【医師監修】AGA治療薬の個人輸入は危険?海外産のプロペシアやミノキシジルの種類と注意点 | AGAメディカルケアクリニック|オフィシャル

【医師監修】AGA治療薬の個人輸入は危険?海外産のプロペシアやミノキシジルの種類と注意点

  • FacebookFacebook
  • B!HATENAB!HATENA
  • TwitterTwitter
  • LINELINE

「個人輸入だとAGA治療薬が安く手に入ると聞いた」「個人輸入に危険性はあるの?」

このように、現在AGA治療を目的として個人輸入で治療薬を購入しようと考えてる患者様もいるようです。

結論から言えば、個人輸入は健康被害のリスクがあるためおすすめできません。より安全にAGA治療を行い、なおかつ高い治療効果を求めるならAGAクリニックの受診をおすすめします。

AGA治療薬の個人輸入をおすすめできない理由とその危険性について詳しく解説していきます。

AGA治療薬の個人輸入は危険?偽造品・健康被害の恐れがある

U字ハゲの原因と治療法

個人輸入であれば海外産のAGA治療薬を安く購入することができます。

しかし、個人輸入で入手する薬は安全性が保証されていません。副作用として健康上の被害を受ける可能性もありますし、正しい治療効果を得られない可能性もあります。

まずは個人輸入や海外産のAGA治療薬の詳細について見ていきましょう。

個人輸入とは?日本で市販されていない治療薬を購入できる

個人輸入とは、海外産の薬を個人で購入する方法です。主に海外の通販サイトや代理店などを利用します。

通常、海外産の医薬品や医薬部外品、化粧品などを商業目的で輸入するためには厚生労働賞の許可や承認が必要ですが、個人的な使用目的であれば許可を得なくても輸入できます。

たとえば日本ではミノキシジルの内服薬(ミノタブ)は市販されておらず、入手するためには医師による処方箋が必要です。しかし個人輸入ならミノキシジルの内服薬も医師の処方なしで入手できます。

個人輸入できるAGA治療薬は基本的に販売国の基準を満たしているとはいえ、日本での安全性は確かめられていません。海外産のAGA治療薬を利用するAGAクリニックもありますが、専門知識のない個人が輸入して使用するのは危険です。

海外産のAGA治療薬の特徴

海外産のAGA治療薬には以下のような特徴があります。

  • 価格が安い
  • 医師の処方箋が不要
  • 誰にも会わずに購入できる
  • 有効成分の濃度が高いものがある
  • 偽物が紛れている恐れがある
  • 副作用のリスクが高い

など

海外産のAGA治療薬は価格が安く、日本では市販されていない治療薬も購入できることが大きな特徴です。また、定期的なクリニックの受診が不要なため、手軽に購入できます。

ただし、偽物が紛れている恐れや正しい治療効果を得られないといった危険性があります。

個人輸入のリスクについては次章で詳しく解説していきます。

AGA治療薬を個人輸入する5つのリスク

飲み薬

AGA治療薬を個人輸入すると以下5つのリスクがあります。

  • 健康被害を受ける可能性がある
  • 偽造品を購入してしまう可能性がある
  • 副作用が起きても保証制度がない
  • 成分や用法・用量を正しく理解できない可能性がある
  • 適切な服用が難しい

このように、AGA治療薬にはさまざまなリスクがあるため基本的に服用をおすすめしておりません。

それぞれのリスクについて詳しくみていきます。

リスク①健康被害を受ける可能性がある

個人輸入のAGA治療薬は重篤な健康被害を受ける可能性があります。

個人輸入品は販売国の基準を満たしているものの、日本国内で有効性や安全性などのチェックが行われていません。販売国によっては基準が低く、日本国内では認可できないようなものもあり、健康面への悪影響が心配されます。

また、個人輸入は製造国でさえ認可されていないものも購入できてしまうため、注意しなければいけません。

とくに専門知識のない方は、安全性や有効性について正しく理解できない危険性もあります。

リスク②偽造品を購入してしまう可能性がある

個人輸入では偽造品を購入してしまう恐れもあります。

個人輸入で購入できるAGA治療薬の中には、知名度の高いものも多く販売されています。しかし、必ずしも個人輸入で購入した製品が手元に届くとは限りません。

海外サイトで購入した場合、注文した治療薬とは違うものが届いたり、パッケージのみ同じで中身が違う偽造品が届いたりすることも考えられます。

リスク③副作用が起きても保証制度がない

個人輸入のAGA治療薬は副作用が起きても自己責任です。

安いからと個人輸入の治療薬を購入したものの、副作用が起きて病院を受診し、結果的に多額の医療費がかかることも考えられます。そのほか、重篤な健康被害にあって後遺症が残る可能性もゼロではありません。

