プロペシアはフィナステリドを主成分とした、AGA治療の内服薬です。

AGAの原因である男性ホルモンであるテジヒドロテストステロン(DHT)を生成する5αリダクターゼを阻害し、抜け毛の進行を防ぐ働きがあると言われています。

プロペシアは、日本皮膚科学会でもその有効性や安全性が認められており、多くのクリニックでAGA治療の第一選択薬として処方されています。

参考:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

ザガーロ

ザガーロ

ザガーロはデュタステリドを主成分としたAGA治療の内服薬です。

AGAの原因である男性ホルモンであるテジヒドロテストステロン(DHT)を生成する5αリダクターゼを阻害する力がプロペシアよりも強く、より強力に抜け毛の進行を防ぐ働きがあると考えられています。

プロペシアと同じく、日本皮膚科学会で有効性や安全性が認められており、現在は、プロペシアで効果があまり見られない場合に処方されることが多くなっています。

参考:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットは、ミノキシジルを主成分とするAGA治療の内服薬です。

頭皮の血行を促進することで毛母細胞を活性化させ、発毛を促す効果が望めます。

抜け毛を防止するプロペシアとザガーロと併用することで、AGAに対する高い効果が期待できます。

ミノキシジルは、外用薬としても使用されます。

外用薬のミノキシジルは薄毛が気になる箇所にピンポイントに作用します。

しかし、内服薬のミノキシジルタブレットは全ての体毛に作用し毛髪以外の体毛が濃くなる可能性があるため、医師と相談しながら服用しましょう。

②外用薬

②外用薬

外用薬とは塗り薬のことであり、AGA治療に使われる主な外用薬はミノキシジルです。

ミノキシジルの外用薬は、薄毛が気になる部位に直接塗布することで発毛を促進する効果があると言われています。

ミノキシジルを主成分とする内服薬であるミノキシジルタブレットと比較すると、重度の副作用を起こすリスクが低いことが特徴です。

外用薬のミノキシジルは、発疹やかゆみなどの頭皮トラブルが副作用として考えられます。

一方で、内服薬は体内に直接薬剤を取り込むため、頭痛や動悸、めまいなどの症状を起こす可能性が小さいながらあります。

繰り返しになりますが、AGA初期の場合は内服薬と外用薬を併用した治療を行うことが多いです。

服薬と同様に外用薬の場合も、抜け毛を防止するプロペシアやザガーロとミノキシジルを併用することで高い効果が期待できます。

③注入療法(メソセラピー)

③注入療法(メソセラピー)

