AGA治療薬にジェネリックはある?費用の違いや注意点まで徹底解説 | AGAメディカルケアクリニック|オフィシャル

AGA治療薬にジェネリックはある?費用の違いや注意点まで徹底解説

  • FacebookFacebook
  • B!HATENAB!HATENA
  • TwitterTwitter
  • LINELINE

「AGA治療薬にジェネリックはある?」
「一般的な治療薬とジェネリックの違いや費用は?」

このように現在AGA治療薬のジェネリックについて気になっていませんか?

ジェネリックは新薬を基に開発される医薬品で、新薬と比べて安く購入できることが特徴です。ジェネリックを活用すれば費用を抑えてAGA治療を行えます。

AGA治療薬のジェネリックの詳細や費用の違い、使用時の注意点について見ていきましょう。

ジェネリックとは?後から開発され医薬品

飲み薬

ジェネリックは新薬と同じ有効成分を含む後発医薬品です。

新薬の特許期間などが終了した後に開発される医薬品で、新薬と同等の有効成分・効果・品質・安全性などが国から認められています。

ジェネリックは新薬よりも安く販売されるのが一般的で、ジェネリック医薬品を利用すれば治療費を抑えることが可能です。

すべてのAGA治療薬がジェネリックで販売されているわけではありませんが、AGA治療薬についても、ジェネリック医薬品が販売されています。

ジェネリック医薬品が安い理由は?開発にかかる費用と年月

ジェネリック医薬品が安いのは、開発費用や期間などのコストがあまりかからないからです。

新薬は開発に9〜17年の期間と200〜300億円もの費用がかかるとされています。一方で、ジェネリック医薬品は3〜5年の短い期間と数億円程度のコストで開発されます。

このようにジェネリックは開発にかかるコストが少ない分、新薬よりも安い価格で販売することが可能なのです。

新薬とジェネリック医薬品で効果に違いはある?主な違いは費用

結論から言えば、新薬とジェネリックとで効果に違いはありません。

ジェネリックも国の認可を得るためには、厳しい審査を通過する必要があるからです。

たとえば「生物学的同等性試験」では、同じ人がジェネリック医薬品と新薬を同じ条件で交互に飲み、血中薬物濃度の推移を確認して効き目や安全性が同等であるかを審査しています。

ほかにも「溶出試験」では薬の溶け具合や吸収性を確認し、「安定性試験」では熱・光・湿度の条件下で状態変化しないかなどを審査しています。

費用の安いジェネリックとはいえ、開発時の審査は厳しく行われるため新薬に効果や安全性が劣ることはありません。

両者の主な違いは費用と薬の形状や色、味、添加物などです。そのため味や香りなどで飲みやすさの違いがあると言えます。

AGA治療薬にジェネリック医薬品はある?費用を抑えて薄毛予防

AGAの治療薬の種類と効果比較

AGA治療薬には主に以下の3つがあります。

  • プロペシア
  • ザガーロ
  • ミノキシジル配合薬

そのうち、ジェネリックが販売されているのはプロペシアとミノキシジル配合薬の2つです。

ここからは、それぞれのジェネリック医薬品について詳しく見ていきましょう。

ブログ写真

2020.08.12

AGA治療薬の種類と効果を比較|薄毛改善におすすめの治療薬

ジェネリックのAGA治療薬①:プロペシア

プロペシアは「フィナステリド」と呼ばれる成分が含まれたAGA治療薬です。

フィナステリドは、毛母細胞のはたらきを阻害する男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の産生を抑制します。そのため、プロペシアはAGAの進行を阻止する効果が期待できます。

プロペシアは2005年に日本で製造販売承認を取得・発売開始され、2015年に特許期間が満了を迎えました。その後、各社でプロペシアジェネリックが販売されています。

また、プロペシアは医療用医薬品のため一般販売されておらず、医師から処方を受ける必要があります。

プロペシア ジェネリックの例)

  • フィナステリド錠 1mg「ファイザー」
  • フィナステリド錠 1mg「サワイ」
  • フィナステリド錠 1mg「トーワ」

ジェネリックのAGA治療薬②:ザガーロ

ザガーロは「デュタステリド」と呼ばれる有効成分を配合したAGA治療薬です。

AGA発症のきっかけとなる「酵素5αリダクターゼ」にはⅠ型とⅡ型の2種類があり、プロペシアはⅡ型に作用する薬である一方、ザガーロはⅠ型とⅡ型の両方に作用します。

Ⅱ型は前頭部から頭頂部にかけて多く分布しているのに対し、Ⅰ型はほぼすべての毛乳頭細胞に存在します。そのためAGAの進行レベルが重度で、なおかつ薄毛が広範囲に広がっている方には最初からザガーロを処方する可能性もあります。