一方で、AGAクリニックなどで処方された治療薬は有効性や安全性が保証されているだけでなく、万が一副作用が起きても被害救済制度を利用できます。処方された薬を正しく使用したにも関わらず、副作用が起きた場合は医療費などが給付されます。

リスク④成分や用法・用量を正しく理解できない可能性がある

海外産のAGA治療薬は成分や用法・用量が基本的にすべて外国語で書かれています。

仮に外国語を理解できる方でも、製品によっては副作用が正しく記載されていない可能性があります。

成分や飲み方、副作用が発生した際の対処法など詳細のわからない薬を服用するのは非常に危険です。

リスク⑤適切な服用が難しい

個人輸入のAGA治療薬は適切に服用するのが難しいといったリスクもあります。

たとえばどのタイミングで飲むのか、どのような効果や副作用があるのか、どんな人は服用できないのかなどを理解していなければ適切な服用はできません。

適切な服用ができなければ、治療効果を正しく実感できないだけでなく、副作用を起こす可能性もあります。

個人輸入で購入できるAGA治療薬

お金と飲み薬

個人輸入で購入できるAGA治療薬には主に以下のものがあります。

  • ミノキシジル内服薬
  • ミノキシジル外用薬
  • プロペシア

また、ミノキシジル外用薬やプロペシアは日本でもジェネリック品が販売されているので、個人輸入でなくても入手可能です。

ここからは、個人輸入できるAGA治療薬とその注意点について解説していきます。

個人輸入のミノキシジル内服薬の種類と注意点

個人輸入できるミノキシジル内服薬の種類には以下のものがあります。

商品名 ノキシジル ミノクソール ロニタブ
価格 約3,400円/100錠 約1,050円/30錠 約4,620円/30錠
ミノキシジル配合量 5mg・10mg 5mg 5mg
製造元 T.O. MED レクメズ インタスファーマ
製造国 タイ インド インド

ミノキシジル内服薬は「ミノタブ(ミノキシジルタブレット)」とも呼ばれているタブレットタイプです。日本では、医師から処方してもらうか、あるいは個人輸入でのみ入手できます。

個人輸入でのミノキシジル内服薬は基本的に服用をおすすめできません。個人輸入した場合、粗悪品や偽物が届く可能性があるほか、それを知らずに服用して健康被害にあう可能性もあります。

また、クリニックであれば患者様にあわせた処方ができますが、個人の判断にまかせて服用するのは非常に危険なのです。

個人輸入による副作用は自己責任なので、AGAクリニックが保証してくれることもありません。

個人輸入のミノキシジル外用薬の種類と注意点

個人輸入できるミノキシジル外用薬の種類には以下のものがあります。

商品名 ロゲイン カークランド フォリックス
価格 約4,280円〜/60ml 約3,800円〜/60ml 約4,075円〜/60ml
ミノキシジル配合量 5% 5% 5%・7%・10%・12%・15%
製造元 McNEIL カークランド サファイアヘルスケア
製造国 アメリカ アメリカ アメリカ
タイプ ローション ローション ローション

ロゲインは「ジョンソン・エンド・ジョンソン社」の傘下である「McNEIL」が製造・販売するミノキシジル外用薬です。カークランドはロゲインのジェネリック医薬品です。

いずれもミノキシジルの配合率は5%ですが、フォリックスはそのほか7%のものや15%のものまであります。

ミノキシジル外用薬は日本でジェネリック品が販売されています。安全性やメーカーの保証なども考量して、個人輸入したものではなく日本製のものの使用がおすすめです。

ただし、AGAの進行レベルが重度の方の場合は効果を実感できないケースもあります。市販の発毛剤で効果を感じられない方は、ぜひ当院にてご相談ください。

以下の記事ではミノキシジル配合薬の詳細について解説していますので、あわせてご覧ください。

ミノキシジル

2020.06.26

ミノキシジルの効果と副作用のリスク|効き目を実感できるまでの期間や副作用が起きる確率を解説

個人輸入のプロペシアの種類と注意点

個人輸入で購入できるプロペシアには以下のものがあります。

商品名 フィンペシア フィナロ エフペシア
価格 約1,350円〜/30錠 約4,250円〜/100錠 約4,950円〜/100錠
フィナステリド配合量 1mg 1mg 1mg
製造元 シプラ インタスファーマ シプラ
製造国 インド インド インド