注入両方(メソセラピー)とは、薄毛が気になる箇所に成長因子(グロースファクター)や有効成分を直接注入する方法です。

AGAの進行を抑制する効果や、発毛を促進する効果があるとされています。

成長因子(グロースファクター)とは、体内で細胞の増殖や分化を促すタンパク質のことであり、傷の修復や毛髪などの成長を促すものです。

成長因子の数が不足すると、髪が成長しにくくなり、薄毛につながると言われています。

注入療法(メソセラピー)は、副作用のリスクがほとんどないと言われています。

理由は、注入される薬液は薄毛が気になる箇所にピンポイントに作用し、全身の血液循環に流入することはないためです。

ごく稀に、「点状出血」と呼ばれ注入部分に細かい点状の出血が現れる症状が見られる場合があります。

しかし、数日〜1週間程度で自然に消えるため、過度に心配する必要はありません。

④自毛植毛

④自毛植毛

自毛植毛は、薄毛が気になる箇所に、それ以外の箇所から自分の毛髪を移植する方法です。

自毛植毛は自分の毛髪を移植するため拒絶反応や感染症が起こりにくいのが特徴。

もう一つの植毛である人工植毛は、人工的に作られた毛髪を移植するため、拒絶反応を起こしたり、感染症になったりする可能性があります。

そのため、自毛植毛は人工植毛と比較して、安全性が高いと言われています。

自毛植毛なら移植した毛髪が正しく生着すると、一度の施術で薄毛がかなり改善されます。

日本皮膚科学会の調査では、自毛植毛の82.5%以上のケースで正しく生着したという結果が得られていました。生着してから生え揃うまでには6〜12ヶ月程度必要です。

AGAの進行がかなり進み、頭部全体が薄毛になっている場合は自毛植毛ができない可能性があります。

自毛植毛は、側頭部などの生えそろっている毛を薄毛部分に移植するためです。

自身のAGAの進行度を考え、医師と相談しながら治療法を決めましょう。

AGA治療の流れ

AGA治療の流れ

AGA治療は、どのような流れで行われるのでしょうか。ここでは、初回カウンセリングから治療までの流れを確認していきます。

AGAの治療は以下の手順で行われます。

  1. 予約
  2. 来院・問診票の記載
  3. 問診・診察
  4. 治療開始

ひとつずつ説明していきます。

①予約

①予約

クリニックのホームページや電話からカウンセリングを予約します。

AGAメディカルケアクリニックでは、LINE予約も受け付けており、手軽に予約することができます。

②来院・問診票の記載

②来院・問診票の記載

予約した日時にクリニックに来院し、受付後には問診票を記入します。

問診票では、先ほど紹介したセルフチェックのような質問をされることが多いです。

③問診・診察

③問診・診察

AGA治療の専門医が記入した問診票に基づいて問診を行います。

気になることや相談したいことがある場合は、この時に医師に尋ねましょう。

さらに、頭髪の写真撮影やマイクロスコープを用いた頭皮状態の確認を行います。

マイクロスコープで頭皮の拡大映像を画面に映し出す方法です。

視診や触診では確認できない細部まで頭皮状態を確認できます。

AGAメディカルケアクリニックには、毛髪診断士が在籍しています。

毛髪診断士とは、毛髪診断に必要な知識と、マイクロスコープなどを使って頭皮の状態を的確に観察するスキルを習得した者のことです。

AGA治療専門医の診察の後、毛髪診断士が専門的な知識をもとに頭髪に関する悩みにアドバイスを行います。

参考:毛髪診断士

④治療開始

④治療開始

視診や触診、マイクロスコープなどの診察結果をもとに医師が適切な治療方法を提示してくれます。

治療法によっては、初診を受けた当日に治療を開始することも可能です。

治療を始める前に、治療薬に対する副作用をチェックするために採血検査を行う場合があります。

治療に対する疑問や不安点を確実に解消し、納得した状態で治療を始めましょう。

AGA治療にかかる費用

AGA治療にかかる費用

AGA治療にかかる費用は、治療法によって大きく異なります。AGA治療は継続して行う必要があり、長い目で見ると高額な費用がかかることになるので、事前に大まかな費用を把握しておきましょう。

治療法費用
内服薬(プロペシア)8,000円/月
内服薬(ザガーロ)10,000円/月
内服薬(ミノキシジルタブレット)8,000〜13,000円/月
ミノキシジル外用薬12,000〜15,000円/月
注入療法66,000円/回
自毛植毛治療によって幅広く変動