また、ザガーロは2015年に厚生労働省によって認可され、2016年に発売が開始されたばかりの新薬です。特許期間が満了を迎えていないため、まだザガーロのジェネリックは発売されていません。

ザガーロの効果と副作用

2020.06.26

ザガーロ(デュタステリド)の効果と副作用|写真で期間と効果を解説

ジェネリックのAGA治療薬③:ミノキシジル配合薬

ミノキシジル配合薬は有効成分「ミノキシジル」を配合した薬の総称です。

ミノキシジルは毛母細胞に直接はたらきかけ、毛母細胞の活動を活発化させる作用があります。そのほか血管を拡張させて毛母細胞に栄養分を多く送り込むのも、ミノキシジルの作用の一つです。

主にミノキシジル外用薬とミノキシジル内服薬の2種類があり、外用薬は塗り薬でジェネリック医薬品として各社販売しています。OTC医薬品なので薬剤師のいる薬局などで直接購入が可能で、市販のミノキシジル外用薬ジェネリックには以下のものがあります。

  • リアップEX5 プラスNEO(大正製薬)
  • リグロEX5(ロート製薬)
  • リザレックコーワ(興和薬品)
  • スカルプD メディカルミノキ5(アンファー)

一方、ミノキシジル内服薬は副作用リスクが比較的高いとして、厚生労働省から製造・販売の認可がおりておらず、医師による処方が必要です。

そのため、ミノキシジル配合薬は外用薬のみジェネリックが販売されています。

ミノキシジルの効果と副作用

2020.06.26

ミノキシジルの効果と副作用のリスク|効き目を実感できるまでの期間や副作用が起きる確率を解説

ジェネリックのAGA治療薬にかかる費用は?相場は4,300円〜8,000円

お金と飲み薬

AGA治療薬の一つ「プロペシアジェネリック」の費用は4,300円〜8,000円が相場とされています。一方で、通常のプロペシアの費用相場が6,000円〜9,000円程度です。

このことから、ジェネリックは新薬の70%〜90%程度の価格で購入できることがわかります。

ただし、通常のプロペシアとジェネリックプロペシア、いずれも医師から処方してもらう必要があります。AGA治療薬のジェネリックにかかる費用の詳細は必ずAGAクリニックの医師に尋ねましょう。

ハンドスピーカーアイコン

AGA治療は保険適用できない!薄毛は健康状態に影響しないため

AGA治療にかかる費用は保険の適用外です。

保険が適用されるのは、身体の健康状態に影響を与える病気やケガに限ります。たとえば風邪や頭痛などは放置すると命に関わる可能性があるため、保険適用の3割負担で治療を受けることができます。

一方で、AGAは人間の健康状態に重篤な影響を与える病気ではないため、AGA治療は保険の適用外となります。

また、薄毛の原因が頭皮の炎症などによるものの場合、皮膚科の病院で保険適用の治療を行うこともあります。ただし、保険適用されるのは炎症などの治療のみで、あわせてAGA治療を行う場合は自由診療です。

AGA治療薬にかかる費用をできる限り抑える方法

お札と小銭

AGA治療薬にかかる費用を抑えるためには、何よりも早めに治療を開始することが大切です。

AGA治療にかかる費用は、AGAの進行レベルが低いほど安くなることがほとんどです。

また、AGAは進行型の疾患なので自然に治まることはありません。何かしらの治療を行わなければ薄毛はどんどん進行していきます。

そのため薄毛の進行を止め、できる限り少ない費用で治療を済ませるためにも、髪の毛が薄くなったと感じはじめたら早めに治療開始しましょう。

AGA治療薬のジェネリックの入手方法は?処方されるものが一般的

説明する医者とそれを聞く患者

ジェネリックの入手方法は治療薬によって異なります。

AGA治療薬のジェネリックは、主にプロペシアジェネリックとミノキシジル外用薬の2種類があります。

そのうちプロペシアジェネリックは「フィナステリド」を主成分としており、一般販売を禁止されているため、クリニックで処方してもらうしかありません。

一方でミノキシジル外用薬は薬剤師のいる薬局・ドラッグストアで購入可能です。
※ミノキシジル内服薬はクリニックで処方してもらう必要があります

なお、ジェネリックを含めてAGA治療薬はクリニックで処方してもらうことをおすすめします。

クリニックでは治療前に一人ひとり検査をして、その人に合った治療薬を提案します。しかし薬局やドラッグストアなどで購入する場合、薬の選択は自己判断なので治療薬の効果を実感できない可能性があります。