プロペシアはフィナステリドを主成分とするAGA治療薬です。日本のMSD株式会社が製造・販売していますが、現在ではジェネリック品が各社で販売されています。

個人輸入できるプロペシアには、フィンペシアやフィナロなどがあります。日本でのプロペシアジェネリックの費用はおよそ4,300円〜8,000円/28錠なので、個人輸入のプロペシアは非常に安いです。

しかし、ミノキシジル外用薬と同様、海外産のものには偽物や粗悪品が紛れている可能性もあります。安全性や保証の面を考量すると、日本国産のプロペシアジェネリックがおすすめです。

クリニックを受診してAGA治療を行うべき2つの理由

医者と患者

ここまで、個人輸入のAGA治療薬の危険性についてお伝えしてきましたが、AGA治療を目的とするならぜひ薄毛専門のAGAクリニックにご相談ください。

クリニックを受診してAGA治療を受けるべき理由には以下の2つがあります。

  • 医師の診察のもと効果的にAGA治療を進められる
  • 適切な用法・用量で処方してもらえ、副作用のリスクも抑えられる

それぞれ詳しく解説いたします。

①医師の診療のもと効果的にAGA治療を進められる

AGAクリニックなら、医師の診療のもと効果的にAGA治療を進められます。

クリニックで処方される抜け毛抑制の治療薬には、大きく分けて「フィナステリド」と「デュタステリド」があります。

フィナステリドは前頭部や頭頂部にかけての薄毛に効果があり、一方でデュタステリドは前頭部や頭頂部のほか、側頭部や後頭部など幅広く効果があることが特徴です。

AGAは基本的に生え際か頭頂部、あるいはその両方の薄毛が進行していきます。AGAクリニックでは、医師の診断のもと患者様の薄毛タイプや症状に合わせて適切な治療をご提案いたします。

そのため、自分で症状を判断して治療を行う個人輸入と比べて、AGAクリニックなら効果的にAGA治療を進めると言えます。

【AGA用語集】5αリダクターゼとAGA発症の原因

2020.10.26

5αリダクターゼとAGA発症の原因|抑制方法・Ⅰ型・Ⅱ型の見分け方はある?

②適切な用法・用量で処方してもらえ、副作用のリスクも抑えられる

AGAクリニックを利用すればAGA治療薬を適切な用法・用量で処方してもらえます。

上述したように、個人輸入で購入したAGA治療薬は外国語で表記されていることがほとんどなので、適切な用法・用量で服用できない可能性があります。用法・用量がわからなければ自己判断で治療を進めなければいけません。

一方で、AGAクリニックでは医師が患者一人ひとりに合わせて治療薬を処方します。そのため効果的にAGA治療を行えるだけでなく、副作用のリスクも抑えられます。

AGA治療薬は日本でもジェネリックを購入できる

薬を持つ医者

AGA治療薬は日本でもジェネリックを購入できます。ジェネリックとは後発医薬品のことで、先発医薬品と同等の効果でありながら安価で購入できることが特徴です。

国内で購入できるAGA治療薬のジェネリックは以下の2つです。

  • ミノキシジル外用薬
  • プロペシア

ミノキシジル外用薬は毛母細胞に直接はたらきかけ、発毛を促す治療薬です。一方で、プロペシアは、毛母細胞のはたらきを妨げる男性ホルモン「DHT」の生成を抑え、AGAの進行を阻止する治療薬です。

AGA治療薬のジェネリックについては、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひあわせてチェックしてみてください。

【AGA治療の効果と費用】AGA治療薬と-ジェネリック

2020.10.26

AGA治療薬にジェネリックはある?費用の違いや注意点まで徹底解説

まとめ:AGAの薄毛治療はAGAクリニックを利用しよう

聴診器を持った医者

AGAの薄毛治療はAGAクリニックを受診してください。

AGAは進行性の脱毛症なので放置しても症状が良くなることはなく、正しい治療を行う必要があります。

国内で一般販売されているAGA治療薬を利用するのも手段の一つですが、正しい治療効果が実感できるとは限りません。また個人輸入で購入したAGA治療薬を服用するなど、誤った治療を行えば症状が悪化する可能性もあります。

万が一副作用が起きた場合もクリニックによる保証を受けられず、完全に自己責任となります。

一方で、AGAクリニックは血液検査などを行い、患者様一人ひとりに合った治療方針を提案して進めていきます。

AGA治療をより安全に行い、なおかつ高い治療効果を求めるならAGAクリニックを受診しましょう。

ハンドスピーカーアイコン

【記事の監修】

本記事は20代30代専門の薄毛治療院であるAGAメディカルケアクリニックが監修しています。

Category