AGA治療の料金は、AGAの進行が進むほど高くなると言えます。

そのため、治療費を抑えるためにも初期の段階から治療を受けることが大切です。

上記の治療法の中で、料金が分かりにくいのが自毛植毛です。

自毛植毛の手術にかかる費用は、【基本料金】+【植毛するグラフト】×【グラフト1個当たりの料金】で求めることになります。

つまり、どのくらいの範囲を植毛するのかによって費用は異なります。

自毛植毛を考えている方は、医師に植毛を希望する範囲をしっかりと伝え、費用を把握しておきましょう。

AGA治療にかかる期間

AGA治療にかかる期間

AGA治療の効果を実感できるのは、治療を始めてから6ヶ月程度たってからだと言われています。

しかし、効果を感じるまでの期間には個人差があるため、6ヶ月たっても効果が得られないからといって焦る必要はありません。

効果を実感できず不安を感じた場合に、自己判断で治療を中断したり服用する薬の数を増やすことは避けましょう。

自己判断で服用する薬を増やすと、重度の副作用を起こす可能性もあります。

効果を感じられない場合には必ず医師に相談し、医師の指示に従いましょう。

AGA治療は、AGAに関して正しく理解し、納得した上で受ける必要があります。

最後に、AGAの症状に関してよくある疑問を解決していきましょう。

AGAの症状に関してよくあるQ&A5つ

AGAの症状に関してよくあるQ&A5つ

ここでは、以下の5つの疑問を解決していきます。

  1. AGAは完治するの?
  2. 女性でもAGAになるの?
  3. AGA治療を始めて1ヶ月程度で抜け毛が増えるのはなぜ?
  4. タバコが薄毛の原因になるって本当?
  5. 未成年でもAGA治療を受けられるの?

ひとつずつ見ていきます。

AGAは完治するの?

AGAは進行性の病気なので、完治することはないと言われています。

治療で進行を抑えることはできますが、治療を中断すると再び進行が進みます。

AGAは、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンが原因であると説明してきました。

AGA治療では、このDHTの生成を抑制するための薬剤が用いられますが、これらは対症療法であり、AGAの原因を根本から解決することはできません。

女性でもAGAになるの?

女性でもAGAになることがあり、女性のAGAはFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれます。

男性の脱毛症であるAGAは前頭部や頭頂部が薄毛になるのに対し、女性のFAGAは頭部が全体的に薄毛になるのが特徴です。

AGAとFAGAでは、使用する治療薬が異なり、AGA治療に使用されるフィナステリドやザガーロは、女性の服用が禁止されています。

正しい治療を行うためにも、FAGAの可能性を感じたらクリニックを受診しましょう。

AGA治療を始めて10日程度で抜け毛が増えるのはなぜ?

AGA治療を始めて10日前後すると、抜け毛の量が増える「初期脱毛」という症状が見られます。

初期脱毛は、薬の効果によって毛母細胞が活性化し、抜け落ちるのを待っている退行期の毛が一気に脱毛することで起こります。

初期脱毛は、1か月半程度で自然に治ると言われています。

薬の効果が効いている証拠でもあるため、過度に心配する必要はありません。

タバコが薄毛の原因になるって本当?

タバコは薄毛の原因になると言われています。

タバコに含まれているニコチンは、動脈を収縮させて血流を悪くすることがあります。

血流が悪くなることで毛細血管が細くなり、頭皮の隅々にまで酸素や栄養素を十分に届けることができなくなり、髪の毛を成長させる毛母細胞の活動を阻害してしまうのです。

薄毛になるリスクを少しでも減らすためには、禁煙するのがおすすめです。

未成年でもAGA治療を受けられるの?

18歳に満たない方は、治療を受けることができません。

また、20歳未満の方は原則保護者の方の同伴が必要となります。

未成年がAGA治療を行えない理由は、AGA治療では男性ホルモンを抑制する薬を使用するためです。

未成年で薄毛が気になる方は、生活習慣を見直すことから始めましょう。

AGAの症状を感じたらAGAメディカルケアに相談しよう

AGAは、早期に治療を始めることが進行を抑える鍵になります。

本記事で紹介したAGAの初期症状に該当すると感じた方は、一度クリニックを受診するのがおすすめです。

AGAメディカルケアなら、LINEから簡単に無料カウンセリングの予約をとることができます。豊富な治療実績を持つAGAメディカルケアで、薄毛の悩みを解決しましょう。

前田 祐助

この記事の監修者
AGAメディカルケアクリニック 統括院長

経歴

  1. 慶應義塾大学医学部医学研究科卒業
  2. 慶應義塾大学病院 初期臨床研修課程終了
  3. 大手AGAクリニック(院長)を経て、2018年AGAメディカルケアクリニック新宿院を開設
前田 祐助

詳しくはこちら