正しいAGA治療を行うためにも、治療薬はAGAクリニックで処方してもらいましょう。

ハンドスピーカーアイコン

フィナステリドが主成分のAGA治療薬はなぜ薬局で買えないのか

フィナステリドを主成分とする「プロペシア」は薬局で購入できません。なぜなら、フィナステリドおよびプロペシアは医療用医薬品に定められているからです。

医療用医薬品とは、病院やクリニックなどで医師が診断のもと薬剤師が調剤する薬のことを言います。処方薬とも呼ばれ、医師の指示に従い、用法・容量を守って利用するものなので、市販されるものではありません。

なお、日本の認可がおりていない海外産のプロペシアは通販で購入できます。

しかし個人輸入の治療薬は偽造品の可能性や日本国の基準チェックが行われていないという理由から健康被害を引き起こす可能性があります。 必ずクリニックで処方される認可がおりたAGA治療薬を利用しましょう。

AGA治療薬「プロペシアジェネリック」の3つの注意点

O字ハゲを気にする男性

プロペシアジェネリックを利用する際には以下3つの注意点があります。

  • 海外産のジェネリックは危険性が高い
  • 初期脱毛は起こるもの
  • 女性や未成年は使用できない

ここからは、それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

①海外産のジェネリックは危険性がある

通常、プロペシアジェネリックは市販されていませんが、海外産のジェネリックなら「個人輸入」という形で通販を利用して購入可能です。

しかし、海外産のジェネリックは健康被害の危険性を考慮し、購入・使用はやめましょう。

個人輸入のジェネリックは医療機関を通して正規に購入するものではありません。海外産の治療薬の中には偽物も紛れている可能性があります。

たとえば、有効成分の配合量が少なかったり、不純物が混ざっていたりする可能性もゼロではありません。偽物を服用した場合、効果が得られない、あるいは強い副作用を引き起こすことが予想されます。

それによって仮に甚大な健康被害にあっても保証してもらえません。認可がおりていない海外産ジェネリックの購入・使用はやめましょう。

②初期脱毛は起こるもの

プロペシアジェネリックの飲みはじめに初期脱毛を引き起こす場合があります。初期脱毛は一時的なものにすぎず、2ヶ月ほどで治まるため基本的には気にする必要はありません。

プロペシアジェネリックの主成分「フィナステリド」には、乱れてしまったヘアサイクルを元に戻すはたらきがあります。人間の毛は一定の周期によって生え替わっており、その周期が乱れることによって薄毛となります。

つまり、サイクルが乱れている状態の時の毛が、新しい周期の毛に押し出されることによって抜け毛が起きているのです。

そのため、初期脱毛の症状が起きてもプロペシアジェネリックを服用し続けると症状は治まることがほとんどです。

③女性や未成年は使用できない

女性や未成年はプロペシアジェネリックを服用できないので注意しましょう。

プロペシアは男性ホルモンに対して作用する治療薬です。女性や未成年が服用した場合、強い副作用を招く恐れがあります。

厚生労働省でも、妊娠中あるいはその可能性のある女性がプロペシアを使用しないよう注意勧告しています。

参照:プロペシアに関する注意喚起について|厚生労働省

ジェネリックに限らず、女性や未成年の方はプロペシアの利用が禁止です。

AGA治療薬はクリニックで処方してもらおう

タブレットで説明する医者

ここまで、AGA治療薬を個人輸入することの危険性などをお伝えしましたが、AGA治療薬は必ずクリニックで処方してもらいましょう。

AGA治療薬にはいくつかの種類があり、中でもプロペシアとザガーロは医療用医薬品です。そのためクリニックで処方してもらうしか入手する方法はありません。

また、ミノキシジル外用薬は市販で購入できますが、よりAGA治療の効果を発揮させるためにはAGAクリニックで検査を受けて治療薬を処方してもらうことが大切です。

体質や現在の症状を考慮した上で治療方法をご提案しますので、薄毛のお悩みの方はお気軽にご相談ください。

まとめ

注射器と薬

ジェネリックは新薬と同等の効果を期待できる医薬品です。AGA治療薬にもジェネリックが存在します。

ジェネリック医薬品は新薬と比べて低価格で購入できるため、ジェネリックを利用すれば費用を抑えてAGA治療を行えます。

ジェネリックの中には、通販で購入できる海外産のAGA治療薬もありますが、危険性が高いため購入・使用はNGです。

AGA治療を安全に、より効果を発揮させるためにも、まずはAGAクリニックで相談しましょう。